2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:人間の尊厳 ( 31 ) タグの人気記事

 大学生の時に冬に野宿者の凍死防止とその人たちが強盗被害に遭わないようにと言う活動に参加していたことがある。焚き火のすすにまみれて路上で寝ている人達に声を掛け、安全な場所に誘導したり、毛布を掛けて上げたり、一緒にカップ麺を啜りながら話を聞いたりした。元炭鉱夫だというある男性高齢者は怪我をして日雇いの仕事もままならない、故郷には家族がいると言いながらも「今更帰るわけにはいかない。迷惑はかけられない。」と家族を頼ることを頑なに拒んでいた。

 矜持、自分の行動の軸、といったものはぎりぎりの時の人の支えになる。それでも生き続けたい、生き続けなければという時の拠り所になる。一方で、自分はこうしなければならない、こう生きてきたのが自分だと言った強すぎる思いは、人の行動を縛り追い詰めていく。身動きが取れなくなっても人に助けを求めることができない。自分何ぞのために相手の貴重な時間を使わせるわけにはいかない、話を聞いて貰うことが相手の時間を無駄に使い不快な思いを掛けるのではと思ってしまう。そもそも、人にどのような言葉を掛ければ良いのか、どのようにきっかけをつくれば良いのか分からない。

 二ヶ月ほど前に『生き心地の良い町 この自殺率の低さには理由がある』(岡 檀、講談社、2013年)を読んだ。戦争被害者から体験を聞き取る仕事をしていた著者は、終戦後半世紀以上の歳月を経てなおも苦しみが増しているひとと徐々に心の傷が癒されている人がいる事実に気が付き、何が差を生んでいるのか解明するために仕事を辞め研究者として「日本の自殺希少地域における自殺予防因子の研究」を行った。その成果と研究の課程を一般向けにまとめたのが本書だ。

 著者は自殺予防因子として次の5つのことを挙げている。
   ・いろいんな人がいてもよい、いろんな人がいたほうがよい
   ・人物本位主義をつらぬく
   ・どうせ自分なんて、と考えない
   ・「病」は市に出せ
    ・ゆるやかにつながる

 5つの自殺予防因子に共通して流れていることは、人の多様性と変化しうることを認めることだ。だから、自分のことも相手のことも固定して考えない、縛り付けない。

 追い詰められ俯いたまま相談相手を持てずに自殺の淵をとぼとぼと歩いている人、自殺の淵のちかくで立ち尽くしている人、それらの人に本書のメッセージが直接届くのかどうかはわからない。けれども本書を読んだ人達が少しずつ自分の住んでいる地域を変えることで回り回ってメッセージが届いたら、と思う。俯いて歩き続けているとき、立ち尽くしてしまっている時、そんな時でもふと顔を上げて前を一瞬でも見ることがある。そんな時に本書や本書のメッセージが目にはいったら、とも思う。本書が世に出た意義は大きいと思う。

 本書はまた、研究、勉強の面白さ、プロセスを鮮やかに描いている。読者は,読みながら筆者と共に疑問を抱き、仮説を考え、発見し、また調査を続けるという体験をしていく。疑問をもち発見をする喜びを感じることが出来る。徳島県海部町でのミクロの調査からマクロに調査・研究の視点を切り替えて大きく前進していく第四章には高揚感を感じた。筆者は、また社会学研究者の責任についても慎重に触れている。

関連
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36996
[PR]
by YTR3320 | 2013-10-12 08:44 | 読書
チベットの人々の間に今も生きている口承文学「ケサル大王伝」を追った貴重なドキュメンタリー映画『ケサル大王』が6月20日、21日に名古屋シネマスコーレで上映されるそうだ。
詳細はこちら(参照)(参照
[PR]
by YTR3320 | 2013-06-16 09:05 | 音楽・舞台・映画
 『殺 劫(シャ-チェ) チベットの文化大革命』(集広舎、2009年)(参照)の著者であるウーセルさん(『チベットの文化大革命』ではオーセルと表記)が、チベットの首都であるラサの破壊について悲鳴を上げ、何とか止めたいと呼び掛けを行っている。
ウーセル・ブログ「私たちのラサがもうすぐ壊されます!ラサを救ってください!」(2013年5月6日日本語訳掲載)(参照)

チベットの人々が暮らし、積み重ねてきた記憶、文化、そして生活そのものが暴力的に破壊され、埋めたられ、人々の記憶、文化、生活から切り離されたテーマパーク紛いのものが、その跡に建てられようとしている。今すぐ、止めて欲しい。人々の尊厳が、踏みにじられていく。許されて良いことでは無い。
[PR]
by YTR3320 | 2013-05-07 20:27 | 人間の尊厳・人権問題
 作家の渡辺一枝さんが、今年6月から7月にかけて訪れたチベットの現状と311の直後から続けている福島県南相馬の被災者支援について、NHK「ラジオ深夜便」で「チベットと被災地に重なる思い」と題して2回に渡って渡辺一枝さんが話をするとのこと。渡辺一枝さんの部分の放送時間は、10月22日(月)、23(火)いずれも早朝04:05から04:45。

