2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2015年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アーバン金管教本のデュエット曲を一通り終えた。2008年か2009年に始めたから7、8年掛かった。途中、入院などで通算すると4、5ヶ月の中断があった。その中での自分の最速だった。

来月からもう一度初めからアーバン金管教本のデュエット曲をさらうことにした。「2分の2拍子と4分の4拍子は違うの?どうして?」とか「拍子感って何?」とか思っていたり、リズムとテンポと音程の内の一つのことに注意するのが精一杯だった初回に比べて自分がどこまで吹けるようになっているだろうか。先生と響き合えるようになっているだろうか。楽しみと不安で7月が始まる。
[PR]
by YTR3320 | 2015-06-30 22:38
今日は6時間余りもトランペットに接した。個人練習2時間、レッスン39分間、アンサンブル練習会2時間、秋の発表会の為のバンド練習1時間半。腹筋を沢山使った感じがする。
[PR]
by YTR3320 | 2015-06-27 23:20

Tp9年目:宿題が山盛り

今抱えているトランペットの宿題

1.音色を改善し響く音を出すためのスラーでの音階練習
2.タンギング練習
3.ダブルタンギング練習
4.ジャズトランペットの課題曲(今月からOn Green Dolphin Street)
5.アーバン金管教本デュエット曲No.68 The Fox Hunters
6.来月の友人主催の集まりで吹く教本の練習
7.秋の発表会でサックスクラスとのバンド練習
8.秋の発表会の自分のソロ練習
9.IIm-V-Iのトレーニング

どれもメトロノームを使って丁寧に練習しよう。時間が無いからとメトロノームを使わずに練習して出来るようになった積りで先生やクラスメイトと合わせたら全く合わなかったり、音程を外したりしたので。急がば回れ。焦らずに基礎固め。
[PR]
by YTR3320 | 2015-06-21 08:20
平日の睡眠不足を週末に寝だめして補おうとしても効果が無いと良く言われる。平日に練習時間が取れなかったからと週末にまとめて長時間トランペットの練習をするのは効率が良くない。

唇に疲れが溜まらないように休み休みの練習であっても長時間練習すると効率が落ちる。私の場合は腹筋が疲れるのか息の圧力を保てなくなる。1回2時間の練習を平日も行なう方が、週末にまとめて長時間練習するよりしっかりした練習が出来そうだ。
[PR]
by YTR3320 | 2015-06-16 22:38
今月からジャズ・トランペットクラスの課題曲がOn Green Dolphin Streetになった。テーマを覚えること、メトロノーム、マイナスワンを使わずにタイムを感じながら自分の形でテーマを吹けるようになることが私の課題。課題曲を材料に自分の歌をトランペットで歌うことと言い換えて良い。1カ月でできる課題ではない。2、3ヶ月掛けて取り組んでみよう。

元は映画『Green Dolphin Street』(邦題『大地は怒る』)の中の歌なので、英文の歌詞を歌ってみたり、映画を探して見てるかな。
[PR]
by YTR3320 | 2015-06-14 08:37
週末や休暇の時に途中に1時間か2時間空けて2時間ずつ合計4時間くらいトランペットの練習することがある。勿論、練習中も唇に疲れが溜まらないように15分乃至30分くらい毎に休憩を入れている。

最初の1時間は立って基礎練習をする。そのあとは足が疲れると思ってずっと座って練習したら翌日腰に違和感を覚えることがあった。座って吹く時の姿勢に問題がありそうだ。立って吹くと姿勢に気をつけなくても自然に腰が伸びて負担がかるなるように思う。

最近は長時間練習する時も出来るだけ立って吹くようにしている。
[PR]
by YTR3320 | 2015-06-07 13:25