2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

一昨晩放映のNHK音楽祭2009

一昨晩、2009年12月18日にNHK総合で放映されたNHK音楽祭2009を途中まで見た。

シンシナティ交響楽団を指揮したパーヴォ・ヤルヴィの、曲によっては目も駆使した多彩な指揮振りがとても面白かった。
テレビでオーケストラを見て聴くメリットは、客席に背を向けている指揮者をテレビでは良く観ることが出来ることなのだね。

サッカーのJリーグが始まった頃、日本のテレビ中継はボールを持っいる選手ばかり映していた。一方、ダイアモンドサッカーの昔からヨーロッパのサッカー中継は、ボールを持っいない選手の動きを含むた全体流れが分かるようなカメラワークで、日本とはサッカーに求めるものが違うことまで感じられた。
オーケストラ放映の際のカメラワーク、中継に求められるものの国、地域による違いはあるのかな。

シンシナティ交響楽団の演奏でウエストサイド・ストーリーを聴いたが、実に多様な要素が散りばめられた変化に富む、演奏家には難しい曲であることを初めて知った。聴く側にとっては、とても面白い曲だ。
[PR]
by YTR3320 | 2009-12-20 08:55 | 音楽・舞台・映画