2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:音楽 ( 148 ) タグの人気記事

昨日、2014年7月6日に横浜のみなとみらい小ホールで行われたMMCJ(ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン)2014受講生による室内楽コンサートを聴いた。

様々な国からの若者が12日間、朝から晩まで顔を付き合わせて創り上げた厚みを感じるアンサンブルだった。

指揮者でMMCJ主催団体の代表理事でもある指揮者の大友直人氏による挨拶がとても印象に残った。MMCJの目的、今年のプログラム、参加者数と出身国の説明の中でクラシック音楽の演奏を創るとはどういうことか語られた。

大友氏の説明はこんな内容だった。
・音楽は世界で共通だから言葉は必要無いと言われるが、そんなことは無い。出身国が違えば文化も違う。だから演奏も違う。言葉で徹底的に議論して行く必要がある。
・受講生達は皆、初対面で「こんにちは」と会っていきなり一緒に演奏してもそれなりの演奏出来る力は持っている。しかしその先に行くにはお互いに議論を重ねる必要がある。
・クラシック音楽の演奏とはそのような議論によって創り上げられる。そして、若い時に違う文化の人達とそのような経験をすることが大事だ。

 音楽を創るプロセスについての大友氏の説明とその成果である受講生達の演奏を楽しむことができた日曜日の午後だった。
[PR]
by YTR3320 | 2014-07-07 23:01 | 音楽・舞台・映画
自由演奏会inとつかに参加した。場所は戸塚駅西口前の再開発で建て直された戸塚区民文化センターさくらホール。良く音が響きアマチュアの使用には大き過ぎず小さ過ぎず、とても気持ちの良いホールだった。

演奏曲はブロックM、バンドのための民謡、名探偵コナンのメインテーマ、SEDONA、Viva Musica!、Let it go、Teng Teng、Make Her Mine。私にはブロックMとバンドのための民謡以外は初見。当然、間違えたり、見失ったりした。楽譜をぱっと見てその音が何か瞬時に分かるわけではない。頭の中での音とリズムの変換スピードが遅い。ブロックMもバンドのための民謡も以前よりは吹けるようになったけれど、吹けなかったり間違えたところも沢山あった。それでも、今日は吹奏楽の響きの中に身を置いたり、なんどかきちんと吹けた箇所で周りと響き合ったりするのが心地よかった。柏陽高校吹奏楽部の皆さん、慶應大学野球部応援団の皆さん、サファリパーク・デュオの皆さんもお疲れ様、ありがとうございました。

さて、明日からはジャズトランペットの宿題をやらないと。The Song Is Youは長いのでなかなかコード進行が覚えられない。なかなか鼻歌が浮かばない。ブルースもコード進行を覚えて楽譜を見ないで吹けるようにとの宿題を貰っているのだけれど、まだまだ、まぁ、ぼちぼちと。
[PR]
by YTR3320 | 2014-05-04 19:24
 ふくしま応援自由演奏会@喜多方に参加した。今年も満開の桜を見ながらの屋外での演奏は実に楽しく、気持ちが良かった。屋外なので自分の音が跳ね返ってこない。このため、音程がうまく採れなかったのは今後の課題。正確な音程をイメージして吹く集中力が必要だと思った。他にも初見の楽譜の把握、8分休符や16分休符も以前からの課題だったが、今回も課題のまま残った。一方で、ベルを上げて吹くことができたり小さな進歩もあった。

 まあ、そんなことよりもなによりも、楽しかった。会場である喜多の郷の池のほとりに寝っ転がって空と桜を眺めたり、一緒に参加した友達と馬鹿話をしたり、残雪の飯豊連峰を眺めたり。

 ふくしま応援自由演奏会に感謝。40代半ばからでも楽器を習い始めて本当に良かったな。

当日の様子はこちらのブログを(参照)。


f0200336_22511480.jpg



f0200336_22515444.jpg
f0200336_22521926.jpg

[PR]
by YTR3320 | 2014-04-26 22:58 | 40代半ばからのトランペット
 都響倶楽部(参照)主催で昨日(2014年2月1日)に行われた「2014年度楽季、都響の聴きどころ」に行ってきた。2013年4月に東京都交響楽団(「都響」)(参照)の芸術主幹(Director of Artistic Planning)に就任し、都響の企画制作責任者として2014年度のコンサートスケジュール(日程、指揮者、演奏曲目)を作った国塩哲紀さんの話を伺うというものだ。

