2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Tp:1回の練習の中での時間配分を固定しなくなった

最近、1回の練習の中での時間配分を固定しなくなった。1回の練習時間は1時間50分から2時間で変わらないが、以前のようにきっちりと4つか3つにパートに分け、それぞれのパートの時間を守って練習メニューをこなすことはしなくなった。

今は、大雑把にウォーミングアップを兼ねた基礎練習、アーバンなどのデュエットやアンサンブルの練習、ジャズ・インプロビゼイションの為のトレーニング・練習の3つのパートに分けている。基礎練習、デュエット・アンサンブル、ジャズの順に、それぞれの中でその日の何となくの目標がこなせたら、次のパートに移っている。それぞれのパートのメニューは、先生からの宿題や自分で考えた課題によって随時見直している。新しくメニューに取り入れたものは、最初の内はこなすのに時間がかかる。練習を重ねている内に同じ内容を短い時間でこなせるようになる。又、その日の調子や気分の明暗でそれぞれのパートの中のメニューやその日の目標を一時的に変えることもある。

 だから、例えば、昨日は「救急車のリップスラー」に必要な時間が短くなってきたので、基礎練習は20分くらいで切り上げた。2人のサボイア人の上のパートもだいぶスムーズに吹けるようになってきたので、デュエット・アンサンブルの練習は15分。残り時間を全部ジャズの為のトレーニング(引き出し作り)に充てた。

 ジャズのトレーニングで、昨日、一番時間を割いたのが、ブルーノートスケールの暗記。何だか良いペースだったので45分くらい掛けて12キー全部をさらった。まだ完全に覚えた訳では無いが、だいぶ身体に入ってきた。最後はaTNのジャズ・インプロビゼイション・ガイドを使ったトレーニング。リズムトレーニングとGのペンタトニックスケールとブルーノートスケールを使った2分音符での4小節の作曲だ。

トランペットをゼロからやり直して3年間は、逸る気持ちを抑えて、一つ一つの課題にじっくり取り組んで基礎を固めた。その甲斐があって顔に筋肉が付き、不要な力みが抜けてきたから、練習時間の配分が柔軟になってきたのだと思う。時間配分を柔軟にした方が、練習も楽しい。
[PR]
by YTR3320 | 2010-10-23 13:51