2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー

<   2011年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Tp:練習とメトロノーム

初心者向けのトランペットの教本には、大抵の場合、「メトロノームを使って練習しよう」という趣旨のことが書かれている。

 トランペットをゼロからやり直し始めてから最近迄、4年あまりの間、基本的にはメトロノームを使わずに練習をしてきた。手拍子を叩いたり、指揮の腕振りをしながら歌ったり、頭の中でカウントを取って吹くことをして来たが、メトロノームは使わなかった。

 メトロノームを使わなかった理由は、
1.実際に演奏する時にはメトロノームを使わない(指揮者、一緒に演奏している人を見たり聴いたりしてテンポを合わせる)、
2.メトロノームを聴くことに一生懸命になって手や腕に力が入ってしまう。メトロノームに気を取られて指や顔に余計な力が入ってしまい、かえってあたふた、混乱してしまう。
からだ。
 
今年3月、4月のヤマハ・ジャズトランペットクラスで、マイナスワンを使わずにDonna Leeのアドリブ合奏をして、自分のテンポが速くなったり遅くなったり安定しないことが気になってきた。一方で、基礎練習を続けてきたお陰で、だいぶ余計な力が抜けて、顔の筋肉がついてきたし、指使いも憶えてきた。

 そこで、最近は指の筋肉を鍛える基礎練習とDonna Leeのテーマ練習に限ってメトロノームを聞きながら吹いたり、歌うことを始めた。8分音符を感じながら、身体の中で一定のテンポを保つことが出来るようになりたい。テンポは、120から。

 僕の場合には、初心者向け教本の多くが説くこととは違って、数年掛けて音を出すことに必要な筋肉がつき、指も動くようになった後だから、メトロノームを使った練習に取り組めるのだと思う。
[PR]
by YTR3320 | 2011-04-30 18:52 | 40代半ばからのトランペット | Comments(2)
食事制限被災者への支援活動を行なっているNPO米ニケーションセンターの豊永有氏から昨日、2011年4月28日に報告が届いた。
内容は以下の通りだ。
・食事制限被災者への支援活動を中日新聞、毎日新聞が取り上げてくれた。
・「盛岡アレルギーっ子サークル・ミルク」に支援物資を届けている。
・認定NPO法人アレルギー支援ネットワークと被災地でアレルギー支援活動拠点を探していた。
・被災地に近くて、ボランテイァが宿泊できて、荷物が置けるという難しい条件なので苦労した。
・最終的には様々な方にご紹介、サポートを頂いて、大船渡市の岩手県教職員組合の会館をお借りできることになった。
・GW明けからボランティアが大船渡市を拠点にアレルギー支援活動を始める。アレルギー食の炊き出しをはじめとした活動。
・食材は㈱永谷園様、CoCo壱番屋様、㈱石井食品様、㈱げんきタウン、㈱まつや様など、多くのアレルギー商品を製造しているメーカーにご協力を頂いている。
・又、多くの方から支援金も頂戴し感謝している。ご支援頂いている皆様に心からお礼を申し上げる。
[PR]
by YTR3320 | 2011-04-29 09:18 | Comments(0)
I have found following announcement.


The Soma City Earthquake Disaster Orphan Scholarship Fund (Fukushima, Japan)
Soma City is accepting donations to a scholarship fund established for children left orphaned by the March 11, 2011 earthquake and tsunami.
Donations go toward academic and living expenses.
We deeply appreciate your sympathy and support.


For Detail:
http://www.city.soma.fukushima.jp/0311_jishin/gienkin/tunami_orphan_E.html
[PR]
by YTR3320 | 2011-04-28 20:40 | 災害 | Comments(0)
 明日(4月29日)のファームエイド・銀座に続いて同じ、銀座紙パルプ会館で以下のシンポジウムを行うとの銀座ミツバチプロジェクトからの連絡があった。

「4月30日被災地支援シンポジウム」
http://www.gin-pachi.jp/2/topics/376

日 時:平成23年4月30日 13:00〜15:30
参加費:無料

【プログラム】
第1部 被災地からの報告(13:00〜13:50)
第2部 食品安全委員会からの報告(13:50〜14:30)
第3部 首都圏に住む我々の出来ること(14:30〜15:00)
          報告&パネルデスカション

