2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー

<   2011年 03月 ( 25 )   > この月の画像一覧

国連UNHCR協会メールニュース(2011/3/30)より
1【東北地方太平洋沖地震:UNHCRのソーラーランタン、宮城県石巻市に到着】
2【リビア:リビアから近隣への避難者35万人を超える】
3【コートジボワール:コートジボワールの難民・避難民が急増】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1【東北地方太平洋沖地震:UNHCRのソーラーランタン、宮城県石巻市に到着】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
UNHCR(国連難民高等弁務官)駐日事務所の久保眞治副代表は、本日朝6時
半に石巻市に入り、市役所関係者と打ち合わせをしました。市役所の迅速
な決断により、依然として電気が通じていない避難所へのソーラーランタン
(太陽光発電によるランプ)の支給が開始されました。朝8時から自衛隊の
協力により、第一陣として、ソーラーランタンはまず湊地区に240個届けら
れ、石巻市最大の避難所となっている湊小学校を含む16ヶ所の避難所へ届
けられました。

▼詳しくはこちらから
http://www.japanforunhcr.org/topnews

▼ご寄付はこちらから
https://www.japanforunhcr.org/cgi-bin/index.php?action_donate=true&dtype=emergency

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2【リビア:リビアから近隣への避難者35万人を超える】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2月中旬より続いているリビア内の紛争や3月末の空爆などにより、依然と
してリビアから近隣国に逃れる人々は増加しています。UNHCRが中心となっ
て、チュニジアで4万から最高25万人、そしてエジプトで5万から最高60万人
の人々を受け入れるための避難計画の作成を進めています。

▼詳しくはこちらから
http://www.japanforunhcr.org/act/a_africa_libya_01

▼ご寄付はこちらから
https://www.japanforunhcr.org/cgi-bin/index.php?action_donate=true&dtype=emergency

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3【コートジボワール:コートジボワールの難民・避難民が急増】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コートジボワールでの紛争が悪化する中、隣国リベリアでは新たに到着す
る難民が増加しています。3月22日からの1週間だけでもあらたに1万人が地
元当局に難民として登録されました。これにより、2010年11月以降、コー
トジボワールからリベリアに避難した人々の数は11万人2000人に上ります。
この支援のためにUNHCRは9700万ドル(約81億円)を必要としていますが、
現在2000万ドルのご寄付しか集まっていません。
引き続き皆様のご支援をお願い申し上げます。

▼詳しくはこちらから
http://www.japanforunhcr.org/act/a_africa_cotedivoire_01.html


コートジボワールなどでも不安、恐怖を強いられている沢山の人達がいる。
[PR]
by YTR3320 | 2011-03-31 08:16 | 人間の尊厳・人権問題
以前、ファームエイド銀座に出店した蔵王ありが豚(ありがとん)が、2011/3/29付で支援を求めている。地域の産業復興も重要だ。一方で、個別の生産者への支援要請に個人としてどこまで対応できるのか悩む。

災害支援金のお願い「蔵王ありが豚」(2011年3月29日)より
http://arigaton.at.webry.info/201103/article_50.html
これまで、(有)名取ファームはみなさまからのご支援により「ありが豚」の生産・販売に尽力して参りましたが、平成23年3月11日発生の東北地方太平洋沖地震災害により、名取市の仙台空港近くの農場が壊滅的打撃を受け、2,000頭あまりの心を込めて飼育してきた豚が津波に飲み込まれ、5棟の豚舎、機材類が破壊されました。
社長(父)は、雪の降る津波の上で一夜を過ごし一命を取りとめ、また、幸いなことに、弊社全社員の安否は、確認が取れております。

昨日、絶望的な状況の中で2週間ぶりにようやく農場跡へ行くことが叶い、奇跡的に瓦礫と大型餌タンクの中で、懸命に肩を寄せ合って生き残っている豚を確認することが出来ました。
本来、豚はとても繊細な動物ですが、生き残った豚達は津波と寒さに負けず、地域近隣の方々達が自分達も大変な中で僅かな水を分けて下さり、中には出産をしていた母豚もおりました。生まれた赤ちゃん豚は、寒さの為に助かりませんでしたが、東北沿岸部の地域近隣の方々の温かさに胸が詰まりながら、一頭一頭を保護しました。
心苦しい状況の方は私達だけではなく数多くいらっしゃると直に感じておりますが、 今後、生き残った豚達の飼料代等の確保と、地域循環型の養豚業を続ける為の支援金が必要な状況です。


支援金の送り先などは上述のありが豚のサイトを御覧下さい。
[PR]
by YTR3320 | 2011-03-30 07:50 | 災害
東京金管合奏団のコンサートが以下の通り行われる。
日時:2011年4月9日 14時開演(16時終演予定。開場は13時半)
場所:鶴見区民文化センター「サルビアホール」
http://salvia-hall.jp/
横浜市鶴見区鶴見中央一丁目31番2号シークレイン内
TEL 045-511-5711
JR京浜東北線・鶴見線「鶴見」駅 東口から徒歩2分
京急本線「京急鶴見」駅 西口から徒歩2分
「シークレイン」のマークが目印

