2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー

<   2015年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

来年の発表会、知人のセッションでの演奏をより楽しむための地道な練習としてJamey Aebersoldのジャズ教本Vol.1 How to Play Jazz and Improviseの10の基礎パターンを始めた。メジャー、ドミナント、マイナーの3種類のコードをルートから9度までの範囲での8パターン、ブルース・スケールを2パターンの合計10パターンで練習するものだ。メジャー、ドミナント、マイナーの3コードの響きと構成音を覚える為のトレーニング。

教本にはCの楽譜しか書かれていない。残りの11キーの練習を楽譜に書き出さずに行なうと耳の訓練になるはずだ。ゆっくりのテンポから始めて少しずつテンポを上げて練習すれば指と息のコントロールの訓練にもなりそうだけれど、そこまでやる時間を作れるか分からない。テンポ60で16分音符、三連符を走らないようにすること、アンブッシュアが音程によって変わらないようにすることに気をつけてCの練習を始めた。

しっかりとこの練習をしておけば、来年の発表会や知人のセッションでアドリブを吹くときに今年より余裕が生まれ楽しめるのでは、と期待している。
[PR]
by YTR3320 | 2015-11-10 09:00 | 40代半ばからのトランペット

Tp9年目:土台固め-音色

6年前にアーバン金管教本のデュエット曲の1巡目を始めた時は自分のパートの音を出すのが精一杯だった。現在の2巡目では上と下の2つのパートの響き合い、音色を課題として先生に指導して貰っている。

先日のレッスンで「音程によって吹き方、アンブシュアが変わってしまい音色がバラバラになっている」と指摘された。先生から音程によって吹き方、音色が変わらないようにする為の練習方法を教わった。自分の音をよく聴いて、唇を含めた自分の身体の隅々の動きを良く観察して少しずつ調整を重ねていくという地道な練習だ。発表会に向けた練習が始まるまでの七カ月余りの間の土台固めだ。発表会をもっと楽しむために地道な練習を続けよう。
[PR]
by YTR3320 | 2015-11-09 08:25 | 40代半ばからのトランペット
湯船につかって歌うと何だか歌が上手くなったような気がして気持ち良い。適度に反響のあるスタジオで1人で練習していると随分自分の音色が良くなったなと感じる。でも、狭いレッスン室で先生と一対一になって先生の音と自分の音を比べるとその違いの大きさにびっくりし、自分の音色はまだまだと思う。

トランペットをマイナスからやり直し始めた時、良い音のイメージが分からなかった。何か良い音なのか分からなかった。先生の音が良いなぁと思ったが、先生の個性の部分と誰にでも共通の部分なのか、区別できず、どうしたら先生のような音が出せるか分からなかった。

先生の指導を受けて少しずつ自分の抱える問題点を直し、自分でも考えながら練習をするつづける内にようやく自分二本松市とっての良い音のイメージは出来てきた。先生の音色の要素の内、練習を重ねれば自分にも出来るようになる要素と道筋が見えてきた。

最初から良い音のイメージが持てるわけでは無く、先生の音を含め色々な人の音を聴いて、正しい吹き方を指導して貰って自分で試行錯誤してそれを少しずつ身につけていくことで良い音のイメージは出来てくるように思う。
[PR]
by YTR3320 | 2015-11-08 15:19 | 40代半ばからのトランペット
2015年11月1日の海の森あおぞらフェスタでの自由演奏会で演奏した曲は次の通り。

☆ ジュラシックパーク・メインテーマ
初見。ちょっと席を外している間にリハーサルが終わってしまい、いきなり本番で演奏。テレビで映画を観て聴いたことのあるメロディなのである程度は付いていけた。

☆アルヴァーマ序曲
自由演奏会でも定番の曲

☆DREAM SOLISTER
アニメ「響け!ユーフォニウム」の主題曲。初見。前日にYouTubeで聴いた。

☆愛を叫べ
嵐の歌。初見。リハーサルで初めて聴いた。

☆風になりたい
一度か二度自由演奏会で私も演奏したが、すっかり忘れていた。

☆アフリカンシンフォニー
☆宝島
☆ドント・セイ・ザット・アゲイン
☆恋のカーニバル
宝島からはいつものようにサンバ3連発。楽しい。
[PR]
by YTR3320 | 2015-11-04 22:42
今月のトランペットの練習目標の追加。

1.ベルを上げたまま吹く。左腕の筋肉をつけるため、カバンを左腕で持つ。

2.Jameyのジャズ教本のVol.1 How to Play Jazz and Improviseの10の基礎パターン
[PR]
by YTR3320 | 2015-11-03 17:23

Tp9年目:11月の練習目標

今年の発表会が終わり11月のトランペット練習の目標は次の通り。
1. 基礎練習
首と背中の力を抜く
響く音(頭声と胸声)を目指す
ジャズのタンギング(息の塊、粒を揃える、リズム練習・指の練習を兼ねる)

2. アーバンのデュエット曲
フレーズの塊で吹く
三和音の構成音(ルート、3rd、5th)の違いを意識する
臨時記号のついている音を大事にする

3. ジャズ
課題曲(楽譜を見ない、マイナスワンを使わない、流れを意識)の練習
楽器を持っていない時に頭の中で音楽を流す
[PR]
by YTR3320 | 2015-11-02 22:03
 9月10月の二ヶ月は基礎練習以外は発表会に向けた練習ばかりをしていた。今年の発表会が終わり、そろそろ12月に知り合いのセッションでアドリブを吹かせて貰う為の練習、ジャズトランペットクラスの課題曲の練習、アーバン金管教本のデュエット曲の練習を再開しなければならない。

 が、しかし。
11月は久しぶりの自由演奏会参加で始めた。東京ででたゴミを東京湾に埋め立ててできた人口島の一つ、中央防波堤内はゴミ、焼却灰、建設残土に土砂をかぶせ植樹をして「海の森」という公園にする工事が進んでいる。普段は立入禁止の「海の森」が今日は「海の森フェスタ」として無料公開され、フェスタの一部として自由演奏会が行われたので、参加してきた。

 集合とリハーサル会場は夢の島のBumb。夢の島もゴミを東京湾に投棄して作られた人口島だ。今は色々な木々が生え、野鳥もいて島内には熱帯植物園もある。

 リハーサル中に参加者の確認があったのだけれど、自分の名前が呼ばれたときに私は席を外していた。戻ってきて自分の名前を告げたら「来ているよ〜」と他の参加者が言っていたので大丈夫です、と言われた。自由演奏会には何度も参加していて、きちんと自己紹介した訳ではないけれど互いに見知っている人達が何人もいる。その人達がそう言って自分のことを主催者に伝えてくれたのがとても嬉しい。どの自由演奏会に参加するのかは参加者それぞれの自由で、べつに互いに連絡を取り合っている訳ではないけれど、こうして再会すれば挨拶して一緒に吹奏楽を楽しめる仲間がいるのはとても楽しい。自由演奏会はゆるくて気楽なコミュニティだと思う。

 今日もとても楽しい一日だった。杉山先生、事務局、國學院大學吹奏楽部の方々、一緒に参加した皆様、ありがとうございました。
[PR]
by YTR3320 | 2015-11-01 20:07 | 40代半ばからのトランペット