2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー

<   2010年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 金曜日(2010年6月25日)の晩に知人のアフリカ音楽をテーマにしたマリンバ公演を聴いてきた。

 後半に登場したゲストの親指ピアノ奏者サカキマンゴーさんが演奏もトークも抜群に楽しかった。結構な男前で、声がいいんだ。
こちらだだよ。
http://sakakimango.com/profile/

 これは生で聴くことをお薦めします。聴くとびっくりするよ。

追記:2010/6/27
親指ピアノとは、アフリカの各地でリンバや他の名前で呼ばれている楽器を総称して、サカキマンゴーさんが呼んでいるもの。木の箱の上に、細長い金属板を音階が出るように並べ、両手の親指で弾いて鳴らす。筐体にはいくつかの丸い穴が開いていて、蜘蛛の卵の膜で覆っている。
6月25日のライブで演奏された親指ピアノは掌サイズから、両手で抱える感じの幅40センチくらいのものまで様々だった。
リンバその他の楽器の写真はこちら
楽器の紹介
[PR]
by YTR3320 | 2010-06-26 23:16 | 音楽・舞台・映画 | Comments(0)

Tp:ロングトーン

 トランペットの日々の練習でロングトーンを行なう目的と注意事項を改めて先生に教えて貰った。

 目的:響く音色を得ること

 方法:60くらいのテンポで4拍または8拍。一音一音の響きを聴きながら。

 注意事項:狭い部屋で練習する場合でも音を遠くに飛ばす意識で吹く。力を不要に入れない。

 毎日一回でも行っていると、響いている音と響いていない音があることに気が付くのだそうだ。響いていない音も響くように空気の量などを調整して直して行けば良いとのこと。
[PR]
by YTR3320 | 2010-06-26 21:41 | Comments(0)
 知らず知らずにパンパンに気が張っていた業務の谷間が出来たので、雨の日を楽しみたくなって、前日に届けを出して会社を休んだ。

 最初に向かったのは、太田記念美術館。浮世絵の収集と展示で有名だ。今月27日まで開かれている「北斎とその時代ー【前期:変貌し続ける才能】」http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/H220607%20Hokusai.htmlを見てきた。雨の平日なので、さほど混んで居らずとても静かだ。北斎は、動き、時間を絵に残そうとしてきた人なのだと思った。一瞬を固定して絵に残すのでは無い。絵の中に必ずと言って良いぐらいに動いている物がある。人の動きであったり、衣服が風でなびいていたり、物が飛んでいたり、風自体だったり、動いている物は様々だけれど、1枚の絵が何枚ものセル画で作られたアニメーションのように動いている。特に読本の挿絵の動きは凄い。

 地下の第三展示室のついでに館内にある株式会社かまわぬhttp://www.kamawanu.co.jp/という手拭い専門店のショップを覗いた。『かまわぬの手ぬぐい使い方手帖』(河出書房新社、2006年)http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309280530が余りに楽しいので、うさぎ柄のえんじの手拭い、傘の柄の藤色の手拭いと一緒に買ってしまった。たぬきの柄のてぬぐいは「他抜き(他を抜く)」に通じることから、勝負ごとの縁起担ぎだとか、フクロウは「不苦労」だから苦労しないという縁起かつぎだとか、この本で初めて知った。
『かまわぬてぬぐい百科』(河出書房新社) http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309280936も楽しそうな本だった。

 太田記念美術館を出て雨の表参道をクレヨンハウスへ。http://www.crayonhouse.co.jp/home/shop.html表参道に面していた時に、ボランティアの友達に待ち合わせ場所に指定されて知って以来、30代初めまでは何度も訪れた。若い知り合いが来月出産予定なので、お祝いに適当な絵本は無いかなと、本当に久し振りに訪れた。なつかしい絵本や初めて見た絵本を静かにめくって一時を過ごした。

 その後、ちょっとお昼を食べて、明治神宮へ。雨だけれど大きく育った木々のおかげで傘を指さずに散策できた。清正井が整理券制度になっていてびっくり。前に並んでいた人達に「なにをすれば良いのですか」と聞かれたが、単なる井戸だから、拝むのも変だし、返答に困ってしまった。僕は散歩のついでに寄っただけだけれど、何を期待して清正井に行くのかな。ひとそれぞれの理由や動機にとても興味がある。雨の明治神宮は良い。菖蒲園や正殿に行けば原宿駅の音も聞こえず、たっぷりと緑と雨の音を楽しむことができる。難点はカラスの鳴き声。

