2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:音楽 ( 148 ) タグの人気記事

 横浜のカップヌードルミュージアムで自由演奏会が行われるそうだ。しかも2日間。

--ここから--
『ひよこちゃんバースデー自由演奏会』
【開催日時】
  2012年8月25日・26日(土・日)
  
●タイムスケジュール●
・9時00分 カップヌードルミュージアム裏手に集合・受付
・9時30分~11時30分合奏
◎終わり次第カップヌードルミュージアムパークに移動
・12時~12時30分 1回目本番
・~14時30分 休憩
・15時~15時30分 2回目本番
・終演後片付け
※雨の場合は公園での演奏は中止となりますが、カップヌードルミュージアム内での練習は決行します,
--ここまで--
参加申込方法などはこちら
[PR]
by YTR3320 | 2012-08-11 08:24
 日本の若手のクラシック演奏家を育て、サポートするミュージック・マスターズ・コース・ジャパンというワークシショップが今年12回目を迎えるそうだ。

ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン2012
http://mmcj.org/j.html
大友直人とアラン・ギルバートの構想をもとに、2001年『ミュージック・マスターズ・コス・イン・かずさ(MMCK)』として始まり、2009年からは『ミュージック・マスターズ・コース・イン・ジャパン(MMCJ)』と改称されました。
かずさ(千葉県木更津市)での経験を踏まえて、11年目の2011年からはより充実した国際音楽セミナーとして、横浜市を中心に開催されています。
2012年もMMCJでは、日本国内のみならず世界各国から若く有望な受講生を募集し、ともに音楽を学ぶなかで、豊かなコミュニケーション能力を養ってゆくことを目的としています。2週間の滞在期間中で受講生たちは、世界の第一線で活躍するアーティストたちによる指導を受けながら、室内楽とオーケストラを徹底的に学習し、最後にその成果をコンサートという形で発表します。

成果の発表としてのオーケストラ演奏会は7月11日と12日。他に講師による室内楽演奏会などが6月29日、7月3日、7月7日に行われる。
[PR]
by YTR3320 | 2012-06-06 07:40 | 音楽・舞台・映画
2012/5/30に六本木スイートベイジルでTHE WIND WAVEというビッグバンドの演奏を聴いた。
「THE WIND WAVE」とは…
2000年1月、音楽監督・波田野直彦氏を中心に、ジャズ・ラテン・クラシックなど各分野のミュージシャンで結成。小編成の吹奏楽にリズムセクションを加え、本物のエンターテイメントを追求する日本で唯一のプロフェッショナル・ポップス・ウインド・バンド。「THE WIND WAVE」は、“模範的演奏”と“その楽譜提供”、さらに“クリニック”という3本柱で小編成楽団の一つの姿を提案している。


 とても楽しい演奏で、きらきら星、ドレミの歌、ラプソディー・イン・ブルーのアレンジが印象に残った。つい最近、第1回みなとみらい自由演奏会に参加して吹奏楽に浸かってきたので、そう聞こえてしまうのかもしれないが、吹奏楽風の演奏だった。吹奏楽部や吹奏楽団の人には一層聞いて楽しめる演奏だと思った。

 トランペットにはきつい音域の小節が続く曲ばかりで、軽々と演奏していたメンバーの技量の高さは凄いなと思った。
[PR]
by YTR3320 | 2012-06-03 07:42 | 音楽・舞台・映画
f0200336_22285040.jpg

 先日の第1回みなとみらい自由演奏会の時に、「楽譜を横開きのクリアファイルに入れると、屋外での演奏会で楽譜が風で飛ばない」と教えて貰った。やってみると、洗濯バサミで楽譜を押さえるよりも確実で便利。

 100円ショップで買った横開きのクリアファイルを自由演奏会のお伴に加えることにした。
[PR]
by YTR3320 | 2012-05-30 22:28 | 40代半ばからのトランペット
 福島市在住で、銀座×福島交流会でいつもお世話になっている方から、「ふくしま・みんなの演奏会 西本智美さんと共に」が8月19日に行われるとの連絡があった。演奏参加者の募集が始まった。

