2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

山中千尋ニューヨーク・トリオ

2015年11月8日の山中千尋ニューヨーク・トリオ@めぐろパーシモンホールに行った。山中千尋さんの演奏を聴くのは初めて。以前、日経新聞の夕刊に週に一度、半年だったと思うが連載していたエッセイが面白くて、こんな文章が書けてこんなに様々な経験をしてきた人の演奏はどんなだろうか、きっと楽しいに違いないと思い、来日ツアーを探して見つけたのがこの日のコンサート。

小さな身体でどうやってと思うような勢いのある演奏だった。1時間の前半演奏を終えて、休憩が15分と聞いて驚いた。涼しい顔で後半に登場。後半は55分間演奏し、アンコールを1曲演奏してくれた。

ラグタイムをこういう解釈をするのかと言う戸惑いと驚き、セロニアス・モンクが弾いたらとどうなるかと言うコンセプトでアレンジしたと言う「エリーゼのため」の楽しさ、多彩なフレーズを繰り出し片時たりとも客席を飽きさせない演奏。落ち着き払ってベースを弾き続ける脇義典さんとのアイコンタクトも含めたコミュケーションは最前列の席で見ていて気持ちを暖かくさせてくれた。ヨシさんと山中千尋さんが呼ぶ脇義典さんへの信頼があるから山中千尋さんは安心して冒険に出ていきそして帰って来れるのだな、と思った。

実際の演奏を聴くまでは買うつもりが無かったCDを終演後買い、サインも貰ってしまった。

また機会があれば生で演奏を聴いてみたい。日経新聞の連載エッセイが書籍化されたらもう一度読んでみたいな。
[PR]
by YTR3320 | 2015-11-11 12:36 | 音楽・舞台・映画