 立ち止まってリセットすることができた休みだった。
[PR]
by YTR3320 | 2010-06-23 21:39 | 雑感 | Comments(0)
今晩のテレビ朝日ニュースステーションで、参議院選挙に向けた民主党の京都での取り組みを特集していた。その中で民主党のある立候補予定者が街頭演説で「話題の二人目候補者の○○です」とはっきり言っていた。選挙の公示前に立候補予定者、立候補者と名乗って演説や街宣車からの呼びかけを行うことは、事前運動として公職選挙法で禁じられているのではないか。鳩山前首相の贈与税の問題と言い、民主党の遵法意識を疑う。無茶苦茶だと思う。
[PR]
by YTR3320 | 2010-06-22 22:24 | 雑感 | Comments(0)

嬉しいプレゼント

 京都に住んでいる大学生の時のボランティアの先輩から、プレゼントをもらった。京都のJEUGIA(http://gakki.jeugia.co.jp/index2.html)で買ったというHandmadeの木製の携帯ストラップだ。トランペットとホルン。どちらも色の組み合わせがとても良い。嬉しいプレゼントだ。
f0200336_10275581.jpg

[PR]
by YTR3320 | 2010-06-20 10:28 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)
 知人がEmiko with friends vol.2〜マリンバのルーツ アフリカ編と言うコンサートを6月25日に行なう。場所は渋谷の公園通りクラシックス。ジャンジャンのあった所だ。ジャンジャンでは、出口さんのシェイクスピア劇を観たり初代の高橋竹山を聞いたことを憶えている。

 昼の部は開演 (開場) 14時30分 (開演) 15時00分
 夜の部は開演 (開場) 18時30分 (開演) 19時00分
 出演者はいずれも北澤恵美子 (Marimba)/村松友里愛(marimba,perc)/方波見智子(marimba)ゲスト:サカキマンゴー(親指ピアノ)
料金は\3,000
予約は marimba@kitazawa-pub.com または tel 03-3464-2701 17:00以降 公園通りクラシックス(月曜定休)まで
※渋谷公園通りクラシックスのサイトに載っているメールアドレスはマリンバのスペルに誤りあり。marimba@kitazawa-pub.comが正しいアドレス。

場所:渋谷公園通りクラシックス
http://www.radio-zipangu.com/koendori/index.php
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町19-5
東京山手教会B1F

TEL: 03-3464-2701(hall) / 03-3423-6343 (office)

楽しみ。
そう言えば、1990年前後に恵比寿にPIGA PIGA AFRICAというご機嫌なアフリカ音楽のライブハウスがあったけな。
[PR]
by YTR3320 | 2010-06-19 14:37 | 音楽・舞台・映画 | Comments(0)
 久し振りに買って冷凍庫に入れて一晩置いたウオッカをストレート、カゴメの清見オレンジジュースで割ったりして飲んだ。いやあ、美味しい。ウオッカ、ズブロッカ、アクアヴィットは、冷凍するに限るなあ。2年前に亡くなったゼミの先生がこういうハードリカーが好きだった。

 冬の西シベリアに出張して、モスクワからヘリコプターに乗って、向かい合わせのベンチシートに座っていたロシアの技術者2人組から、ウオッカと塩辛い何かの干し肉を薦められて、断っちゃあ失礼だなと思って飲み干したことを思い出した。

 夏の暑い日は、冷凍庫から出したウオッカをそのまま、くいっと飲むに限るよ。しあわせ、しあわせ。
[PR]
by YTR3320 | 2010-06-13 18:46 | お酒 | Comments(0)
 録音していたヤマハ・ジャズトランペットのレッスンを、最近、電車の中で聞くようにしている。ジャズのリズム、メロディを身体に入れて行くためだ。ウォーミングアップ代わりのブルースでの原朋直さんの演奏を耳コピーできないかな、とも思っている。

 電車の中なのでノイズキャンセリング・ヘッドフォンが必須だ。現在、使っているのは、SONYノイズキャンセリングヘッドホンMDR-NC33
http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-NC33/