 予定の二時間では収まらず、質疑応答のため30分程延長しての会だったが、実に面白かった。国塩氏は吹奏楽部経験はあり指揮も行うが自分は音楽の専門教育は受けていないと自己紹介で言っていたが、言葉の端々にオーケストラ演奏やクラシック音楽が大好きという感情と造詣があふれ、だからこそだと思うがコンサートスケジュール作成への強い熱意と確固たる哲学が伝わってきた。

 私は元々音楽をあまり聴かず、とくに何かをしながら聴くことが難しい(1曲の時間が長い、最低でもミニコンポのスピーカー以上の大きさのスピーカーから大きな音で聴かないと楽しめない)クラシック音楽は滅多に聴かない。オーケストラのコンサートに行ったのもこの1年間はMMCJぐらいかな。けれど、昨日の国塩さんの話を伺って、オーケストラの曲目の多様性、指揮者と曲と演奏者・オーケストラの3者の組み合わせが生み出すものに興味を持った。今年からは少し都響などオーケストラのコンサートに足を運んでみようと思う。

 トランペット学習者として聴きに行きたいと思ったのは12月8日(月)東京文化会館、12月9日(火)サントリーホールでの大野和士指揮のフランツ・シュミット「交響曲第4番 ハ長調」。作曲家が一人娘への鎮魂の思いをこめて作ったこの曲は、ピアニシモでのトランペットソロで始まり、消えていくようなトランペットソロで終わるのだそうだ。
[PR]
by YTR3320 | 2014-02-02 10:38 | 音楽・舞台・映画

Tp8年目:新年会

サックスクラスの新年会に参加した。何人かとは毎年の発表会でグレンミラーの曲などを一緒に演奏している。60歳になってから初めて習い始めた楽器がサックスで楽器で今は楽しくて仕方ないと言う人や色々な人達と大笑いしながら飲んでおしゃべりした。40半ばからトランペットの練習に真面目に取り組み始め、上達の遅さに悲しくなったこともあるけれど、諦めずに続けてきて良かった。
[PR]
by YTR3320 | 2014-01-26 22:45 | 40代半ばからのトランペット
 チューバ奏者で神奈川県を中心に吹奏楽の指導もしている杉山淳さんが続けている自由演奏会は、とても楽しい。何せ、当日集まってきた人達だけでリハーサル、本番をその日の内に行い、初心者も上級者もそれぞれの力、体力を自分で判断して自分の演奏できる部分だけ演奏する、それでも全体としてはきちんとした演奏となるのだ。吹奏楽部経験の無い私は、自由演奏会で吹奏楽の楽しさを知り、合奏の楽しさを知った。

 そんな自由演奏会についてのメルマガが創刊されたそうだ。
【自由演奏会情報】
http://melma.com/backnumber_197830/
[PR]
by YTR3320 | 2014-01-12 07:46 | 40代半ばからのトランペット
新宿PIT INNに日野皓正 h factor 2DAYS を聴きに行った。
出演は、日野皓正(Tp)加藤一平(G)石井 彰(P)日野\\\"JINO\\\"賢二(el-B)田中徳崇(Ds)dj Honda(DJ) 。

日野皓正さんはラップを歌うは、DJと真剣なアドリブ合戦をやるは、パワー全開の演奏を延々続けるは、本当に来月71歳なのだろうか。しかも、ほっぺたにも首にも渾身の力を込めた演奏スタイルを今も続けている。あのスタイルを変わらず続けられているだけでも充分凄いと思う。

息子さんのJINOさんもとても格好良く、親子それぞれが「格好いい音楽」を追求して全力疾走し続けているのだと思った。3連休の最後にとんでもないものを見て、聴いたものだ。ああ楽しかった。