【会場】 紙パルプ会館3F会議室
(東京都中央区銀座3−9−11 TEL03−3543−8111)
銀座線「銀座」駅より徒歩2分(A12の出口)
http://www.kamipa-kaikan.co.jp/access.html
[PR]
by YTR3320 | 2011-04-28 08:00 | 災害 | Comments(0)
「茨城緊急復興支援マルシェin銀座」が行われる。

開催日:2011年4月30日(土)
場所:銀座紙パルプ会館/フェニックスプラザ
(東京都中央区銀座3-9-11)
時間:10時から夕方まで(多分17時頃まで)
3月11日に発生した東日本大震災及び原発事故の影響により、茨城県では自粛対象外の農産物についても風評被害により出荷への影響が出ております。
そのような状況の中、風評被害を吹き飛ばすよう、茨城の農産物を支援するマルシェを銀座の3丁目、紙パルプ会館にて開催します。
出店例:大子町奥久慈しゃも汁、大子地ビール、こんにゃく、味噌、豆乳、福島の酒等


当日の販売などのボランティアも募集しているそうだ。
http://ginzahoneybee.blog114.fc2.com/
[PR]
by YTR3320 | 2011-04-26 12:16 | Comments(0)
 4月3日の桜木町での東日本大震災復興応援自由演奏会では寒さと疲労で唇が硬くなり、音がたびたび詰まってしまった。同じ先生に個人レッスンを受けている年上の仲間から、「腹の下に力を入れて、腹の下から空気を出すと良いよ。」とアドバイスを受けた。でも、本番では夢中になってしまいお腹に力を入れるところまで気が回らなかった。

 現在、個人レッスンで練習しているアーバン金管教本のデュエット曲No.29 PRAYER TO THE VIRGINも唇に力を入れずに吹くことが課題の曲だ。息継ぎと息継ぎの間が長く、また、8分音符の後に休符無しの息継ぎもある。息継ぎできちんと息を吸い、臍の下のいわゆる丹田の辺りだけに力を入れて、臍の下からたっぷりの息をしっかりと送る必要がある。僕は、それが出来ていないので、唇に力が入ってしまい、響きの無い硬い音になってしまったている。昨日は、丹田だけに力を入れて繰り返し吹いてみた。

 ヤマハ・ジャズトランペットクラスのアドリブの教材であるCharie Parker作曲のDonna Leeのテーマも唇に力を入れず吹かないと吹き切ることが出来ない。特に出だしの高いラ・シ♭・ラは、頭や唇に力を入れたら出ない。丹田だけに力を入れて吹く。それをテンポ120にセットしたメトロノームを聞いたり、頭の中でカウントを取って繰り返した。一週間前は、最初のラを出そうとすると顔と首に力が入り、頭が前に動いてしまっていた。顔に力を入れずに、丹田の力だけで吹くことを心がけて、繰り返し練習したら、頭の動きが小さくなって音も出るようになったと思う。

 頭を動かさずに、唇に力を入れずに高い音を吹けるようになりたいな。

 スタジオで練習すると鏡で頭の動き、姿勢のチェックが出来る。
[PR]
by YTR3320 | 2011-04-25 22:25 | Comments(0)
 昨日のエントリーに載せた友人による食事制限者への支援活動以外に、僕が関わっているグループが行おうとしている支援活動を次の通り紹介する。

1.2011/4/29 ファームエイド・銀座@銀座紙パルプ会館
  http://www.farmaidginza.com/1/topics/90
  被災地支援のための物販の他、都市と地方の交流に
  関するフォーラム、展示など。ミツバチ見学会は既に満員。
  フォーラムはまだ空席あり。東北の美味しい物も販売される。
  僕は当日は朝から会場で手伝い。
  場所は、銀座紙パルプ会館(東京都中央区銀座3-9-11)

2.2011/4/30 茨城応援物販@銀座紙パルプ会館
  ファームエイド・銀座の翌日に同じ場所で茨城県応援
  のための物販が行われるそうだ。

3.幼い難民を考える会が被災地での「あおぞら保育」準備を開始
 幼い難民を考える会(CYR)が、被災した子どもたちのための
「あおぞら保育」を始める準備を進めている。
東京では、保育や子ども心理に詳しい専門家による支援チームが
立ち上がって、震災後の子どもたちの心のケアのために必要な
遊具や教材の種類について話し合いを行ったとのこと。
遊具・教材は購入するほか、優しいぬくもりが伝わるように
手づくりのものも取り入れ、第一弾として、30セットを「あお
ぞら保育」の場所や避難所・仮設住宅などに寄贈すると。
CYRでは、きれいな状態の絵本やキャノンプリンターPIXUS iP4200
  対応インクその他を募集している。
  募集している絵本のタイトル、募集している物品など詳しくは、
  http://www.cyr.or.jp/cyrblogs/index_000241.html
 
