2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

アーバン金管教本デュエット曲2巡目のNo.9"AIR BY MOZART"の課題は下のパートでの指の動き。もつれて遅くなってしまう。50代半ばで高度成長期であれば定年退職目前の年齢だから、遅いのは当たり前。速くするには地道に練習を続けるしか無い。
[PR]
by YTR3320 | 2015-07-30 18:24

Tp9年目:楽譜の位置

トランペット・アンサンブル練習の際に先生から「トランペットのベルからの音を楽譜に当てないように」と注意された。楽譜に音が当たると音がこもって響かないからだ。

楽譜に音が当たらないようにする為には、ベルの下側か左右に譜面台を少しずらして置く。視線を斜めにずらして楽譜を読むのことに慣れるにはしばらく時間が掛かりそうだ。
[PR]
by YTR3320 | 2015-07-29 20:50 | 40代半ばからのトランペット
練習したい課題がたくさんある。1回の練習は2時間程度なので、1回の練習ではその月の全ての課題をさらうことはできない。練習を始める時に取り組む課題を選んでいる。時間割は厳密には決めず、今日の目標まではできたなと感じたり、集中力が落ちてきたと思ったりしたら課題を切り替えている。

ウォーミングアップを兼ねた基礎練習中の調子によっては練習を始める時に考えた課題を変更することもある。守っている事は、漫然と練習を始めずにその日の練習で注意すべきこと、身につけたいこたをはっきり意識してから練習を始めることだ。
[PR]
by YTR3320 | 2015-07-20 17:34 | 40代半ばからのトランペット
アーバン金管教本のデュエット曲の2巡目を始めて2回レッスンが終わった。最初の数曲は上下のリズムが大体同じこともあって2回で5曲をサクサクと終わらせることができた。1巡目では1曲終わらせるのに1ヶ月くらい掛かっていたので、進歩したものだ。力を入れなくても音が出るし、ちょっぴり嬉しい。
[PR]
by YTR3320 | 2015-07-19 18:41 | 40代半ばからのトランペット

Tp9年目:芸の会

昨日は、鵠沼海岸駅近くのレスプリ・フランセと言うレストランで「雨にぬれても」を無伴奏で吹いた。料理を食べてお喋りしながら出席者の中で絵を描く人、アクセサリーを作っている人、イラストやデザインをする人、ピアノを弾く人、ピアノを習っている人、バイオリンを習っている人、コーラスを教えている人・習っている人などが自分の芸を披露すると言う友達主催の会。

主催者が海外から一時帰国した時に友達を集めて行われるので、不定期開催。前回は2年前。次回開催時期は未定。この会でトランペットを吹かせて貰うと自分が前回より良くなったことが実感出来る。課題も分かる。ありがたい。

会場では、シャンソンや弦楽器のコンサートも時々行なっているようだ。トランペットの音が良く伸びて響くので驚いた。ジャズでは無く軽快な映画音楽やゆったりと歌い上げるような曲がトランペットの場合には会場に向いてそうだ。
[PR]
by YTR3320 | 2015-07-12 07:04 | 40代半ばからのトランペット
久しぶりに知人のセッションに参加してCandyを吹かせてもらった。殆どウォーミングアップせずに吹いたこと、セッションの手順に慣れていないことから最初のテーマ演奏で音を外した。けれどももテーマの後の2コーラスのアドリブは止まらずに吹けたので、まあまあかな。

マイナスワンでの練習と生のトリオとの演奏はまるで違う。セッションや合奏の場数を踏みたい。
[PR]
by YTR3320 | 2015-07-11 00:05 | 40代半ばからのトランペット

Tp9年目:7月の課題・目標

2015年7月のトランペット練習課題と目標

1.基礎練習
⚫︎音色の改善:頭声と胸声を意識したスラーでの音階練習
⚫︎右指の速さ向上:長調の音階練習
⚫︎タンギング:息を止めずに一息で。息の粒を揃える

2.合奏
⚫︎アーバンデュエット曲2巡目開始:フレーズの塊、ハーモニーを感じる。

3.ジャズ
⚫︎On Green Dolphin Street
⚫︎IIm-V-Iのトレーニング
⚫︎Aのブルース

4.秋の発表会での演奏曲練習

効率を上げて集中力を高めて練習しないとこなせない。
[PR]
by YTR3320 | 2015-07-04 11:01