2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Tp:今年最後の練習

 年末で開放されていたレッスン室で休み休みゆっくりと約3時間練習を行った。
 最初にいつもより時間を掛けてヤマハのICレコーダーで録音しながら基礎練習。数ヶ月前までのブリキのおもちゃを吹いているような振動・雑音が減り、大分音がまとまってきた。真っ直ぐに音が出ているような気がする。他のクラスの30代、40代の生徒達に比べると唇周りの筋肉の量やアンブシュアの柔らかさは劣るけれどね。

 基礎練習の後は、アーバンのデュエット、iReal bookを使ってのDブルース、Fブルースのアドリブ、Bye Bye Blackbirdのアドリブ、Donna Leeのテーマを吹いてみた。一昨日の忘年会兼発表会で吹っ切れたので、楽しく練習ができた。コードトーン以外の音も果敢に試している。aTNの『イージー・ジャズ・コンセプション』の最初の曲もさらった。以前はどこでリズムを間違えたのかよく判らなかったが、今日はよく分かった。

 知り合いの会社員トランペッターに触発されて2003年に音も出ないのにヤマハのジャズトランペットクラスに飛び込んでしまい、あわてて買った本の中から『ジャズ・トランペット実用アドリブ・フレーズ集』(高瀬龍一編著、リズム・エコー、1999年)のKey CでのIIm-V-Iも1ページ、ゆっくりさらった。以前は全く歯が立たなかったけれど、ゆっくりのテンポなら吹けるようになったのが嬉しい。2007年1月からじっくり基礎を固めてきて、今年スタートラインに着けたと思う。

 ジャズのアドリブを学ぶ方法は、外国語を学ぶ方法と似ていると思う。文法としての音楽理論、タンゴとしてのコードや短いフレーズを学び、学んだだけでは通じないので話す・書く=実際に演奏してみることが大事だ。aTNの『ブルース・インプロヴィゼーション』はサックス奏者が書いたものなので、かなり高い音が出てきて初心者には辛い。単語としてのフレーズを身体に入れて行くには編著者がトランペッターの『』『ジャズ・トランペット実用アドリブ・フレーズ集』の方が自分には向いていると思った。

 
[PR]
by YTR3320 | 2011-12-31 18:21 | 40代半ばからのトランペット
昨日の忘年会では、最後にトランペット3本のフロントによる枯葉の演奏が行われた。真ん中の人がテーマのメロディを多用したアドリブを吹き、左右の人はそれぞれのアドリブ。同時に吹いているのだけれど、それぞれが自分のフレーズを吹きながらも、お互いをよく聴き合っていて音が衝突しない。聴いていて楽しかった。吹いた人も楽しかったと言っていた。ヤマハのジャズトランペットクラスでの合奏が目指していることが良く分かった。

今日は、iReal bookのBlues Jazzを使ってC(コンサートキーのB♭)とG(コンサートキーのF)のブルースをテンポ120で8コーラスずつ吹いてみた。メロディとリズムのアイデアは限られているけれど、以前のように何も頭に浮かば無いと言うことは無かった。苦手だった最後の小節の着地も何とか出来るようになった。練習が楽しかった。昨日の演奏会で、一歩前に進めたような気がする。アドリブは、出来ないと悩んだり基礎練習だけしているよりも、ともかく人前で吹く機会を見つけ、その機会に向けて実際にマイナスワンなどを使って吹いてみることが大事なのだと思った。

しばらくは発表会が無いので、今日からは練習メニューを次のような内容に変えた。
1.筋肉を鍛え、音色を良くする為の基礎練習
2.アンサンブルと様々なリズムパターン、音の跳躍を学ぶ為のアーバンのデュエット曲練習
3.ジャズのリズム・表現を耳から覚える為の『イージー・ジャズ・コンセプション』
4.ヤマハのレッスン課題曲、ブルース、過去にヤマハで習ったスタンダード曲によるアドリブのシミュレーション
5.その他時間があればIIm‐V‐Iとダイアトニックコードの暗記や一向に進まない『Blues Improvisation』
[PR]
by YTR3320 | 2011-12-30 15:23 | 40代半ばからのトランペット
今日はトランペットの個人レッスンを受けている先の別のトランペットクラスの忘年会に参加。スタジオでプロのトリオ伴奏で吹いてみると言う贅沢企画。

