2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー

<   2011年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

先日、有るところでどんな性格の人の方がトランペットの上達が早いだろうかと言う話になった。

出来ないことを余り気にせずに、一つでも以前より出来ることが出来たり、ちょっとでも演奏できる部分があったら「ヤッタ!」と素直に喜び人は、上達が早いそうだ。

足掛け3年、サックスクラスの人達と飲み会を兼ねて合奏の練習したり、自由演奏会への参加を重ねている内に、僕は、出来ないことにがっかりするより、「この音を今日は出せたじゃん。やったぁ」、「演奏することを楽しんじゃおう」「今日はこんなことを教えて貰ったぞ、気がついたぞ、ラッキー」と思うように変わってきた。

上達が早くなるかな。
[PR]
by YTR3320 | 2011-05-30 21:33 | 40代半ばからのトランペット
 昨日、2011年5月28日は鎌倉YMCAhttp://www.yokohamaymca.org/branch/ymca_kamakura.htmlが、鎌倉の大仏がある高徳院で開いた東日本大震災復興応援自由演奏会@鎌倉大仏に参加して演奏してきた。4月3日の桜木町、5月3日の会津若松に続いて3回目の復興応援自由演奏会への参加だ。

 雨だったことが関係したのか、参加者はこれまでの2回より随分少なくて、スタッフも含めて64名だったとのこと。トランペットパートは、10名から15名くらい。去年初めて参加した12月の自由演奏会 in TMFなどでも顔を合わせた人が何人も来ていた。リハーサルは、参拝者が普段は入れない書院内の畳の部屋に絨毯をしいて、行われた。部屋の一面にある廊下の大きなガラスの引き戸越しに日本庭園をみながらの少人数でのリハーサルは、何とも良い雰囲気だった。

 本番時も雨だったので、大仏に向かって左側の回廊で演奏を行った。雨の中、演奏を聴いて下さった方に感謝。
 
 演奏した曲は、演奏した順番に、カンタベリーコラール、陽はまた昇る、ありがとう、ヤングマン(YMCA)、ドント・セイ・ザット・アゲイン、宝島、恋のカーニバル、上を向いて歩こう。

 自分としては以前よりも少し演奏できる部分が増えたり、小節数の数え間違いが減ったりと、参加を重ねる毎に少しずつだけれど、自分の成長を感じる事ができた。もちろん、吹奏楽部経験者らしい人達と僕の差は歴然としていて、沢山の課題も見えた。自由演奏会への参加自体が、練習になるし、合奏は楽しい。

 1時間の本番は、あっという間に過ぎてしまったけれど、今回も参加して良かった。大仏の裏の山の緑もきれいだった。鎌倉YMCA及び自由演奏会の杉山淳さん、佐藤さんほかに感謝。

 募金結果は、追って鎌倉YMCAから報告が出されるそうだ。
[PR]
by YTR3320 | 2011-05-29 20:14 | 40代半ばからのトランペット
 僕の古い友人からの活動報告(2011年5月26日付)を転載。

--ここから--
関係各位

こんにちは!
田んぼを渡る風が心地よい長岡です。
このまま順調に育ち豊作の秋を期待します。

さて、
昨日、日帰りで福島県会津若松市へ行きました。
今回はエコ・ライス新潟の菅原さんと一緒です。
彼女は透析患者なので2日に1回の透析治療があるので、日帰りが限界です。

地震発生から2ヵ月半が過ぎて被災者のニーズも変化しています。
エコ・ライス新潟から企業賛助を得て透析患者への透析食等を直接病院・避難所に届けるのは最後になります。
病院や患者、避難所からから追加支援の要請があればいつでもお応えします。
今後の支援は(社)全国腎臓病協議会の皆様と相談をさせて頂き、どのような支援が必要で効果的なのかを相談して決めます。

