2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー

<   2009年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

最近のお米事情

東京都目黒区中根2-1-15(東急東横線都立大学駅の近く)に株式会社スズノブというちょっとユニークな米屋がある。http://www.suzunobu.com/jyouhou/main.htm

今年9月21日に銀座紙パルプ会館で行われたファーム・エイド銀座2009では会場の一階ロビーでスズノブの西島社長が自ら1kg単位で精米済みのお米を売っていた。店で売る時は玄米で売り、店頭で客の好みに合わせて精米するのだそうだが、精米機が会場に持ち込めないので、精米済みの米を持ってきたとのことだった。ファーム・エイドで売られていたのは以下の12銘柄。
●北海道 畦畔香るななつぼし
●秋田県 神代あきたこまち
●岩手県 胆沢ひとめぼれ
●千葉県 万喜コシヒカリ
●千葉県 万喜ふさこがね 新米
●千葉県 ミルキークイーン
●新潟県 山古志コシヒカリ
●新潟県 朱鷺と暮らす郷コシヒカリ
●富山県 五箇山コシヒカリ
●長野県 幻の米コシヒカリブナの恵
●佐賀県 あうちヒノヒカリ
●佐賀県 七夕コシヒカリ 新米

以前、銀座食学塾で西島社長の話を伺った際に試食した銘柄もあったが、初めて見る銘柄もあった。最近のお米のブランドの多様化に驚いた。

西島社長によると「人工減少と少子高齢化により日本では主食としての米重要は減少している。米をコーヒー、紅茶、ワインのような嗜好品として売らないと米屋も産地も立ち行かなくなる。又、温暖化によりその地域に適した米の種類が変わってきている。」とのこと。これら12銘柄の米は肉に合わせて食べるには良いが深夜に帰宅した翌朝食べるには重い米、逆に朝、お茶漬けでサラサラと食べるには向くけれど夜しっかり食べるには物足りない物など、特徴は様々だと言うことだ。最近の炊飯器はタイマー予約が出来るため、朝とお弁当用に少量炊いて、夜は別の種類の米を炊くと言う人が出て来ているそうだ。又、アベックで来店して複数の種類の米を少量ずつ買っていく若い人達もいるとのこと。

西島社長に「少量ずつちゃんと米屋で精米して貰い、それを食べたくても米屋は大概平日と土曜日の夜6時で閉まってしまい日曜日は開いていないう。これでは、独身や共働きの会社員は米屋で買いたくても買えない。スーパーとは価格競争以外にも利便性ても米屋は負けていると思う。」と話した。西島社長によると「利益が出ない→後継者難→米屋の高齢化→日曜日には休まざるを得ない。」と言うことが一般には起きているようだ。スズノブでは、営業時間・定休日の将来的な変更を検討中とのことだった。営業時間・定休日の変更が早く実現すると嬉しい。やはり、精米したてのお米が美味しいから。
[PR]
by YTR3320 | 2009-09-30 02:31 | 地域交流・食・環境
その日のレッスンを始めてリップスラーが上手く出来ない僕のトランペットを見て先生が言った。「チューニングスライドの長さを変えました?調整するからちょっと貸して下さい。」

トランペットのチューニングはチューニングスライドの出し入れで行なう。音を低くするにはチューニングスライドを引き出し、管を長くする。先生は自分でちょっと吹いて見て、引き出している長さを調整してくれた。帰宅して測ってみたら5ヶ月前に合わせてくれた時と1ミリも違わなかった。あらためて訓練を積んだ演奏家の耳は凄いと思った

調整してくれたチューニングスライドの長さはよほどのことが無ければ、変えないようにと言われた。
チューニングスライドの長さは、音の高低だけでは無く、全体のバランス、息の抵抗感にも大きく影響するからだ。チューニングスライド調整後のリップスラーは、調整前とはびっくりするくらい吹き易く、滑らかに行うことができた。聞こえてくる自分の音も調整前の詰まった音とはまるで違うスムーズな音になった。

厳密には体調や季節(温度)などによってベストの長さは微妙に変わってくるそうだけれど、普段は頻繁に長さを変えるようなことをしてはいけない、例えば練習の都度、デジタルチューナーに合わせてチューニングスライドの長さを変えるようなことはしてはいけないと念押しされた。頻繁に長さを変えて練習すると安定した音が出せなくなってしまう。

チューナーの使用についての注意事項も教えて貰った。
チューナーはチューナーが発する音(例えばコンサートキーのB♭=トランペットのC)を聴いてそれに合う(近くなる)ように吹くと言う使い方に限定すること。チューナーの目盛りに頼る癖をつけてはいけない。演奏中にチューナーを見ることは出来ないし、人の音、音楽は揺らぐものだから。トランペットを吹くことは、機械の演奏では無い。
[PR]
by YTR3320 | 2009-09-29 06:37 | 40代半ばからのトランペット
国連UNHCR協会 メールニュースNo.105(2009年9月25日)から
メールニュース自体が転送可なので一部をそのまま掲載するもの。

