2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー

<   2013年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大学を卒業する直前に訪れたストックホルム旧市街のライブハウスでジャズを聴いた。演奏者も観客も本当に楽しんでいた。自由を感じ、憧れた。

 10年前の9月に道端に出ていた看板が目に入った。楽器の初心者での大丈夫ですよとの受付の言葉を聞いて、ジャズトランペットクラスに申し込んだ。途方に暮れた。トランペットの音の出し方を間違えていて、マイナスのときだったから当たり前だ。

 トランペットをマイナスからやり直し始めてからも、ジャズトランペットのレッスンは苦痛だった。どうやったらメロディーが浮かぶのか、単音しか吹けない楽器で和音を感じて吹くとはどういうことか、コード自体を覚えることなんてできるのか。できっこないよな、と思いながらも通い続けた。

 今年に入って、「できっこない」「自分には無理だ」から、少しだけ「できるかもしれない」と思える瞬間が出てきた。まだ、数個だけれどコードを覚えることができた。「コードを覚えることができるんだ」と思った。コード・トーンだけで自分勝手なアルペジオを吹いてみた。吹けた。メジャースケールも少しずつ頭に入ってきた。あれっ?できるじゃん。自分にもできるかもしれないじゃん。

 ジャズトランペットクラスに飛び込んで10年目、マイナスからトランペットをやり直して7年目が終わる。「できっこない」が「ひょっとしたら、できるかもしれない」に変わってきた。「アドリブを吹きたい」という気持ちと「できるはずだ」という根拠に乏しい楽観主義で、ジャズトランペットの11年目とやり直しトランペットの8年目に臨む。
[PR]
by YTR3320 | 2013-12-31 08:16 | 40代半ばからのトランペット
 ゼロというかマイナスからやり直しのトランペット7年目がもうじき終わる。発表会でアドリブソロを吹くという年初の目標は達成できなかったが、6年目の去年に比べて以下のことができるようになってきた。

 ・アンブシュアの改善と安定
 ・音程がすこしずつ安定
 ・メジャースケールとメジャーのダイアトニック・コードの暗記開始
 ・ブルースのコード進行暗記開始

 アンブシュアが改善され安定してきたので、音程も前よりは安定してきた。練習の最初に譜面においたチューナーの針が中央を指すことが多くなってきた。チューナーに合わせようという意識を持たずに「ぱーん」とブレスアタックで音を出すと針が中央をぴたっと指すことが多くなってきた。

 いくつかのコードは、コード記号を見ればコード・トーンが頭に浮かぶようになってきた。Have you met Miss Jonesのアドリブを練習していて、コードトーンだけを自分が吹いたのか、コードトーンから外れてしまったのかが少し判るようになってきた。コードトーンに意識が向けられるようになってきた。まだ、自分でコードトーンのアルペジオを吹きながらコードとスケールを覚えている段階だが、去年までと比べると大きな進歩だ。

 音を出すことだけで精一杯の状態から少しずつ抜け出し始めた。来年はアーバンのデュエット曲を始め一緒に演奏している人の音が耳に入ってくるぐらい、音楽を演奏することに意識を向けられるようになりたい。合奏をもっと楽しめるようになりたいな。
[PR]
by YTR3320 | 2013-12-30 18:19 | 40代半ばからのトランペット
 今年3月に個人レッスンで先生からブレスアタック、唇を真ん中に寄せてスイカの種を飛ばすようなイメージでぶっと息を出すことを教わった。『金管楽器奏法革命』に書かれている事への理解の深まりと先生のアドバイスが効果があったのだと思う。唇がマウスピースの中にきちんと収まり、アンブシュアが安定してきた。スタジオの鏡で見ると、上下の唇が少し内側に巻き込まれ、隙間は横一線に見える。けれども、自分の意識は、唇を軽く閉じて上下の唇を軽く触れ合わせつつ、丸く真ん中に寄せて、ぷっと息を吐いている。アンブシュアは外見と意識が違うものなのだな、と鏡を見ながらゆっくりとリップスラーでの音階練習をして思った。

(2013/12/30追記)
 下顎を軽く前にスライドすることにより顔面の緊張を緩めることもアンブシュアの改善に効果があったと感じている。歩くときも軽く下顎を前にスライドし、顔面や首の緊張を緩め、遠くに視線を置いている。歩くときもトランペットを持つときもできるだけ肩をゆるめ、吊り上げないようにしている。
[PR]
by YTR3320 | 2013-12-29 07:22 | 40代半ばからのトランペット
 今年のファームエイド銀座で買った広島県の神石高原町の神龍(しんりゅう)味噌が抜群に香りと味が良かった。東京にいて買いたいのだけれど、銀座のTAUには置いてなかった。通販で買えないかと思って検索したが見付からない。残念だ。
[PR]
by YTR3320 | 2013-12-25 21:54 | 地域交流・食・環境
 私は、プラクティス・ミュートは使わない。音がこもって聞こえるし、息が詰まってしまうからだ。ヤマハの初代のサイレントブラスも同じ問題があり、ヘッドホンをつけて使用すると耳に音が突き刺さるような感じがしたので、買ってみたものの殆ど使わずに処分した。

 サイレントブラスが新しくなったので、試し吹きさせてもらった。ミュート部分の軽さ、消音性能の高さ、そして何より息が詰まらないことに驚いた。ヘッドホンを通じた音も穏やかだ。まとまった連取時間が確保できないときや練習場所が確保できないときに、サイレントブラスを自宅で使ってみようかなと考え始めている。

新しいサイレントブラスはこちら
[PR]
by YTR3320 | 2013-12-23 09:51 | 40代半ばからのトランペット
今年2回目の手術を受けた。退院後4週間ぶりにトランペットの練習をした。手術後の安静期間があったためか、予想していた以上に息が保たなくなっていた。入院前に行っていた練習メニューがこなせない。唇は逆にそれほど疲れない。衰えた呼吸筋を少しずつ戻すために、日常生活の中で意識して深呼吸をしたり呼吸筋を使って行こうと思う。
[PR]
by YTR3320 | 2013-12-19 22:26 | 40代半ばからのトランペット