他に、企画している人をよく知っているわけでは無いけれど、興味がある
応援企画は次の通り。

A.2011/5/3 ふくしま応援自由演奏会@会津
  福島県災害対策本部への義援金募金のために
  会津若松の福島県立博物館エントランス広場に
  楽器を演奏できる人が、楽器を持って集まって
  演奏するというもの。一人一人が演奏できる部分
  だけ演奏すれば、全体できちんと音楽になるという不思議な
  演奏会。楽器演奏経験が少しでもある人は、是非参加を。
  詳細は
  http://ameblo.jp/aidu-jiyuuensoukai

B.被災地の子供達に楽器を!「楽器 for Kids!」
  バリトンサックス奏者の武田和大さんという方が。被災地の
  高校生以下の吹奏楽団体に管楽器を贈ろうというプロジェクト
  を立ち上げ、手伝ってくれる人も募集しているそうだ。
  詳細はこちら 
  http://web.me.com/dodekachordon/bf/
[PR]
by YTR3320 | 2011-04-24 09:25 | 災害 | Comments(0)
 僕の古い友人から送られてきた2011年4月23日付の報告を、本人の許可を得て転載。

--ここから--
関係各位

岩手は広い!そして、山道は険しい・・・。5日間で1721kmを駆け抜けました。
今回、学生時代に岩泉町の畜産の開拓を手伝をした大学の先輩の家に一泊しました。
寒波が戻った今週は、標高1000m弱の山岳地帯ですが、何と雪が50cmも積もっていました。
先週、冬タイヤから夏タイヤに換えたばかりで、
凍結する細い山道を背中に汗をたらしながら走り抜けました。
春の岩手をなめちゃいけません。いつもで真冬に戻れます。

さて、
今回は、避難所の担当者、自治会長、保健師の方々に、
透析患者の制限食の必要性を説いて回りました。
前回まで食糧支援で配布だけでしたが、避難者のお話を聞くと周囲に気兼ねして食べることが出来ないとのこと。
それであればと、避難所の運営の中心の方々を説得して食べ易い環境を作ろうと言うことになりました。

避難所それぞれ自治ができていて、その方々の意見を尊重しながら、
直接、透析患者に制限食を渡せるところもあれば、
「他の人の目に付かないよう」ということで別室の介護教室(ここは小学校)に置かせてもらい、
透析患者が取りに行くなど避難所毎に対応しました。

病院のドクター、看護師の方は「体重が増えている」「カリウム・リンの数値が高くなっている」との指摘。
私たちの活動を大いにやってほしいとエールを送られました。
体重増加の原因の一つが「自衛隊の食事がうまうぎること」のようです。
つい味噌汁をおかわり・・・。してしますとのこと。
一方ではカップ麺、果物(ともに透析患者にはNG)ばかり食べていて体重を増やす方も・・・。
事情が千差万別。

避難所の保健師の方々も支援品がカップ麺や缶詰、スナック菓子ばかりなので、
透析患者だけではなく、一般の方にもよくない。
けど食糧も調理するところも無い、ないない尽くしなので、
仕方なく現状を追認しているしかありません。
「追加で支援していただけますか?」と各地の保健師の方に聞かれました。
保健師の方も苦悩しています。

これから名古屋に向かいます。患者会で震災支援の報告をしてきます。

有限会社エコ・ライス新潟
NPO法人米ニケーションセンター
豊永有
f0200336_12363460.jpg

--ここまで--
[PR]
by YTR3320 | 2011-04-23 12:37 | 災害 | Comments(0)
 @bakarappaさんのツイート経由で知ったが、バリトンサックス奏者の武田和大さんという方が。被災地の高校生以下の吹奏楽団体に管楽器を贈ろうというプロジェクトを立ち上げ、手伝ってくれる人も募集している。

 詳細はこちら 「被災地の子供達に楽器を!Brass Feathers Project」
http://web.me.com/dodekachordon/bf/
♪きっかけ♪
応援物資で届けられたボールで練習する被災地のサッカー少年をTVで視ました。
本来日常的で夢中になれること。今こそそれに触れるのがストレス解放の良薬。
ショックに次ぐストレスの継続は心に深いダメージを刻みます。
一日も早く若者達が上を向くのが未来のためです。
サッカーボールではなく楽器が必要な子供達も沢山います。
私は管楽器演奏家。自分の人脈を辿ってなにか実現できるはず。