ギターの加藤一平さんが、8月にPIT INNで日野皓正さんと共演したときの感想を書いている。とても良いことを書いていると思う。これからが益々楽しみなギタリストだ。
http://ippeih3.exblog.jp/21142439
[PR]
by YTR3320 | 2013-10-15 20:12 | 音楽・舞台・映画
 発表会を一つ終えた。丸6年を超えてトランペットを習っているのに自分の期待ほどには音色はよくならず、リズムにも四苦八苦している。他のパートとの合わせに参加するのが気が進まず、発表会への参加を止めようかとも思った。一人で練習していると苦しくて詰まらなくなって、トランペットを止めるかなあとも思った。

 発表会の数日前にようやく練習時間が取れて自分のパートを吹いてみたら、苦労していたリズムも問題が大きく減っていた。当日、ウォーミングアップで音を出したら、パーンと気持ちの良い音が出て自分でびっくりした。何だか嬉しくなって、ニコニコしながら演奏に参加した。ミスはあった。音をいくつか外し、練習で遅れがちなところを意識しすぎて飛び出してしまったりもした。でも、何だか楽しかった。歩みは遅いけれど、7年前の何もできなかった時に比べたら大きな進歩があった。一緒に演奏しようと誘ってくれる仲間との付き合いも5年目になった。トランペットを止めずに練習を続けてきて良かったと思った。
[PR]
by YTR3320 | 2013-10-14 09:17 | 40代半ばからのトランペット
 7月、8月と秋の発表会でサックスクラスの人たちと一緒に演奏する「テキーラ」「Sing, Sing, Sing」などを練習している。裏拍のリズムが取れなかったり、伸ばしている音を数えられずに私が半拍ずれたりする。今年もリズムには苦労している。

 今更ではあるけれど、急がば回れと覚悟を決めて、基礎からリズムトレーニングに取り組むことにした。とはいえ、これ以上通うレッスンを増やすことはできないので、独学だ。以前読んだ『リズムに強くなるための全ノウハウ』(市川宇一郎、中央アート出版社、2007年)を引っ張り出して、「第1章日本人のリズム的特徴」を読み直した。どうも私はパルスを感じることができていないようだ。

 そこで、速さは100、音は八分音符で鳴るようにセットしたメトロノームを聞きながら、左手で太股を8分音符で叩き、右手で太股を四分音符で叩くというトレーニングを始めてみた。左手が右手に釣られてしまう。右手と左手が違うことを行うようにはまだ脳の回路ができていないようだ。左手で8分音符によるパルスを叩き、右手でリズムを叩けるように少しずつトレーニングを行っている。どうしても力が入ってしまうので、休み休みだ。
[PR]
by YTR3320 | 2013-09-08 19:21 | 40代半ばからのトランペット
フルートの重見佳奈さん、野口マリ子さん、藤 美智子さん、片爪大輔さんによるフルート四重奏 「笛組 vol.3」を狛江のエプタ・ザールで聴いてきた。演奏曲目やホールの様子はこちらの方のブログご参照。

音が体の正面から前に飛ぶトランペットを習っていて、トランペットの中でも音が真っ直ぐに飛ぶ奏者を好んで聴きに行っていたので、横に構えて何だかイメージ的に音が横に流れていくようなフルートの合奏は新鮮だった。メンバーそれぞれの個性が多分出ていて、その中でも唯一の男性の片爪さんの存在は演奏に落ち着きを与えていたように思う。

後半の最初にゲストのギタリストの木谷仁さんを迎えての「日本の歌メドレー《夏》(比護いづみ)は、ボサノバかな?ラテンのギターの上でのフルートでの日本の童謡から始まり、ラテンを中心とした様々なスタイルのギター伴奏の上でフルートが奏でられるというとても楽しい曲だった。

休憩時間を含めて1時間40分ほどの短い時間だったが、暮れなずむ夕方にとても楽しい演奏会だった。

重見佳奈さんが、ころころと笑顔を見せていた。そう言えば、今年のMMCJオーケストラのフルートパートが何だか演奏中も演奏の間もとても楽しそうだったのは、重見さんがいたからかな。

エプタ・ザールには初めて行ったが、小編成のアコースティック演奏にはとても良さそうだった。
f0200336_2153882.jpg
f0200336_2155633.jpg

[PR]
by YTR3320 | 2013-08-07 21:06 | 音楽・舞台・映画