中国共産党政府による支配が続くチベットは、「格子無き牢獄」の状態で、チベット人は移動の自由を含め様々な制限を課せられている。このような状況に対し、非暴力での抗議としてやむにやまれず行われる焼身抗議も後を絶たない。

ラジオ深夜便はこちら
http://www.nhk.or.jp/shinyabin/
[PR]
by YTR3320 | 2012-10-20 07:53 | 人間の尊厳・人権問題
ヒマラヤを越えてインドに亡命する幼いチベット人達を描いた短編ドキュメンタリー『ヒマラヤを越える子供たち』上映会が行われるそうだ。

「ヒマラヤを越える子供たち」書籍出版記念・上映会& トーク (にっしぃ劇場)

日時:6月25日(月)開場19時、上映開始19時半  

参加費:1000円

トーク:チベットサポートグループKIKU 代表 久保 隆
http://www.tsg-kiku.com/

場所:三軒茶屋・カフェオハナ
http://www.cafe-ohana.com/access.html
[PR]
by YTR3320 | 2012-06-12 20:48 | 人間の尊厳・人権問題
 オーディトリウム渋谷で2012/6/16から22までチベットについての映画12本が上映される。チベット人が撮影したものもあれば、そうでないものもある。1959年のチベット蜂起で投獄され、中国の刑務所で拷問を受けながらも33年間を生き抜いた。釈放され、インドに亡命したパルテンが平和を訴えながら世界を旅する姿を追ったドキュメンタリ−「雪の下の炎 Fire Under the Snow」もあれば、<チベット一番の美人は誰か? チベット亡命政府があるインド北部の町ダラムサラで、毎年開かれる“美人コンテスト”は難民たちが楽しみにしている年中行事だ。しかし、今年は候補者がたったひとり。「チベットの伝統にそぐわない」とする亡命政府首相をはじめ、コンテストを非難する人たちも現れ……。果たして、コンテストは成功するのか!?>という「ミス・チベット Miss Tibet」という作品もある。「ミス・チベット」は観てみたいな。

詳細は、「映画『オロ』を知るためのチベット映画特集」
http://olo-tibet-tokushu.jimdo.com/
[PR]
by YTR3320 | 2012-06-09 07:44 | 音楽・舞台・映画
 先日、チベットの首都だったラサでチベット人の若者2名が焼身抗議が行い、その内の一人が亡くなった。焼身抗議が行われたのは、ラサの旧市街、バルコルのジョカン寺の前の広場だったという。そこはお寺の上や周囲の建物の上から武装した警官(軍隊?、警察や軍隊以外の治安部隊?)が下を見下ろして監視し、広場を見張るように監視カメラが設置されている。また、バルコル内の数ヶ所には歩哨が立ち、銃を携えた隊列が巡回している。そのような場所で焼身抗議を行うには、相当の準備と何としても実行するという覚悟が必要なのではないか。そしてそのような覚悟までチベット人の若者が追い込まれるまでに、チベット人に対する有形無形の差別だったり、中国共産党政府の占領・支配に伴うチベットでの人権、文化、伝統や生活への抑圧や厳しくなっているのではないか。ラサでの焼身抗議に続き、チベットの他の地域では幼子3人を残して母親が焼身抗議を行ったそうだ。(参照)

 チベットでの人権、文化、伝統への抑圧の状況に強く憂慮し、一刻も早く止めて欲しい。
[PR]
by YTR3320 | 2012-05-31 07:31 | 人間の尊厳・人権問題
 チベットの首都だったラサで、2人の若者が焼身自殺を試み一人が死亡、一人が重体とのこと。武装警察が多数警戒している中で、ついにラサでの焼身自殺が行われたことは、チベットにおける中国共産党政府による人権抑圧の激しさを示しているのではないか。チベットでの人権抑圧が一刻も早く終わり、人間の尊厳が恢復されることを強く強く願う。

詳細は以下
2012年05月28日<速報>ラサで2人が焼身抗議 1人死亡 1人重体
2012年05月28日<続報>ラサで2人のチベット人若者が焼身抗議 1人死亡
[PR]
by YTR3320 | 2012-05-29 07:18 | 人間の尊厳・人権問題
チベットからネパールに逃れてきた子ども達の支援などを行っているTCP-チベタン・チルドレン・プロジェクトという団体がある。明日(4月26日:木曜)、読売KODOMO新聞の1、2面にTCPの活動が特集されるそうだ。読売KODOMO新聞は、毎週木曜日発行の定期購読紙で当日の朝に購入という訳にいかないのが残念。

 TCPのサイトはこちら
 http://tcp-np.com/index.html

 読売KODOMO新聞はこちら
 http://www.434381.jp/kodomo/
[PR]
by YTR3320 | 2012-04-25 06:41 | 人間の尊厳・人権問題
大阪のカフェ&アートスペース「ほなな」で東チベットの写真展を開催しているそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120327-00000061-minkei-l27

カフェ&アートスペース「ほなな」の地図
http://www.geocities.jp/yuugame470/honanahp/map.html
阪急梅田駅茶屋町出口から徒歩8分の高架下。
[PR]
by YTR3320 | 2012-03-30 07:53 | 展示・展覧(写真・美術・博物)