5/29には名古屋市で全腎協結成40周年記念大会に出展します。
全国から集まる透析患者の代表の皆様に、災害への備えの必要性(自助、公助)を呼びかけて参ります。
「自分のみは自分で守る」しかありません。

6/4-5は、認定NPO法人アレルギー支援ネットワークとともに、宮城県名取市で熱気球をあげて子供達に復興していく街の姿を見てもらうプロジェクトの手伝いで、田植えが終了したエコ・ライス新潟代表の阿部信行と私の4番目の子供心(小4)と3人で行きます。
名取市の子供達と交流が出来ればと思います。

6月中旬には東京家政大学生と越後湯沢の「赤ちゃん一時避難プロジェクト」へ、アレルギー対応の米粉スイーツをガトウ専門と一緒に作り届けます。
今回は学生が子供達と思いっきり遊ぼうと企画しています。
食育の道を目指す彼女たちにとって貴重な体験となるでしょう。

ところで、
私が住む見附市にも福島県からの透析患者の方が公民館に避難していると、ついさっき取引業者の方に教えてもらいました。
灯台下暗し・・・。まともに家に帰っていない証拠ですね。
明日、公民館を訪ねてみます。

有限会社エコ・ライス新潟
NPO法人米ニケーションセンター
豊永有
f0200336_6193946.jpg

--ここまで--
[PR]
by YTR3320 | 2011-05-28 06:20 | 災害

Tp:亀の歩みの現在位置

 個人レッスンでのアーバンデュエット曲がNo.30 SPANISH ROYAL MARCHに進んだ。この曲はA Majorの4分の2拍子、32小節の曲。殆どが、四分音符、八分音符、付点八分音符が1小節だけ16分音符だけでできていてスタッカートで吹かなければならない小節がある。16分音符でのスタッカート、自由演奏会で僕が苦手にしてきた4分の2拍子の克服に丁度良い教材だ。

 唇の周りの筋肉は、今も少しずつ付いている。一方、右手の中指と薬指の筋肉はまだまだまだ。Confiramationのテーマは、以前よりよく吹けるようになっているが、まだ3連符で指がもつれたりする。筋肉の問題だけでなく、音程のイメージの問題もありそうだけれど、地道に練習を続けていくしかないなと思う。Blues Improvisation Completeは、D Blues Scale Exerciseをテンポ60で漸く終えたところ。明日以降、テンポを72か84に上げてみる。亀の歩みなので、この本を終えるのに何年かかるかな。

 今度の土曜日、5月28日は鎌倉大仏前での東日本大震災復興応援自由演奏会に参加する。http://www.yokohamaymca.org/program/20110528gi.html

 合奏は楽しいし、自由演奏会に何度も参加していると同じ曲が出て来るので、少しずつ吹ける小節が増えていく。日頃の地味な練習の成果(音の響き、楽譜への反応、音程の拡がり、周囲の音への反応)を実感できるのも嬉しい。5月28日も楽しみだ。
[PR]
by YTR3320 | 2011-05-22 19:47 | 40代半ばからのトランペット
夢のようなひとときだった。

昨日、2011年5月16日に銀座のヤマハホールでアレン・ヴィズッティトランペット・リサイタルを聴いた。

 アレン・ヴィズッティ(ALLEN VIZUTTI)が、夫人のローラ・ヴィズッティ(LAURA VIZZUTTI)のピアノ伴奏で行なったものだ。

 演奏された曲は、
●アレブレヒツベルガー/トランペットのためのコンチェルティーノ 変ホ長調
●ヴィズッティ/アンダンテとカプリッチオ
●ヴィズッティ/トランペットのためのソナタ 第3番
●ベルシュテット/ナポリの主題による変奏曲

 20分の休憩の後は
●ガーシュイン(ヴィズッティ 編)/ジョージ・ガーシュイン・メドレー
●ビゼー/歌劇『カルメン』より “ジプシーの踊り”
●アーレン/虹の彼方に
●スタイガーズ/ヴェニスの謝肉祭