大学生の時に幼い難民を考える会以外の場でも短い期間だけれどもカンボジア難民の支援に関わっていたことがある。勤務先にUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)駐日事務所の方を招いて講演会を行ったこともある。16年前の今頃だ。世界難民白書日本語版の作成に勤務先の有志で協力したこともある。今でも、難民問題は僕の中の大きな関心事だ。

ーーここからーー
【10/1〜10/8 「第4回UNHCR難民映画祭−東京」】
----------------------------------------------------------

「第4回UNHCR難民映画祭−東京」は来週からの開催です。
4回目を迎える今年も、より多くの方々に難民問題への
関心を高めて頂くきっかけとなればと思っております。

今年はアカデミー賞ノミネート作品を含む映画や真実に迫る
ドキュメンタリーなど、20作品をご紹介いたします。
困難な状況に置かれながらも力強く生きる人々の心に是非触れて下さい。
http://unhcr.refugeefilm.org/

日時:10月1日(木)〜10月8日(木)
上映会場:ドイツ文化センター/イタリア文化会館/
セルバンテス文化センター東京/
グローバルフェスタJAPAN 2009会場(日比谷公園内)

▼映画祭の予告編はこちら
https://krs.bz/j4unhcr/c?c=726&m=47939&v=17c8d30a

※国連UNHCR協会 オフィシャルチャンネルでは、映画祭関連情報を
随時更新していきます。ぜひご覧ください!
https://krs.bz/j4unhcr/c?c=727&m=47939&v=b2434304

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■入場について
各回完全入替制(各上映30分前の開場)です。
ご入場は先着順となります。
座席の確保は受け付けていませんのでご了承ください。
(グローバルフェスタJAPAN 2009会場は野外上映のため、
入場に関する制限はありません)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

▼上映スケジュールはこちら
http://unhcr.refugeefilm.org/schedule/

下記の作品・日時では関係者が来日し、上映後に監督または関係
者との質疑応答を予定しています。

■カンボジア−ある家族の夢
http://unhcr.refugeefilm.org/title/2009/09/000036.php
※監督のスタンリー・ハーパー氏が来日します。
日時:10月2日(金)17:00〜
会場:セルバンテス文化センター東京

■ビルマVJ
http://unhcr.refugeefilm.org/title/2009/08/000004.php
※原案・脚本・助監督のヤン・クログスガード氏が来日します。
日時:10月6日(火)17:00〜
場所:ドイツ文化会館

■要塞
http://unhcr.refugeefilm.org/title/2009/09/000030.php
※監督のフェルナンド・メルガー氏が来日します。
日時:10月8日(木)16:30〜
会場:イタリア文化会館

□全上映作品はこちら
http://unhcr.refugeefilm.org/title/
[PR]
by YTR3320 | 2009-09-27 04:47 | 人間の尊厳・人権問題

2009年9月28日Brass Eight!

私が出演するわけでは無い。
プロの金管・打楽器アンサンブルによる「Brass Eight!」というコンサートが溝の口で行われるそうだ。以前はクラシックの金管にはさほど興味を持っていなかったが、トランペットの音が出るようになり、また、原朋直さんからクラシックを深さという話を度々ヤマハでのジャズレッスンの際に聞くので仕事さえ無ければ聴きに行くのだけれどなあ。行けないのが残念!

概要は以下とのこと。
BRASS EIGHT! 3rd Regular Concert in 溝ノ口
日時:2009年9月28日(月) 18時開場 18時半開演
場所:高津市民会館NOCTYホール
         川崎市高津区溝口1−4−1
          電話 044-814-7603  
          JR南武線「武蔵溝ノ口」・東急田園都市線「溝の口」下車 駅前ノクティ2 11・12F
チケット:一般 1,500円 高校生以下 1,000円
曲目: Amusement Park(by 関繁人)、トリッチトラッチポルカ(by J.シュトラウスII)
喜歌劇《天国と地獄》序曲(by J.オッフェンバック)
         組曲カルメン(by G.ビゼー)   他
トランペット 3名、ホルン、トロンボーン、ユーフォニウム、チューバ、パーカッションによるアンサンブル
[PR]
by YTR3320 | 2009-09-26 08:12 | 音楽・舞台・映画
個人レッスンでは、たびたび「顔の骨格、筋肉の付き方、口の形、唇の形・厚さ、体格は人によって違う。だから、適した吹き方は人によって違う。」と言う話が出る。Miles DavisやLouis Armstrongや日野皓正の真似をしても筋肉、骨格、体格が違うのでそのままはできない。初心者が有名なプレーヤーの外形的な真似をしてもかえって悪い癖をつけてしまう。このメモもあくまで僕が指摘されたことで、他の人には当てはまらないことがあると思う。