♪実現したいこと♪

☆範囲を限定します
無理なく実現するために、不特定多数&あらゆる楽器とはしません。
渡す相手と楽器の種類を当チームの得意な範囲に限定します。
似たようなことを違った相手に行える別チームが各地に立ち上がるのを期待します。
それらが情報連携で無駄なく大きな動きとなりますように。

☆渡す相手
高校生以下の「管楽器を中心とする演奏団体」
現状で練習場所がなくても、メンバーが集まって合奏したい気持ちがあれば佳しかと。
草の根活動なので勝手ながら当チーム構成員に直接縁のあるところを優先します。
ただし、告知をきっかけに声を上げていただき、やりとりが始まればそれも縁ですね。

流石に個人宛の配布は無理かと。演奏団体に仲間入りの機会としていただければ(^^)。
避難所宛配布もしません。
様々な方が一緒に気持ちよく過ごさねばならない環境に楽器は必ずしも好影響ではないので。

ということで、
実際には吹奏楽部・ビッグバンド部などのある学校、音楽教室が対象となるでしょう。
建物の有無は問いません。人の集まりがあれば対象としましょう。
その場合、共用の楽器倉庫が無いと管理困難な楽器は残念ながら…となるのかどうか、ケースバイケースで相談しましょう。

ちなみに、
宮城県吹奏楽連盟などでは既に大規模に楽器寄付の募集をしていますね。
当チームではそれらのネットワークから外れがちな演奏団体のフォローを主にしたい。
私のような演奏家が直接手渡すことで、単にモノを届けるだけでなく音楽的な時間の共有を実現したい。

とはいえ、
楽器を届ける活動を始めている諸団体とは情報連携を密にし、無駄なく効率よく進めたい。
それぞれに得手不得手があるので、うまく補い合えると思います。
ここ以外はどこも「吹奏楽!」って感じなので、そこからハズレがちな団体を拾い上げたいです。
他の諸団体の情報をまとめました → つながろう!

☆渡す楽器
ブラスバンド、マーチングバンド、ビッグバンドなどなどで使う管楽器を求めます。
勿論、お手元で御不要なものに限ります。

とのこと。
[PR]
by YTR3320 | 2011-04-18 23:20 | 災害 | Comments(0)
 5月3日(火・祝)に会津でふくしま応援自由演奏会が開かれるそうだ。
ふくしま応援自由演奏会@会津 概要

2011年3月11日に起こった東北地方太平洋沖地震により、
被災された皆さまのお見舞いを申し上げます。
今私たちにできることは限られているかもしれません。
その限られた中に、会津から福島を盛り上げることもあると考えました。
余震・原発のため、福島では、演奏会や練習活動が中止せざるを得ない状況にあります。
私たち自身が演奏できるという喜びやありがたみを再確認し、
会津から元気を出していこうという趣旨で、今回の自由演奏会の開催が決定しました。
安全の確保も重要になりますが、参加者みんなで助け合い、
ハートのこもった自由演奏会を開催していきたいと思っております。

☆★自由演奏会とは☆★
「自由演奏会」とは、年齢・性別・演奏レベルなどの枠を超え、
音楽と楽器が好きな方なら誰でも自由に演奏に参加できるコンサートです。
当日集まった人たちでリハーサルからコンサート本番までを作り上げます。
楽譜は吹奏楽用を使用し、当日配布、終了後回収します。


【開催日】
2011年5月3日(祝)

【会 場】
福島県立博物館 エントランス広場(福島県会津若松市城東町1-25)
※雨天の場合、講堂を予定
会場についての詳細はこちら

【演奏指導】
杉山 淳(「上野の森ブラス」チューバ奏者、自由演奏会発起人)

【当日タイムテーブル】
9:30~受付開始
10:00~リハーサル
14:00~コンサート
15:30~終演・片付け 
※途中参加、途中退場も可 途中休憩自由昼食です


申込方法など詳細は
http://ameblo.jp/aidu-jiyuuensoukai/entry-10860427690.html

自由演奏会は4月24日には磐田市豊田町、5月28日は鎌倉大仏前、29日は鹿児島県曽於市でも行われるそうだ。
[PR]
by YTR3320 | 2011-04-16 09:27 | 音楽・舞台・映画 | Comments(0)