 生演奏付きでアドリブを吹くのは、トランペットをやり直す前で音が全く出なかった時にヤマハのジャズトランペットクラスの発表会で生の伴奏で吹いて以来。その時は、何もできなかったので、実質的には昨日が初めての生演奏付きでのアドリブへの挑戦だった。

 吹いてみたのはBye Bye BlackbirdとStella By Starlight。両方ともテーマ、トランペットソロ、ピアノソロ、テーマと言う構成にした。素面でのリハーサルでは大間違いせず、音符、休符をきちんと数えることができた。やれやれと本番を兼ねた忘年会ででちょっとビールを飲んでしまったら、さあいけない。音は出なくなるは、途中で音の長さ・拍を八が間違えるは、額に大粒の汗をかきながらの演奏になった。僕の場合は本番前にお酒を飲んではいけないな。でも拍を間違えても途中で気が付いて、元に戻すことも出来たし、何とか曲らしき物には出来たように思う。楽しかった。

 浮かび上がった課題は、何と言ってもフレーズ、リズムの引き出しの少なさとアーティキュレーションなどの表現力(テクニック)の乏しさ。色々な曲を吹いたり、聴いたり、聴いてコピーしたり、iReal bookを使って試したりしてこの課題を少しずつ解決していこうと思う。1日の練習時間が限られているので、自由演奏会やレッスンも上手に利用しよう。練習の時に使う教材を迷う。ジャズ特有のリズム、フィーリングを耳で覚えるためにaTNの『イージー・ジャズコンセプション』を使ってみるかな。

来年は知人のセッションに参加できると良いな。
[PR]
by YTR3320 | 2011-12-29 23:04 | 40代半ばからのトランペット
仕事や体調の問題でトランペットの練習が出来ない日には短い時間でも口笛を吹いてみると良いと先生に勧められた。

 口笛を吹く時の口の形とトランペットを吹く時の口の形は同じでは無い。けれども口笛を吹くこととトランペットを吹くことには3つの共通点が有るのだと先生は言う。唇をつぼめる(『金管奏法革命』では「引き締める」と表現)こと、息を揺らさずに真っ直ぐに出すこと、その為にリラックスしてお腹から空気を出すことだ。

緊張したり、疲れていたりすると口笛もトランペットも鳴らない。息が出ても量が安定せず揺れたり途切れたりすると口笛もトランペットも音が途切れたり鳴らない。口の中を広くしてリラックスしてお腹から空気を出す。

トランペットを吹いていて調子が悪い時に口笛を吹いて息を整えると調子をリセットすることが出来るそうだ。

とは言え、口笛とトランペットは違うので、長く口笛を吹き過ぎるのも良くないそうだ。
[PR]
by YTR3320 | 2011-12-28 19:02 | 40代半ばからのトランペット
 何ヶ月か前のヤマハのジャズトランペットクラスの録音を聴いていて、えっ?と思った。
 自分のアドリブの部分で聞こえてきた音が、トランペットの音なのに、自分の声そのものだったからだ。トランペットが鳴っているのに、自分の話し声のようだった。

 だったら、明るい音を出そうと思ったら明るい声で話すことを、暖かみのある音色で吹こうと思ったら暖かい声で話すことを繰り返して行けば良いのかな。
[PR]
by YTR3320 | 2011-12-26 21:51 | 40代半ばからのトランペット
f0200336_20353894.jpg

レッスンで教わっている曲の中に人差し指、中指、薬指を押したド#から薬指だけを上げるラに移る部分が出てくる。薬指が上がってくれなかったり、他の指が釣られて動いたりで、上手に出来ない。