さて、やり直しメモの2ヶ月目から4ヶ月目から。
マウスピースのセッティングについては2ヶ月目に次のことを繰り返しレッスン中に行った。
・下唇からマウスピースをセッティングする。
・唇の動きでトランペットが動くくらいに軽くトランペットをもつ。両脇は締めない。(上半身を緊張させない)


その後、4ヶ月目の終わり頃に「吹き始める前に息を出しながらトランペットにつけたマウスピースを唇に押し付けたり離したり、角度を少しずつ変えたりして、一番スムーズに(大きく)音が鳴る位置・角度を探る。」ことを教わった。今でも唇の振動がおかしいな、とか今日は音が詰まっているなと思ったときにこの方法でトランペットの角度の調整を行っている。

やり直して2ヶ月目から4ヶ月目の終わりまでは、唇の緊張をとることの重要性と方法のアドバイスを繰り返しうけていた。

・唇の緊張を取る。ぽんと弾むように息を入れ、小さくブレスアタックをする。唇自体は大きく開く。
・唇が堅くなったら、大きく開けてブレスアタックで柔らかくする。

同じ頃、顔の筋肉と言う話も何度か出た。目の下の筋肉の存在が分かってきたのはやり直して2年以上たってからだ。レッスンで言われたアドバイスの中に、言われた時には自分では良く分からないままに先生に音が変わったとかokを貰ったりしたけれど、音が出るようになって結果的に理解できたこともある。
・顔全体の筋肉を意識する。特に目の下。
・笑顔や歌で顔の筋肉をつけることができる。
・無理しなくても自分が出したいイメージの音と吹くと自然に必要な筋肉が動くようになる。出したい音のイメージを持って吹く。

他に最初の4ヶ月間に教えてもらったことは例えば以下の通り。
・息継ぎの時に唇を閉じない。唇は軽く開け続ける。
・喉で息をコントロールしない。息の速さは舌の位置でコントロールする。
・舌の移動を意識する。
・苦手な音(例えば出にくい高い音)に差し掛かったり、メロディの塊の途中で失敗しても息を止めたり唇を閉じたりしない。音が出なくて良いと思って、一定の息を出し続けて吹ききることが大事。
[PR]
by YTR3320 | 2009-09-25 23:49 | 40代半ばからのトランペット
トランペットをやり直し始めた時からB6サイズのメモ帳に教わったことを書き続けている。レッスンから帰宅してすぐ、遅くともその日寝る前に書いてきた。

久しぶりに最初の頃のメモを読み返してみた。今は出来るようになったこともあれば、今でもまだ時折指摘されていること(たぶん、指摘された時点ではきちんと受け止めきれずに2年経って少し上達した今だから漸く理解出来るようになったこと)もある。

最初の1ヶ月間は、今の先生の先輩が教えてくれた。その間、マウスピースだけでピアノの音に合わせて音を出すことやトランペットを構えることを繰り返した。持っていた教本、確か板倉駿一郎さんの本だったと思うを少しさらったりもしたが、まずはドレミファソまでがきちんと出せるようにすることが最初の目標だった。曲に取り組み始めたのは1ヶ月か1ヶ月半経ってからだ。焦りは無かった。むしろ、それまでの自己流をご破算にして徹底的にやり直そうと思った。

最初の1ヶ月間のレッスンのメモにはこんなことが書かれている。
・上唇の上がマウスピースのリムに隠れる位。下唇もリムに隠す。
・ほーと言う口の形。
・高い音になればなるほど遠くに飛ばすイメージで。
・マウスピースのみの練習:左手の人差し指と親指で持つ。この2本の指は唇と並行に構える。音を変える時に唇の形は変えない。
・マウスピースだけで半音階の上下行:なめらかに、音を区切らない。
・息を止めない。吐く息も一定のペースでなめらかに。
・息を吐き切るつもりでっぷり音を出す。遠くに!遠くを目がけて吹く。
・息をマウスピースに吹きこむだけで音を最初は出さない。唇を真ん中寄せた状態でマウスピースに息を吹き込みながら少しずつ唇を左右に引く。そうしている内にあるポイントで音が出るので、その時の唇の状態を覚える。
・高い音の舌の位置は口笛で高い音を出す時と同じ。口笛で高い音を出して舌の位置を覚える。
・唇の真ん中で「ぷ」と音を出してみる。
・トランペットを持つ時に左手でトランペットを握りしめない。握りしめると上半身に緊張が伝わり音が出ない。
[PR]
by YTR3320 | 2009-09-23 05:47 | 40代半ばからのトランペット