 7時を少し過ぎてから短いアンコール曲を終えた8時45分くらいまでの時間だったが、1952年生まれ、今年59歳とは思えない技巧、華やかな響き、なめらかな音程の変化を堪能した。夢のような一時だった。

 ヴィズッティのホームページは、http://www.vizzutti.com/
[PR]
by YTR3320 | 2011-05-17 18:06 | 音楽・舞台・映画
昨日、2011年5月15日にTokyo StackArt Wind Ensembleの第1回定期演奏会〈東日本大震災復興支援チャリティコンサート〉を聴いてきた。
http://tokyo-stackart.com/

演奏された曲は次の通り。
「キャンディード」序曲
マーチ「ライヴリー アヴェニュー」
天国の島
ウィークエンド・イン・ニューヨーク
アルセナール
カンテベリー コラール
バレエ組曲「ガイーヌ」より ※この曲は剣の舞で知っていた。

アンコールは
アンジェラ・アキの「手紙〜拝啓 十五の君へ〜」
そして、締めは東京正人吹奏楽団からの伝統と言って良いサンダーバード。

あっという間の楽しい演奏会だった。帰宅途中に、スタジオでいつものように2時間ほど練習したが、良い演奏を聞いたことが刺激になったのか、響きのある音が出て何だか調子が良かった。
[PR]
by YTR3320 | 2011-05-16 12:42 | 音楽・舞台・映画
 僕の古い友人の豊永有氏からの2011年5月14日付報告を本人の了解を得て転載。

--ここから--
昨日まで2日間、福島県を回りました。
岩手県に比べれば新潟に近いので気楽なつもりで向かいましたが、やはり、福島県も大きい。
しかも、いわき市から相馬市に移動するには福島原発を避けるルートになるので、もの凄い大廻!
今回は同僚の三師亮(ミツモロマコト)さんに全て運転を任せました。

支援物資をご協力頂きました、石井食品(株)様、ベータ食品(株)様、ありがとうござました。
加えて、二本松の避難所でベータ食品のカルフェロの熱狂的な避難者が、「低リン牛乳を飲みたい!」とのリクエストがありその場でベータ食品の原社長様に電話を掛けたら快く低リン牛乳の支援を快諾されました。重ねてお礼申し上げます。

仮設住宅の建設が進んだこと、2次避難所としてホテル、旅館に移った避難者が多かったことなど、日々状況が変化していきます。
その中で、今後どのような支援が出来るのかは(社)全国腎臓病協議会の方々と相談して進めたいと思います。

今回の福島県は原発により「30km圏内」の透析患者の情報が掴めない中で、集中的に透析病院を回りました。
現場で常に透析患者、慢性腎炎(保存期)の患者と接している看護師の方から情報を頂けたことは収穫でした。
電話を受けたのが7年前の中越大震災で慢性腎炎で食事制限ができずに、半年後に透析になった菅原さんが受けました。何か運命的なものを感じざるを得ません。

個人情報保護法の壁は、食品表示ができずに必要な情報を伝えられないことと双璧をなす、
被災者支援に大きく立ちはだかる問題です。
まぁ、当たり前のことですが、医療機関の方からの協力を頂ければ、もっとスムーズにタイムリーに支援ができるのに・・・。
今後の検討課題です。

有限会社エコ・ライス新潟
NPO法人米ニケーションセンター
豊永有
f0200336_18594296.jpg

--ここまで--
[PR]
by YTR3320 | 2011-05-14 19:00 | 災害
 何度も手を出しては、挫折した『Blues Improvisation Complete B♭』(邦題「ブルース・インプロヴィゼイション B♭インストゥルメンツ」、JEFF HARRINGTON, ATN)に再挑戦を始めた。