 2012年8月19日(日)14時から、場所は福島市内のあづま総合体育館だ。

 サイトの企画趣旨にはこう書かれている。
<『「がんばれ、がんばれ」と云う言葉に疲れました。自分達が純粋に楽しみたい』『じゃあ福島の為にみんなが楽しめることを企画しましょう!』
ここから始まった壮大なプロジェクト【震災復興祈念 明日への輝望プロジェクト ふくしま・みんなの演奏会】>

 チラシには
<参加することを目的にし、技術のレベルは問いません。>
とある。自由演奏会のようにレベルを問わず楽器と譜面台を持って集まり、西本智実さんの指揮のもとで一緒に音楽を作っていく催しのようだ。演奏する人は、前日(8月18日)午後と当日午前中のリハーサルへの参加が必要。東京から往復のバス(有料)が出たり、福島市内や土湯温泉の旅館などが参加者向けの特別宿泊プランを提供する。パート譜は順次公開中。

 自分にはちょっと曲が難しいなぁ。むむむ。
詳細はこちら
http://www.kibouproject.com/index.html
[PR]
by YTR3320 | 2012-05-27 07:52 | 音楽・舞台・映画
 第1回みなとみらい自由演奏会に参加した。場所は、去年4月の震災復興応援自由演奏会、12月のみなとみらいクリスマス自由演奏会と同じ、桜木町駅コレットマーレ前の広場。午前中は駅の反対側の横浜市社会福祉センター内のホールでリハーサル。1時から会場で公開リハーサルと本番。公開リハーサル直前から快晴になり、トランペットパートは3時間、立ち放しだったこと、風で譜面台が倒れないように低くしたので、楽譜を見るときの姿勢に無理が出たことなどから、本番では疲れてメロメロになった。それでも、トランペットパートを中心に多くの見知った顔との合奏は楽しかった。屋外での合奏は、屋内に比べると音程のコントロールが難しく、他のパートの音も聴きにくいが、解放感があるし、お客さんが多いので、とても楽しい。

 今日演奏したのは、横浜市歌、陽はまた昇る、A Song of The Sea、シングシングシング、Disco Kid X+、Happiness、アインザッツSpecial マーチ。初めて見る楽譜も多く、見失ったり、間違えたりしたが、周囲に支えられて何とか合奏の中にいることができた。2回目の本番では吹ける部分が増えたり、曲の進行が少しずつ理解できたりした。トランペットの上達には、独りでの地道なトレーニングが必要だけれども、色々な種類の楽譜を演奏することも大事だと思う。間違いを気にせずに、色々な曲を演奏出来る自由演奏会は、とてもありがたい場だ。今日は、4分の5拍子を初体験した。

主催者と事務局、杉山淳さんと自由演奏会の事務局、トランペットパートの皆さん、ありがとうございました。又、お会いしましょう。

さて、これからサックスクラスの人達と秋の発表会に向けた練習会。今日とは違う譜面でのシングシングシングだ。音、出るかな。

2012/5/26追記:
陽はまた昇る(参照)は、作曲家のフィリップ・スパークが東日本大震災の被災者支援のために、日本の吹奏楽指導者、西田裕さんの求めで作曲したもので、楽譜の収益は日本赤十字社に贈られる。大震災から既に一年以上が経つが、被災地ではまだまだ多数の困難に直面している人達がいる。その事を忘れてはいけないと、今日の自由演奏会でも杉山淳さんが演奏曲に入れたものだ。私が関わっている銀座ミツバチプロジェクトの人達は、今週末は福島県須賀川市に酒米を植えに言っている。私は、桜木町で被災地の現状に思いを寄せて、陽はまた昇るを演奏した。

更に追記:
トランペットパートの方が沢山の写真と感想をブログにアップしていた。
http://homepage3.nifty.com/blue-hp/page186.html
[PR]
by YTR3320 | 2012-05-26 17:21 | 音楽・舞台・映画
 横浜みなとみらい21公式ウエブサイトに2012年5月26日の第1回みなとみらい自由演奏会の案内が掲載された。http://www.minatomirai21.com/index.php?page=topic_view.detail&calendar_date=2012-05-1&topic_id=1655&

