2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2016年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

共演者の演奏を感じて一緒に音楽をつくると言う意味でジャズのアドリブ演奏は合奏だ。合奏の最小単位はデュエットだ。

と言うことで去年の7月から開始したアーバン金管教本のデュエット曲のおさらい二巡目。

7年前からの1巡目に比べると音程が安定し拍子が取れるようになった。自分のパートの音を出すことに必死だった1巡目の時より余裕ができて相手の音を感じることができるようになってきた。

今年はNo.34 "BIVOUAC SONG"まで。フレーズの塊、全体の流れ、表現に注意して吹くことが来年の課題。楽しくなってきた。
[PR]
by YTR3320 | 2016-12-20 22:17 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)

Tp10年目:歯磨きは大事

トランペットの練習をしていて音がガサガサする、息の抵抗感が普段と違う、と思って練習後にトランペットを洗うと食べ物のかすが必ず出てくる。口の中をきれいにしているつもりでも、歯を磨いてから練習していなかったからだと思う。

食べ物のかすがトランペットの中に入った状態で練習しても音色は良くないし、食べ物のかすが抵抗になって息の流れを邪魔するので身体に無駄な力が入ってしまう。練習する時には食事の後に面倒くさがらずに歯を磨くことにした。PanasonicのポケットDoltzがカバンに入れても邪魔にならない。食べ物のかすを落とすことが目的だから歯磨き粉はつけない。デンタル・フロスも併用している。
[PR]
by YTR3320 | 2016-12-19 19:03 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)
1回に1キー、20コーラスずつBlues scaleの音だけ使ってBluesを吹く練習を2周した。今は並行して始めた『Blues Improvisation Complete』(ATN Inc.)のSection 2ブルース・スケールを使った1小節のアイディアにはまっている。

電子メトロノームをテンポ80、4拍子にセットしての練習。アーティキュレーションのトレーニング、リズムのトレーニングを兼ねて取組んでいるので、4、50分練習して4小節しか進まないこともある。焦りは感じない。それだけアーティキュレーションやリズムに課題を抱えているということなので、むしろ4小節だけでも進むと嬉しい。少しずつ出来なかったことが出来るようになっている。
[PR]
by YTR3320 | 2016-12-17 14:39 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)
『Blues Improvisation Complete』(ATN Inc.)はSection 1 ブルース・スケールの練習にもSection 2ブルース・スケールを使った1小節のアイディアにもHigh CやHigh Dが出てくる。High Cまでは私も出せるけれど、そこから4度飛んだりすると高音域なので音が取りづらい。

高音域で音が取りづらいと感じたら1オクターブ下げて練習することにした。1オクターブ下げて音程が取れるようになったら書かれている通りの高音域で練習する。無理すると練習が楽しくないし、変な力が入って癖になってしまうので、難しいと思ったら楽に吹ける音域まで下げて練習している。
[PR]
by YTR3320 | 2016-12-06 21:05 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)
トランペットをゼロからやり直して10年目の12月に入った。

今月もアンサンブルの基礎を身につけるためのアーバン金管教本のデュエット曲、リズムトレーニング、自分でアドリブを作り出すためのレッスン課題曲及びブルーススケールの音だけを使ったブルースの練習、リズムとフレーズの引き出しを増やすための『Blues Improvisation Complete』(ATN Inc.)「Section 2ブルース・スケールを使った1小節のアイディア」に地道に取り組む。

自分の現状を正しく認識して焦らずに一歩ずつ。
[PR]
by YTR3320 | 2016-12-04 11:06 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)