2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 昨日で練習を終了。今日はXOの修理が終わるまで久し振りに使ったYTR3320と修理から戻ってきたXOを丁寧に洗ってケースにしまった。

 今年も去年と同じく吹奏楽、ビッグバンドでのジャズ、金管アンサンブルの3種類の演奏に参加した。吹奏楽は本郷台、みなとみらい、喜多方での自由演奏会と横浜の大桟橋ホールでのブラスジャンボリー。ビッグバンドでのジャズは発表会、金管アンサンブルも発表会での演奏だった。サックスクラスの忘年会や他のトランペットクラスのクラス会でマイナスワンを聞きながらのアドリブにも挑戦した。自由演奏会とブラスジャンボリーは、非常に楽しかったが今年の2つの発表会での演奏はきつかった。又、ジャズのアドリブの道は果てしなく遠い。3番のスライド管を動かせるようになってきたこと、High Cを出せるようになったきたのは進歩。

 コードの暗記、Blues Improvisationは又しても中断。トランペットの基礎力の不足を今年の発表会で感じた。

 来年こそは発表会でアドリブソロを吹きたいと思っている。又、自由演奏会と発表会での演奏をもっと楽しみたいと思う。そのためにも基礎となる楽譜読みの力を身につけ、タイムとリズムを間違えないように実力を付けたい。、音程と響きの向上も来年の課題だ。

 個人レッスンでアーバンのデュエット曲や金管アンサンブルを学ぶと共に来年もめげずにヤマハのレッスンに通い続ける。個人練習では『 ナチュラルアンブシュア52週間』のLesson Fourty-Two以降、『ザ ジャズ道 アドリブの扉』などの模範演奏の真似、ドナ・リーやブルースのマイナスワンを聞きながらのシミュレーションを来年も継続する。

 トランペットを習い発表会や自由演奏会に参加することで色々な人とお喋りしたり笑ったり出来るのは、楽しい。大変だけれど、続けてきた良かったと思う。
[PR]
by YTR3320 | 2012-12-31 19:53 | 40代半ばからのトランペット
 3年数ヶ月ぶりにヤマハのYTR3320を取り出して練習に使った。ゆっくり、確かめながら3時間近く色々な練習をした。YTR3320を使っていたときには出せなかった音、例えばハイCを音階練習や『ナチュラルアンブシュア52週間』で今日は出すことができた。今習っている先生に出会うまで、トランペットのにぎり方もよく判らず、無闇に固く握りしめていたので指の脂であちこちのメッキがはげている。以前指が触れていた場所とはまったく違う場所に今は指をそっと添えている。また、以前はピストンバルブのボトムキャップに水分がよく溜まったが、今日はまったく溜まらなかった。多分、吹き込む息から無用な力が抜けたのだと思う。音色は思ったほど改善していなかったけれど、チューナーを時々確かめると割と安定した音程を出すことができた。

 父の納骨のために中東の建設現場から一時帰国した24年前の夏に、一緒に働いていた年上のエンジニアにトランペットを買ってこいと言われて買ったのがYTR3320だ。どうやって練習したら良いのか、手入れは必要なのか色々なことが判らず随分乱暴に扱ったりしたけれど、今日はちゃんと音が出た。こいつのお陰で世界が拡がり、友達も増えた。修理に出しているXOが戻ってきたら、YTR3320を丁寧に手入れして保管しよう。時々は吹いてあげよう。
f0200336_2028466.jpg

[PR]
by YTR3320 | 2012-12-24 20:29 | 40代半ばからのトランペット

Tp6年目:YTR3320再登板

 3年前の4月から使っているXO RV‐GBSの2番抜き差し管にいつの間にか凹みが出来ていて主管のU字部分も少し凹んでいた。気がつかずに何かにぶつけてしまったり、不注意でソフトケースに入れたまま落とした時に凹んだのだろう。ヤマハ銀座に持ち込んで修理をお願いした。空になったケースには銀座の酒屋で買った「銀座のすずめ」と言う麦焼酎の一升瓶を入れて家に帰った。

 帰宅後、ケースから一升瓶を取り出し、代わりに3年前まで使っていたYTR3320に油を差してケースに入れた。XOの修理が終わるまではYTR3320が再び私の相棒だ。久しぶりのYTR3320は、どんな音で鳴るだろうか。楽しみだ。
[PR]
by YTR3320 | 2012-12-23 14:42 | 40代半ばからのトランペット
 スタジオでの練習では、トランペットの音を出す前にトランペットのスタンド、譜面台、SONYのポータブルスピーカー、iPod touch、楽譜を出してセッティングをする。最近はセッティングをしながら適当な歌を歌ったり、笑顔を作って「ハハハ、ヒヒヒ、フフフ、ヘヘヘ、ホホホ」と言ったり、短い文章を朗読している。その際にはなるべくお腹から空気を送り、喉を開き、明るい声を出すようにしている。

 身体がほぐれ、息がスムーズに出るようになることを期待してのウォーミングアップだ。効果の程は、さて。
[PR]
by YTR3320 | 2012-12-22 23:42 | 40代半ばからのトランペット