2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

インドの地の底で働く子ども達

新宿の花園神社の近くにある「新宿眼科画廊」で2011年3月2日(水) 12:00〜20:00(最終日〜17:00)まで行われている豊田直巳個展(TOYODA Naomi)を見てきた。
http://www.gankagarou.com/
〔展示概要〕
インド東北部のメガラヤ州には無数の炭坑がある。
その地の底で泥と汗と炭塵にまみれて働く子どもたちがいる。
夜明け前から暗闇に潜り、ツルハシを振るう彼らがときどき見せる素顔。
その眼差しの中には、私たちの社会も映っているはず。

という写真展だ。

掘られた石炭は誰に売られ、どこで使われているのだろう。もしかしたら、僕も間接的にこの石炭を利用しているのだろうか。誰が子ども達を使っているのだろう。
なぜ子ども達は炭鉱で働かざるを得ないのだろうか。もし、炭鉱という職場が無くなったらどうなるのだろう。一般的なイメージのインド人と言うよりも、チベットやモンゴルや中央アジアのモンゴル系の人達に似た顔立ちの少年が多いけれど、どのような民族の人達が何故ここで働いているのだろう。制服に身を包み髪飾りを付けた地元の女子学生(中学生だったかな)と、働いている子ども達の環境、社会はどう違うのだろうか。
うっと唸ったまま、いくつもの知りたいことが浮かんだ。

写真にはタイトル以外に何の説明も付けられていない。メガラヤ州の位置を示す地図も掲げられていない。知りたいと思ったら、写真家に語りかけよ、あるいは自分の手足を使って調べよう、そう突きつけられているように思った。

とりあえず、検索して見付けたメガラヤ州の場所
http://www.indochannel.jp/travel/area/meghalaya_index.html
[PR]
by YTR3320 | 2011-02-28 20:56 | 展示・展覧(写真・美術・博物)