入場料 大人 1500円、学生 1000円 未就学児入場可
演目:テレプシコーレ、ナブッコ序曲、ジブリメドレー他
問い合わせ先:東京金管合奏団 090-4717-3535(中條)/ tatuhiro.nakajyo@gmail.com

出演者(敬称略)は、
トランペット:多戸章人、松原一郎、関繁人、荻野真弓、高江洲圭
ホルン:伊東輝道
トロンボーン:石川斉、成相圭、上野大介
バス・トロンボーン:坂田朱夏
チューバ:山岸明彦

音楽は心の栄養。僕はこのコンサートを聞きに行くのが楽しみだ。
[PR]
by YTR3320 | 2011-03-29 06:58 | 音楽・舞台・映画
 東日本大震災(東北関東大震災)復興応援自由演奏会の詳細案内が複数のブログに掲載されていた。内容は同じ。
http://blog.brasstribe.net/?eid=1067181
http://blue-r34-25t.cocolog-nifty.com/blog/2011/03/post-9b61.html

*東日本大震災復興応援自由演奏会@桜木町*

【日時】4月3日(日)11時〜17時(なるべく全行程のご参加をお願いいたします)
    11時〜セッティング・武蔵野吹奏楽団音出し・自由演奏会参加者受付と流れの説明
    11時30分〜12時武蔵野吹奏楽団『陽はまた昇る』初演 ほか演奏
    12時〜自由演奏会セッティング
    12時30分〜14時30分公開リハーサル(公開リハーサルが終わったら控室に荷物を入れる)
    15時30分〜自由演奏会本番!
    終演後みんなで片付け
【場所】桜木町駅前 コレットマーレ(動く歩道横)1階エントランス前
    http://www.colette-mare.com/eventspace/index.html
    横浜市中区桜木町1-1-7(みなとみらい21地区28街区)

参加申込方法などは、上述のブログを御覧下さい。
#jiyuuensoukai
[PR]
by YTR3320 | 2011-03-28 08:09 | 災害
認定NPO法人幼い難民を考える会による東北関東大震災(東日本大震災)における支援活動・募金の使途(予定)が発表された。
http://www.cyr.or.jp/cyrblogs/index_000239.html
3/25までの募金総額は1,588,466円となりました。

現在、他NGOや子どもの施設の方々、幼稚園を持つお寺の関係者の方々などと共に、情報を収集しながら話し合いを続けています。

CYRは2つの支援を検討します。

①被災地における「あおぞら保育」
②孤児となった子どもたちへの小規模奨学金

■目的
慣れない避難生活で、緊張や我慢を強いられている子どもたちをストレスから開放し、安心して楽しく過ごせる居場所をつくる。被災地では有償ボランティアの保育参加を働きかけ、被災された方々の自立支援につなげる。

とのこと。
又、東京周辺での後方支援として以下を行う予定とのこと。
・国内外において、保育・障害児保育・教育・心理学・緊急支援などの分野で、子どものための活動に経験豊かな専門家による「事業推進チーム」を組織する。チームは、計画立案、コーディネート、評価を担当する。
・上記のチームが、保育で必要な備品や遊具・教材・絵本を選定する。
・選定された遊具・教材は、購入またはボランティアを呼びかけて手づくりをする。手づくり遊具には、CYRがタイやカンボジアで提供を続けている「みんなで布チョッキン」(http://www.cyr.or.jp/cyrblog/cate_4.html)の人形やボールなども含める。
・遊具・教材はセットにして活動拠点で使うほか、各地の避難所や仮設住宅などに寄贈する。

[PR]
by YTR3320 | 2011-03-27 09:07 | 災害
順番が前後してしまったが、2011/3/19付報告を転載。
--ここから--
関係各位

今回の災害は余りにも大きすぎて、未だに食糧を食べられない人たちがいます。
しかも、原発の影響から支援が受けられない状況です。

中越大震災で被害を受けた小千谷市のNPOが積極的に、避難勧告地域に入り支援している人たちがいます。

先ほど、食糧を緊急支援しました。
今夜、遅くには南相馬町につき3日間食べて人たちに食糧を支給するでしょう。

NPO法人おぢや元気プロジェクト
http://www.ojiya-genki.jp/

何とか困っている人に支援をしたいと心から思います。

明日から認定NPO法人アレルギー支援ネットワーク栗木理事と高校3年の息子と仙台に入ります。アレルギー支援の拠点作りです。

今晩は久し振りにちゃんと寝ようと思います。

(有)エコライス新潟 豊永有
[PR]
by YTR3320 | 2011-03-26 00:13 | 災害
本人の了解を得て転載。
--ここから--

関係各位

昨日(2011/3/22)の夜中帰ってきました。
この1ヶ月でたぶん7000kmくらい車で走りました。
今回は長期化する支援に向けて体制づくりをしてきました。
なぜか、災害の避難所でしか出会わない大学時代の友人に、各地のボランティアを紹介されてコラボして活動が出来そうです。

