2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 連休中に体調を崩して2日間、ひたすら家で寝ていた。その後は仕事が忙しく日付が代わってから帰宅した日もあった。このため、丸一週間、トランペットの練習をすることができなかった。一週間ぶりの練習では一時間以上を『ナチュラルアンブシュア52週間』を含む基礎練習に充てた。調子が落ちているかと心配したが、音階で一発でHigh Cまで上がる事ができたし、チューナーで真ん中のソの音、ドの音、高いミの音、高いソの音のいずれもほぼきちんと合わせる事ができた。去年の夏辺りから一層意識して自分の音を聞きながら基礎練習を続けて来た成果かなと思う。

 と、少し機嫌が良くなって自分の音を録音したら、まだまだ響いていないし、アタックが甘い。何度か同じフレーズを録音して調整を図った。自分の音の聴き方が甘いのだろうと思う。

 丁寧に丁寧に基礎練習を続けようと思う。
[PR]
by YTR3320 | 2013-01-20 21:19 | 40代半ばからのトランペット
 2013年2月2日(土)13時より第15回チベットの歴史と文化学習会(最終回)が開かれる。
一般向けでどなたでも当日参加可能。

今回のテーマは「チベットとモンゴル・文革の時代」
◎日時:2013年2月2日(土)13:00~16:30(開場12:30)
◎場所:文京区民センター3-A会議室(東京都文京区本郷4-15-14)
    http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_kumin_shisetsu_kumincenter.html
◎参加費:1,000円
※予約の必要はありません。当日受付にてご精算ください。
※チベットの歴史と文化学習会は今回をもちまして修了となります。

◎主催:チベットの歴史と文化学習会 http://www.facebook.com/tibetgaku

[PR]
by YTR3320 | 2013-01-14 17:54 | 雑感
 昨日、武蔵大学で「学生による被災地のための市民メディアプロジェクト」の発表を聞いた。発表と質疑応答も終わり、片付けも終わったところで、発表者の学生の一人が壇上のホワイトボードに、大きく「できっこないことをやらなくっちゃ!」と書いた。そして学生達はその文字の前に集合して笑顔で記念撮影していた。この若者達を信頼し、期待したいと思った。

 発表者の学生も参加して2013年1月15日の夜に新宿のネイキッドロフトで「3.11を語り継ぐ夜」というトークイベントが行われるそうだ。

「学生による被災地のための市民メディアプロジェクト」の詳細は
http://www.musashi.ac.jp/modules/sociology_blog/index.php?page=article&storyid=45

 「3.11を語り継ぐ夜」の詳細は
http://risetogetherjp.org/?p=3546

[PR]
by YTR3320 | 2013-01-13 16:54 | 雑感
 横浜市の本郷台で行われた今年初めての自由演奏会に参加。見知った顔も多く、沢山笑って楽しい合奏会だった。トランペットは19名ほど。トランペットの中に小学生の女の子が別の楽器を演奏するお父さんに連れられて来ていた。聞いたら去年の3月頃からトランペットを始め、2ヶ月後の喜多方での自由演奏会に参加して楽しんだとのこと。自分のレベルがどうあれ、逡巡しないで演奏する機会にどんどん飛び込んで楽しむのは素晴らしいことだと思った。

 最年長は、かつてビッグバンドでも演奏していたという81歳のトロンボーンの方。最年少は9歳。来年幼稚園に入るという女の子が一曲だけ舞台に上がってマラカスを振って参加したので、彼女が最年少かな。

 演奏した曲は、演奏順に美中の美、In Its All Glory、さんぽ(となりのトトロから)、威風堂々、ムーンライト・セレナーデ、宝島、Disco Kid、女々しくて、アルヴァマー序曲。

 一年前の本郷台の自由演奏会で参加者に衝撃を与え讃辞を浴びたサファリパークDuoの姉弟は、着実に成長し顔つきもしっかりしてきた。頼もしい。年間50回ぐらい本番を重ねてきた成果だそうだ。
サファリパークDuoのサイトはこちら
http://ameblo.jp/perc-nomura/
[PR]
by YTR3320 | 2013-01-06 22:31 | 40代半ばからのトランペット

Tp7年目:7年目の初練習

 ゼロからトランペットを習い直して丸6年が経った。今日が7年目の最初の練習だ。

 マウスピースを息で温めてから最初に小さな音で真ん中のソの音をロングトーン。倍音が出ているかよく解らないけれど、何となく良さそうだ。441Hzにセットしたチューナーを譜面台に置いて、頭の中でソの音を鳴らしてから吹いた。チューナーの針に合わせて息を調整するのではなく、普通に吹いて結果をチューナーでチェックした。チューナーの針がぴったり真ん中には来なかったが緑のランプがついて許容範囲。10月頃は、下手をすると半音の半分くらい音程が上ずっていたので、ずいぶん良くなった。

 半音階の上下行をHigh Cまで行ってから、リップスラー。リップスラーもHigh Cまで上がった。その後、Cの音階で段階的にHigh Cまで。まだ音は細いがHigh Cがだいぶ出せるようになってきている。ここまでで30分近く。

 『ナチュラルアンブシュア52週間』のLesson Fourty-Twoをメトロノームをテンポ90に合わせて行った。自分の音をよく聞きながら、指と息のタイミングが合わないところは繰り返し行ったので、一時間ほどかかってしまった。

 後は、アーバンのデュエット曲、ヤマハの宿題のHow My Heart Singsのテーマ、ブルースのアドリブ、『ザ ジャズ道 アドリブの扉』のThe Man I Love、Donna Leeのテーマをさらって、合計2時間50分ほどで練習を終了。ブルースのアドリブはコードをきちんと憶えていないので、合わない音を吹いてしまう。The Man I Loveは息継ぎが途中でうまくいかなくなる。一方でThe Man I LoveもDonna Leeのテーマもフレーズの塊毎に区切って吹くと音が以前より綺麗に太く出るようになった。課題はコードの暗記、息継ぎだな。

 今年の課題を再認識した初練習だった。
[PR]
by YTR3320 | 2013-01-02 21:44 | 40代半ばからのトランペット