 今月のヤマハ・ジャズトランペットのレッスンで自分の持っているリズムパターン、メロディラインの余りの貧弱さを痛感したので、基礎の基礎からじっくりブルースのトレーニングをすることにしたのだ。この本の問題点は、著者がサックス奏者なので五線譜のはるか上のファ(F)までの音が出て来ることだ。部分的に1オクターブ下げて練習しなければならない。1オクターブ下げても高い音が出て来るが、最近五線譜の上のド(C)の音まで出るようになってきたのも、再挑戦する気になった理由だ。

 この本に書かれているとおりの練習方法で12キーを終えるのには、一体何年かかるか解らないけれど、音楽、特にアドリブを吹けるようになるには近道は無さそうなので、仕方がない。覚悟を決めて、今日から取組始めた。
[PR]
by YTR3320 | 2011-05-14 18:42 | 40代半ばからのトランペット
自由演奏会の提唱者の杉山淳さんが、会津でのふくしま応援自由演奏会でだったと思うけれど、こんなことを言っていた。

〈俺たち吹奏楽部は、応援団だ。フィールドの上でプレイすることは出来ない。けれども、プレイしている場所に駆けつけて、プレイしている選手と一緒に泣き、笑い、悔しがり、喜ぶ。
応援してくれる人がいるから、選手達は、一層の力を出せる。〉

 4月3日の桜木町での自由演奏会も5月3日の会津若松での自由演奏会も、5月28日の鎌倉大仏前での自由演奏会も復興応援自由演奏会だ。支援自由演奏会では無い。

 僕も応援なら出来る。自分のことと同じように被災地のことを考え、関心を持ち続け、出来ることを続けよう。
[PR]
by YTR3320 | 2011-05-13 23:21 | 災害
「YMCA東日本大震災復興応援イベント自由演奏会@鎌倉大仏」の詳細が発表されていた。
http://www.yokohamaymca.org/program/20110528gi.html
--抜粋--
【開催日】2011年5月28日(土)
【会場】大異山高徳院清浄泉寺「鎌倉大仏」(神奈川県鎌倉市長谷4丁目2-28)
※雨天の場合、境内回廊を予定

【演奏指導】杉山 淳
上野の森ブラス テューバ奏者 YMCA高等学院吹奏楽部講師 自由演奏会発起人

【当日タイムテーブル】
9:30〜 受付開始
10:00〜 リハーサル
14:00〜 コンサート
15:00〜 終演・片付け
※途中参加、途中退場も可、途中休憩自由昼食です。

【演奏予定曲目】
♪陽はまた昇る(東北大震災復興応援のために、フィリップ・スパーク氏より贈られ
た曲)
♪上を向いて歩こう
♪カンタベリー・コラール
♪YMCA
♪宝島 他
※ 楽譜は吹奏楽譜を使用します
※『陽はまた昇る』(フィリップ・スパーク作曲)の楽譜は発売中で、その収益はすべ
て日本赤十字社を通じて震災に寄されます(バンドエイドプロジェクト)

【応募資格】楽器をお持ちなら、年齢、国籍、演奏レベル等は一切不問です。

【参加費】1,000円、未就学児無料
※収益の全額をYMCAの東日本大震災支援募金に寄付します
※当日受付にて支払い。 ※途中参加、途中退場の場合も同額です
※リハーサル見学とコンサート鑑賞は無料です

【持ち物】
楽器・譜面台・洗濯ばさみなど風対策グッズ・参加費

【募集期間】
2011年 5月 9日(月)〜 5月25日(水)
※当日参加もできますが、準備の都合上なるべく事前申込していただけると助かりま
す。
※事前申込みしていただけると当日の受付手続きがスムーズにできます。

【参加エントリー方法】
下記URLより手続をしてください。
http://bit.ly/lEClIR


境内入館料(大人200円、小学生100、未就学児無料)は、別途必要。

桜木町、会津若松に続いて参加してきます。
[PR]
by YTR3320 | 2011-05-11 23:20 | 40代半ばからのトランペット