又、アレルギー支援ネットワークの栗木さんは、名古屋からボランティアドライバーと仙台のSAまできて、ここで、埼玉からボランティアドライバーの川村さんの車に乗り、盛岡で私たち親子と合流しました。
帰りはこちらのトラックに同乗して新潟。そこから新幹線で名古屋にとんぼ返り・・・。
ボランティはインターネットで呼びかけた全く知らない人ばかり・・・。
時代が変わりましたね。
認定NPO法人アレルギー支援ネットワークのHPもご参照ください。
http://www.alle-net.com/

さて、皆様から「支援カンパしたい」旨の沢山のご連絡を頂きました。
ありがとうございます。
支援カンパの振込先は、

銀 行 名:第四銀行長岡市役所前支店
口 座 名:NPO法人米ニケーションセンター
口座番号:普通1327436

となります。
皆様の善意を被災地支援に役立たせて頂きます。
何卒、よろしくお願い申し上げます。

春休み中のゲーム好きな高校3年の息子は、バーチャルな世界ではなくて、
現実の世界で起こっている地震災害を自分の五感で感じたようです。
私のリリースでは被災地の真の姿は伝えられませんが、これからも発信して参ります。

(有)エコライス新潟  
f0200336_23491925.jpg
豊永有
f0200336_23494738.jpg

[PR]
by YTR3320 | 2011-03-25 23:51 | 災害
 テレビも日経新聞も東北の被災状況に焦点を当てているが、実は今回の震災では千葉県も大きな被害を受けた。復旧への道は遠い。Hiro G.さんがブログで貴重な報告を行っている。
http://blog.goo.ne.jp/hirojiinak2/e/5c82ce2a18b4ae038c733199db7abd5c
http://blog.goo.ne.jp/hirojiinak2/e/a380877c76ba8cfe4505fbc21afe7601
http://blog.goo.ne.jp/hirojiinak2/e/de5404f792d0ecef691b0bd14a7b12d9

 千葉県災害ボランティアセンターのサイトはこちら
http://chiba-saigai-vc.info/
基本的にはボランティアは千葉県在住者、近隣の人に限っているようだ。
尚、地方テレビ局勤務の方が書いているという「ニセモノの良心」の2011年3月16日付エントリーは、千葉県の被災状況が一般に知られていないことに関し
キー局報道へ。

馬鹿キー局4つは、人のエリア来る前に、もっと足元の自分のエリアを固めろ。東電にキレたりしてないで、手前等が忘れたふりをしている茨城と千葉に人を出せ。

東電が茨城千葉を計画停電に入れたのは、お前等にも大きな原因がある。
東北の派手な絵ばかりに飛び付きやがって。報道ってそうじゃないだろ。
と批判している。
http://soulwarden.exblog.jp/13140779/

隣接している東京の在住者として、千葉県の被災状況には、もっと早く気が付くべきだったと思う。テレビ、新聞だけでは、判らないことが多いし、ネットも自分の関心の幅を広げないと獄限定された情報しか得られない。今後に向けた自分の反省点だ。

※2011/3/25 文章を少し修正。千葉県ボランティアセンターの情報を追記。
[PR]
by YTR3320 | 2011-03-24 23:04 | 災害
そういえば、関西で阪神・淡路大震災の被災者だった人から被災地NGO恊働センターの存在を教えてもらっていた。
http://www.pure.ne.jp/~ngo/

同センターは、阪神淡路大震災後の仮設住宅への避難者のケアなどから生まれた団体だ。
東北北関東大震災では以下の活動を行っているそうだ。
(1)東北地方でのボランティア活動資金を募集
    被災地にボランティアを派遣し、炊き出しや足湯などの活動を行うとのこと。

(2)宮崎から東北へ、たすけあいの輪を
   〜「野菜サポーター」を募集〜
   新燃岳など宮崎の生産者から野菜を買い付け、東北での炊き出しに使う。その買い付け資金を募集。
(3)粉ミルクを届けようプロジェクト NEW!
   〜アレルギー対応の粉ミルクを募集!〜
[PR]
by YTR3320 | 2011-03-22 19:53 | 災害
 東北北関東大震災の被災地で支援活動を行っている団体をサポートするための寄付金の受付窓口を調べてみた。

 まずは、JANIC(国際協力NGOセンター)に当たってみたところ、そのものずばりの
「東北関東大震災 緊急支援まとめて募金」を開設している
http://www.janic.org/news/post_265.php

また、NPO法人アレルギー支援ネットワークから辿って見付けたオンライン寄付サイトのGIVE ONEもまとめて寄付と各団体への個別寄付が選べる、サイトをオープンしてる。
http://www.giveone.net/cp/pg/campaign/Campaign005Page.aspx


 JANICが対象としている団体と重複しているが、Think the Earth基金
http://www.thinktheearth.net/jp/info/2011/03/-think-the-earth.html

 この記事が注目を集めているようだ。
http://irritantis.info/archives/652
コメント欄を読むと支援活動には、活動費用がかかることを理解していない人がいるのに、少々がっかりする。通信費、ガソリン代、場合によっては本部や出先の事務所賃料、人件費、活動する人の食費、宿泊費など直接の支援物資調達費用以外に活動継続には様々な費用が発生する。
[PR]
by YTR3320 | 2011-03-22 06:57 | 災害