 何人の演奏者が集まるかな。何人が立ち止まって聴いてくれるかな。天気が良いといいな。とても楽しみ。

 自分の演奏できそうな小節や音だけ演奏すれば良い。リズムやテンポは周りの吹奏楽経験者に合わせれば良い。リハーサルの時には合っていなかった自分の音程がリハーサルで他の人の音を聴いて吹いている内に、合うようになってくる。だから、普段の自分の実力以上のことができてしまう。自分の力では演奏できない曲を合奏することができる。音楽の楽しさを自由演奏会に参加すると実感できる。
[PR]
by YTR3320 | 2012-05-12 15:07 | 音楽・舞台・映画
今年5月26日に桜木町駅前(コレットマーレ前の広場)で自由演奏会が行われる。杉山淳さんのサイトに詳細情報が以下の通り掲載されていた。
--ここから--
『第1回みなとみらい自由演奏会』
【開催日時】
  2012年5月26日(土)
  
●タイムスケジュール●
・9時00分 横浜市社会福祉センター4階ホールに集合・受付
・10時~11時30分合奏
◎終わり次第桜木町駅に移動(社会福祉センターへは戻らないので荷物はすべて移動)
・13時~桜木町駅前広場で公開リハーサル
・14時~1回目本番
・15時~2回目本番
・16時終演・後片付け
※小雨などの場合はコレットマーレ前の濡れない場所での演奏、荒天の場合は中止となります。
その場合、みなとみらい21のホームページやこちらのホームページTOPでお知らせします。
--ここまで--

又、参加申込方法は以下の通りとなっている。
--ここから--
以下1~4のいずれかの方法で
(5月24日24時締切)
  1.エントリーフォームで申し込む
  *必ずjiyuu-ensoukai@everynet.jpよりメールを受信可能な設定にしてお申し込みください

  2. 必要事項を明記の上、こちらにメール
  *E-Mailの場合、タイトルを【第1回みなとみらい自由演奏会参加希望】とし、
お申し込みください。タイトルのない場合メールが削除される場合があります
  *この場合もjiyuu-ensoukai@everynet.jpよりメール受信可能な設定にしてからお申し込みください
  3.※必要事項を記入しFAX(050-3488-0252)へ
  4.070-6649-4925へTEL

  →楽譜準備のため、事前エントリーにご協力ください
  →エントリーしたのにメールの返信が届かない場合は自由演奏会実行委員会までお問い合わせください。返信メールをもってエントリー完了となります
  →エントリーしたけれど、当日遅刻する・欠席するという場合には自由演奏会実行委員会にご連絡ください


  ※必要事項は以下のa)~k)
   a)お名前(姓名の間に全角1文字スペース)
   b)ふりがな
   c)演奏楽器
   d)年齢(小・中・高生は学年も)
   e)性別
   f)連絡可能な電話番号
   g)連絡可能なメールアドレス
   h) お住まい(郵便番号・都道府県名)
   i) 第1回みなとみらい自由演奏会を何で知ったのか
   j) 今後の自由演奏会情報のメール配信を(希望済み・希望する・希望しない)
   k) そのほか、メッセージなど

●お問い合わせ・お申込●
『みなとみらい自由演奏会・佐藤』
E-Mail:jiyuu-ensoukai@wm.pdx.ne.jp
TEL:070-6649-4925
--ここまで--

同じ場所で昨年4月、12月にも自由演奏会が行われたが、この場所で継続的に催していきたいというみなとみらい地区の気持ちもあり「第1回」と銘打って今回行われるそうだ。たくさんの人に合奏する楽しみを知って貰えると良いな。
[PR]
by YTR3320 | 2012-05-10 07:52 | 音楽・舞台・映画
 2012年4月29日に福島県喜多方市で行われた「ふくしま応援自由演奏会@喜多方」に参加した。前日の夕方まで銀座紙パルプ会館でのファームエイド銀座を手伝ってから喜多方に移動しての参加。演奏したのは、アルセナール、陽はまた昇る、さくらのうた、桜(コブクロ)、コパカバーナ、ルパン3世、上を向いて歩こう。西は三重県、京都府から北は北海道から合計約100名が参加しての吹奏楽だった。今回も沢山笑い、正確に吹くよりも楽しく吹くことに重心を置いて演奏できた。今回は小学生のトランペッターに、ルパン3世のアドリブをやらせるという楽しいハプニングもあった。そうアドリブは、何をやっても良いのだ、自由なのだよ。
http://ameblo.jp/aidu-jiyuuensoukai/entry-11236714277.html
わっ、ちゃんと演奏になっている(笑)
http://ameblo.jp/aidu-jiyuuensoukai/entry-11239191512.html