岡崎好朗さんが、右手小指をトランペットのリングから外すことがあると書いていたのを思い出した。そこで、試しにリングから小指を外してみた。ド#からラへの移動がスムーズに出来た。又、右手小指をリングから外すことで、ピストンを上から真っ直ぐに押せるようになった。

 次にリングに再び小指を入れて、右手の指の動きを観察してみた。薬指を上げようとすると隣の小指も一緒に上がろうとする。しかし、リングに拘束されて小指は少ししか上がれない。この為、薬指の動きも抑えられてしまっていたのだった。小指が拘束されることにより、右手全体に余分な力も掛かっているようだった。

僕の腕の長さ、指の長さ、手の大きさに合った余分な力が入らない右手の位置を探ってみよう。
[PR]
by YTR3320 | 2011-12-24 20:35 | 40代半ばからのトランペット
f0200336_2326398.jpg
 横浜の桜木町駅前で行われた自由演奏会に参加してきた。鎌倉大仏前での東日本大震災復興応援自由演奏会以来、久し振りの参加。僕は吹奏楽部の経験が無く、40代半ばからきちんとトランペットを習い始めたので、吹奏楽の楽譜を追うだけでも精一杯。それでも、自由演奏会への参加を続けていると名前は覚えていないけれど見知った顔が少しずつ増えてくるし、吹けるところだけ吹けば良い、演奏することを楽しもう、という自由演奏会の雰囲気がとても楽しい。

 今日も何度か雪がちらつくような寒空だったけれど、とても楽しい時間を過ごすことができた。自分がどこまで吹けるようになったか、吹奏楽の楽譜をどこまで読めるようになったか、苦手なところや課題は何か、ということも分かる。そして、それが孤独な練習の励みになる。

  今日の自由演奏会は、冬至の翌日。指揮の杉山淳さんが、今日から再び日が一日また一日と長くなっていくのだ、今年も何とか乗りきったことに感謝というような挨拶をしていた。そうだ。今年も生きることができた。明日もそして明後日も、毎日をしっかり生きていこう。

 杉山淳さんと事務局に感謝。

 次回の自由演奏会は、来年2012年1月8日神奈川県の本郷台で行われるそうだ。今年も本郷台の自由演奏会に参加して、楽しかったのだった。
http://www.geocities.jp/jiyuu_hongoudai/
[PR]
by YTR3320 | 2011-12-23 23:25 | 40代半ばからのトランペット
 11月初めに買ったVカップのマウスピースNY Classic 5VSの使用を止めてヤマハ17B4Nに戻した。

一番大きな理由はカップ形式の違いでは無く、マウスピースのリム内径の違いだ。NY Classic 5VSのリム内径は16.5ミリ。ヤマハ17B4Nは17.3ミリ。わずか0.8の違いだけれど、1時間くらい練習で吹いているとNY Classic 5VSの方は窮屈になって来て、唇が硬くなったり、アンブシュアが乱れたりする。ヤマハ17B4Nも疲れてくるとアンブシュアが乱れるが、わずかでも大きいからかリセットしやすい。窮屈感は無い。微妙に大きすぎるように感じる時もある。リム内径の1ミリに満たない違いが、こんなに吹きやすさの違いになるとは思っていなかった。

もう一つ、ヤマハ17B4Nに戻した理由がある。低音をNY Classic 5VSよりもヤマハ17B4Nの方が僕には鳴らしやすかったのだ。リム内径の違いが原因か、カップ形状の違いが原因かは分からない。
[PR]
by YTR3320 | 2011-12-13 19:13 | 40代半ばからのトランペット
 今年のケルティッククリスマスは、近年の中でも最高だった。予約したときに送られてきたチラシには、コーラスグループのアヌーナANUNAとダンスグループのザ・ステップクルーThe Step Crewの名前しかなかったが、実際には12月12日に青山CAYで復興支援コンサートを行うリアム・オ・メンリィLiam O Manlaiが最初に登場して30分歌った。