 左右を間違えにくいデザイン、外れにくいイヤーピース、知らない間に服やカバンの中でこすれてオンになることの無いスイッチなど、使い勝手の点では満足だ。ノイズキャンセルの能力も、電車の音が完全に消える訳では無いが、僕には充分。イヤーピースの装置感は、今一つ。個人差はあるのだろう。

 その前は、audio-technica.アクティブノイズキャンセリングヘッドホンATH-ANC3
http://www.audio-technica.co.jp/products/hp/ath-anc3.html
を使っていた。ノイズキャンセルの力は強いが、イヤーピースが外れやすいこと、オフにしたスイッチがコードがこすれたり、ポケットの中に入れていて何かの拍子にオンになってしまうのには、閉口した。又、Amazonのレビューではコードが擦れる音と書かれているが、時たま大きなノイズが入る。イヤーピースはしっかり耳に装置できる。

 更にその前には、パナソニックRP-HC30
http://panasonic.jp/headphone/line_up/noise.html
を使ったが、すぐに断線し、印象には残っていない。
[PR]
by YTR3320 | 2010-06-12 20:17 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)
ファームエイド銀座で知り合った学生達「日本の農業に一生を賭ける!学生委員会SOLA」が、「宮崎和牛を食いつくせ!!〜学生200人BBQ@多摩川〜」と題したイベントを行なう。
【はじめに】
今猛威を奮っている口蹄疫。

毎日被害の状況が伝えられてきますが、意外と知られていないのが非感染農家の方。

風評被害で宮崎牛の価格が半額近くまで下がっているにも関わらず、口蹄疫に感染していないために補助金がもらえず、大打撃を受けているそうです。

そこで僕たち学生に何か出来ることはないか?

社会人よりも僕たちが勝っているものは何か?

さえない脳みそを使っていろいろ考えた結果、僕はそれが“食欲”だと思いました。笑

現地のお肉を食べて消費量を伸ばし、それをメディアを使って大々的にPRすれば風評被害も軽減されるはず!そんなことを思って、このBBQを企画しました。

(学生がメインのイベントですが、学生と繋がりを作りたい社会人の方とお連れ様(お子様)のご参加も受け付けております。)

宮崎のためになることを、美味しく・楽しく出来るなんて素敵じゃないですか^^?

◆日時:6月19日(土) 11:00〜14:00
※雨天中止(中止の際は前日18日(金)の20時までにご連絡させていただきます。)

◆実施場所:和泉多摩川河川敷(小田急線和泉多摩川方面)

最寄り駅:小田急線和泉多摩川駅

※現地集合 当日和泉多摩川駅に案内の者がおります。


申し込み締め切りは6月15日(火)。
参加費、申し込み方法など詳細は
http://sola-blog.sola2006.net/?eid=24

良いねぇ、このノリ。楽しくなければ何事も続かない。大義だけだと純化に走り、異論を排除してしまうから。革命、維新と言う言葉は、粛正と表裏一体。

できることを見付けて、取り組んでみるという姿勢も良いと思う。何だか、眩しいな。
[PR]
by YTR3320 | 2010-06-10 23:33 | 地域交流・食・環境 | Comments(0)
先生から、マウスピースの辺りで鳴っている自分の音では無く、自分の音が数メートル先の人にどう聞こえるかを考えながら普段の練習をするようにと言われた。その為には、練習中に自分の音を録音し、聞き直しながら練習すると良いと。

ヤマハでレッスンを録音する為に以前買ったヤマハPOCKETRAK CX
http://www.yamahasynth.com/jp/products/recorders/pocketrak_cx/
で録音しながら練習することにした。余り遠くには置けないので、2メートルくらい離れたところに置いて録音してみた。

 聞き返してみると、ロングトーンで一定の強さで音を出しているつもりなのに、途中から弱くなっていたりすることに気が付かされる。まずは、ロングトーン、半音階、リップスラーを録音し、聞き直し、又吹いて、息と音の安定したコントロールを身につけようと思う。何だか、仕事のPDCAサイクルみたいだな。

POCKETRAK CXは、軽いこと、単3電池1本で動くこと、録音・再生操作が簡単な点が良い。
[PR]
by YTR3320 | 2010-06-09 20:11 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)