2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2011年が始まった

元旦は、朝からゆっくり家で過ごした。夜、テレビでウイーンフィルのニュー・イヤーコンサートの生中継を見てから就寝。バレンボエムが指揮した2年前のニュー・イヤーコンサートとは違って新年の挨拶にもメッセージは無く、ともかく軽やかに楽しむことに徹した指揮と演奏だった。2年前にバレンボエムが平和を祈念したイスラエル・パレスチナの状況は、むしろ悪くなっていることに悲しみを覚える。チベットでの人権侵害、年末から年始にかけてのスーダン、コートジボワールの状況も気懸かりだ。

昨日は、調布の深大寺前にある曼珠苑ギャラリーで毎年大晦日から1月5日頃まで行われている友人の両親の陶芸展「陶房・風遊舎 冬の展示会 2010.12.31(金)〜2011.1.5(水)午前11時〜午後5時(最終日4時まで)」http://angel.ap.teacup.com/manjuen/に行った。この数年、陶房・風遊舎 冬の展示会を見てから深大寺そばを食べるのが恒例になっている。風遊舎の作品には癒される。

今年は、トランペットとファームエイド・銀座という遊びの部分、幼い難民を考える会、ペシャワール会のサポートは継続しつつ、この数年間担当しているコンプライアンス、安全保障貿易管理、投資先管理(及びそれに必要な企業法務と会計)を基礎から勉強し直そうと思う。

自分も含めて少しでも多くの笑顔が見られる年にしていきたい。

※写真は風遊舎の作品。
f0200336_1317626.jpg

[PR]
by YTR3320 | 2011-01-03 13:17 | 雑感