 名刺交換をしなかったが、こたなりんさんやメガネの日進堂の方に色々気遣い頂いた。ありがとうございました。こたなりんさんの喜多方ラーメン食べ歩きブログはこちら。
http://ameblo.jp/kota-narin/

 今年は桜の開花が遅れた為、会場の道の駅喜多の郷のソメイヨシノ、廃線の日中線跡の垂れ桜が、自由演奏会当日にちょうど満開で美しかった。

 5月6日の元祖自由演奏会など毎週のように各地で自由演奏会が行われる。
http://36h.net/cgi-bin/jes_sche/schedule.cgi

 5月26日には、桜木町駅前のコレットマーレの前で行われるそうだ。音楽の楽しみ、合奏する楽しみを体験して貰いたいと自由演奏会を続けている杉山淳さん達に感謝。40代半ばからきちんとトランペットを習い始めて既に50代に突入、吹奏楽部出身ではなく現在も吹奏楽団に属していない私が、他の人と一緒にいやな顔をされるわけもなく、吹奏楽の演奏を楽しみ、一緒に囃し立て、笑い、会話を交わすことができるのは、bossjunこと杉山さん、事務局の方、いつもトランペットのパート紹介の楽譜を用意してくれるトランペットの常連の方、自由演奏会に関わっている色々な方のお陰だ。楽しい時間はあっという間に過ぎてしまったけれども、たぶん自分が死ぬ前に自分の人生も悪くなかったと思えるとすれば、自由演奏会に参加できたことが大きいと思う。歳を取ってからでも楽器の演奏に挑戦して良かったな。音楽は楽しい。楽しむのが音楽だと思う。
[PR]
by YTR3320 | 2012-05-02 18:46 | 40代半ばからのトランペット
昨日(2012/4/22)、下北沢で行われた「きゅっと えくぼがへこむ音楽会」に行った。出演者は次の通り。

中川五郎さん
http://www.goronakagawa.com/
「受験生のブルース」の人。

川辺ゆかさん
http://homepage2.nifty.com/utauaho/
国内外を旅して泊まり込んで教わったチベットや色々な国、地域の歌を歌う人。

寺原太郎さん
http://www.pure.ne.jp/~fueya/
北インド古典音楽・バーンスリー奏者

末森英機さん
http://music.geocities.jp/officeotonof/aboutotonofu.html

 中川五郎さんの名前は聞いたことがあったが、聴くのは初めて。同じフォーク歌手の高田渡さんが亡くなったとの電話を受けてからの1日を描いた歌は、喪失感と棺を迎え入れて囲む様子などが目の前での出来事のように浮かんで来る歌だった。他の曲も日本語を大事にしているのだと思うが、情景と心の動きが良くわかった。聴いていて深い色の青空がくっきりと見えた歌もあった。

川辺ゆかさんのチベットの歌と演奏は以前にも聴いたことがあったが、アイルランドの歌と日本の民謡を聴いたは初めて。アイルランドの歌は、アイルランド人が歌っているのかと思った。コンサートの後に話を伺ったら、元々京都のバンドでアイルランド音楽を歌っていたのだそうだ。寺原太郎さんの笛による伴奏が一段とアイルランドらしさを深めていた。寺原太郎さんは、幅の広い人だと思った。

 末森英機さんはコンサートの最初に2曲ほど歌って、後は会場運営に徹していた。

 会場は、プロテスタントの東京都民教会。音響に特徴があって中川五郎さんの歌の伴奏で川辺ゆかさんが軽く軽く叩いたバウロンに良く似た太鼓の低音が、とても良く響いた。

 アンコールの中川五郎さんの歌がとても楽しくて、心がほぐれた日曜日の午後だった。
[PR]
by YTR3320 | 2012-04-23 23:43 | 音楽・舞台・映画