 リアム・オ・メンリイの様々なスタイルと感情のこもった歌唱、次に登場したANUNAのリーダー、マイケル・マグリンによるANUNAの東日本大震災被災者(宮城と福島)訪問の報告と応援の言葉、全てアカペラのANUNAの澄み切った歌唱(リアム・オ・メンリィが加わっての歌も有った)、そして圧巻は疲れを知らないThe Step Crewの一時間のダンスと演奏のパフォーマンス。こんなにダンスを堪能したのは何年ぶりだろう。The Step Crewを支えるバンドと歌手のこれまた素晴らしく格好良いこと。

 ありがとうプランクトン。
http://www.plankton.co.jp/xmas11/index.html

 リアム・オ・メンリイの被災地へのメッセージはこちら。
 http://www.plankton.co.jp/info/m_liam.html
[PR]
by YTR3320 | 2011-12-10 23:27 | 音楽・舞台・映画
 本日(2011年12月4日)に旧豊島公会堂で豊島ミュージックフェスティバルが行われる。そのプログラムの一つとして自由演奏会も行われる。去年、初めて参加してとても楽しかったのだけれど、今年はヤマハのレッスンと重なって参加できず残念。

 その代わり、自由演奏会の事務局から桜木町駅前で12月23日に自由演奏会を行うので、こちらはいかがですかとの案内を頂いた。こちらには参加したいと思う。詳細は以下の通り。
楽しみだなぁ。

==みなとみらいクリスマス自由演奏会==
●日時
 2011年12月23日(金・祝) ※荒天中止
  9:30 JICA横浜 体育館に集合・受付
 10:00〜合奏練習
12:00〜桜木町駅前へ移動
 13:00〜桜木町駅前で公開リハーサル(休憩自由)
 14:00〜桜木町駅前で1回目コンサート本番
 15:00〜桜木町駅前で2回目コンサート本番
 終演〜みんなで片付け

●会場
【午前中練習会場】
 JICA横浜 体育館
 神奈川県横浜市中区新港2-3-1
 http://www.jica.go.jp/yokohama/office/access.html
 JR・市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩約15分
 みなとみらい線「馬車道駅」より徒歩約8分
 みなとみらい100円バスで「ワールドポーターズ」下車徒歩3分
 練習会場のJICAには自家用車の駐車場がありません。
楽器を下ろして、徒歩6分の「日新万国橋駐車場」(1日1,500円)
 かまたは、カップヌードルミュージアム・万葉の湯などの
 駐車場をご利用ください。
 http://www.ipos.co.jp/p/detail.aspx?id=M27000244

【午後公開リハーサル・コンサート会場】
 桜木町駅前広場

●指揮とお話
 杉山淳

●演奏予定曲
 クリスマス・フェスティバル
そりすべり
 マル・マル・モリ・モリ!
           ほか

●演奏参加費
 1,000円(中学生以上)…当日お支払いください
 *小学生未満の演奏参加者および観覧・鑑賞は無料

●持ち物
 楽器・譜面台・タオル(つば拭き用)・風対策グッズ・参加費。
 防寒着・昼食・飲み物など

●事前練習・交流会
 当日はほとんど合奏練習です。
 普段楽器を吹いていなくて自信がない,事前に楽譜を見てみたい
 という方にも嬉しい、事前交流会(任意参加)を企画しました。
 12月11日(日)戸塚駅西口から徒歩5分の男女共同参画センターで
 音出しやおしゃべりをしてみませんか?
 9時〜12時音楽室・13時〜17時セミナールーム3
 参加費は500円
 ご参加お待ちしております♪
 
●お問い合わせ(自由演奏会事務局)
 TEL:070-6649-4925(月・水〜金は17時以降のみ,火土日終日可)
 FAX:050-3488-0252(FAX)
 E-mail:jiyuu-ensoukai@wm.pdx.ne.jp

●参加申込フォーム
http://www.efeel.to/survey/jiyuu-mm21/
[PR]
by YTR3320 | 2011-12-04 00:35 | 音楽・舞台・映画