新旧勘定分離

今朝の日経新聞に日航の再建に新旧勘定分離を使うことも検討されているとの記事が載っていた。僕は、担当案件で実際に新旧勘定分離まで行なったことは無いけれど、ちょこっと検討はしたことがある。企業再建の為には多くの場合、財務リストラが必要で新旧勘定分離はその有効な手段だ。しかし、どの債権と見合いの債務を旧勘定に入れ、何を新勘定に残すのかの基準設定、分けきれない勘定の扱いで利害関係者間で壮絶な交渉、駆け引きがありそうだ。加えて、旧勘定の税務上の扱いについて当局との折衝も必要だろう。

新旧勘定分離を実行するにせよしないにせよ、日航の関係者、当時者の実務レベルの方々に今後かかるロードの重さは察するに余りある。少しでもそれらの方々の苦労の報われる着地になることを。
[PR]
by YTR3320 | 2009-09-22 16:51 | 経済・法務・会計・税務
前回のレッスンで先生に注意された。「半音階の上下行、音階練習などの基礎練習は集中して一音一音をきちんと聴き、丁寧に粒の大きさを揃えて行なってください。」

基礎練習で一音一音に集中してきちんと聴きながら丁寧に吹かないと、曲を吹いた時に一つ一つの音を出すのが精一杯で、それぞれの音にニュアンス、解釈を与えることが出来ない。そして、そのような演奏は聴く人に何も伝えることはできず、聴いた人には何も残らないと。基礎練習こそ集中力を持って行おう。

「粒を揃える」とは、何となく意味は分かるけれど、初めて聞く言葉で面白い表現だ。トランペットでは、ごく自然に使う表現で、トランペットのベルから出て行く音を球形のものとして捉え、球の大きさを例えばピンポン玉の大きさ、野球のボールの大きさなど、粒(球)の大きさとベルから出て行くスピードをきちんとイメージしてそのイメージを何度も正確に再現出来るように吹くことが基礎練習の際に大事なのだ、アンサンブルで隣の人と粒の大きさが揃っていないとアンサンブルにならない、と先生は僕に説明してくれた。

基礎練習で大事なもう一つのことは、音階練習やタンギングをボールの高さとスピードをそれぞれ一定に保って手まりをするイメージを持って行なうことだと言われた。これも視覚的な説明で、ストンと腑に落ちた。

音楽家が音、音楽を視覚でも捉えていることを知ってとても面白かった。
[PR]
by YTR3320 | 2009-09-22 09:42 | 40代半ばからのトランペット

宮城の酒は美味い

f0200336_12342794.jpg

トランペットの練習が忙しくて今年は全く手伝っていないファームエイド銀座だけれど、気になって顔を出した。

会場の紙パルプ会館で休憩所になっているパピエに入ったら宮城県の日本酒の試飲を3種類500円で行なっていた。山の日本酒として紹介されていた蔵王と言う特別純米ひやおろしはマスカットのような香りでびっくり。通常2回の火入れを冷やしろしのため、1回しか行なわないので米の香りが、はっきりしているのだとの説明だった。でも米の香りと言うより果物のような華やかさで、それでいて大吟醸のような私が苦手な後に残るじゃこうの香りが無く、私には素晴らしく思えた。

試飲とは別に500円でワイングラスに注いでくれた田んぼのお酒 萩の鶴 極上純米酒もびっくりする美味しさだった。あぁ、多様な食べ物、酒がある日本に生まれて、かつ酒が飲める幸せをしみじみ噛み締めた連休の昼前であった。
[PR]
by YTR3320 | 2009-09-21 12:34 | お酒

顔の筋肉

マウスピースだけを持ってみるところからトランペットをやり直して2年経ったか、もう少し前のある日のことだ。鏡を見ながら、トランペットを吹く時の姿勢、口に無駄な力が入っていないかのチェックをしていて、あれっと思った。「下唇の下がぷくっと膨らんでいる。」いつの間にか顔に随分筋肉が付いていた。よくよく見ると頬、唇の周り、特に下唇の下と両端に柔らかいけれどしっかりした量の筋肉が付いている。その週のレッスンで先生に言ったら「高い音を出す時にプルプル震えるくらい、目の下にも筋肉がつきましたね。」と言われた。

先生の持論では、トランペッターは顔に筋肉がついてるので顔の肌に張りがあって、いつまでも若々しいのだそうだ。僕の顔も若々しいのかな。

顎の下、首の周りの厚い脂肪はトランペットをやり直して半年か1年ほどで大分すっきりしていた。けれども、筋肉がこんなについてくるとは思っていなかった。正しい方法で練習を続けていると40代半ばを過ぎても顔の筋肉も発達してくるものなのだね。予想していなかったことなので面白い。
[PR]
by YTR3320 | 2009-09-19 23:47 | 40代半ばからのトランペット