2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

SWING NIGHTS 鈴木道子(vo) 5を楽しんだ

 3連休の中日の2010年9月19日の夜、お茶の水 NARUで行われた鈴木道子さんのライブに行った。鈴木道子さんは今年の1月に初めて聴いて、もう一度歌を聴いてみたいと思ったのだ。

 メンバーは、鈴木道子さんの他に吉田圭一(p)、小杉敏(b)、村田憲一郎(ds)に橋本信二(g)を加えた5名。3ステージとも最初の曲は、ボーカル無しの曲だったが、橋本さんのソロから吉田さんのソロ、そして小杉さんのソロへとのソロの受け渡し、ソロからサポートへの役割の交替がとても楽しかった。鈴木さんのボーカルが入った後もボーカルとギターのソロの交替、ボーカルとピアノのソロの交替、それに合わせてそれまでソロを弾いていた人が瞬時にサポート役になって、全く違う演奏をしているのがとても面白かった。正にプレイヤー同士の会話だった。9月のヤマハのレッスンでコンピングという言葉を教わって、ジャズでの会話というものが、少し理解できるようになってきた大学生の時に山下洋輔の本を読んだり、渋谷の東急ハンズの向かい、現在モンベルがある辺りにあった老舗のジャズ喫茶でジャズのレコードを聴いても、ジャズでの会話もジャズの面白さは、ちっとも分からなかったのだった。

 橋本さんのギターはリラックスしていて良いなあ。

 休日の夜を堪能した。
[PR]
by YTR3320 | 2010-09-20 10:13 | 音楽・舞台・映画