2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー

<   2009年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

Tp3年目:近道の無い楽器

40代半ばになって事実上、ゼロからトランペットと音楽を学び直して2年と4ヶ月。トランペットの上達には近道は無いものだと思う。

マウスピースを支え、振動体である唇を支える筋肉とピストンを速くきちんと押す為の右腕の筋肉を発達させる必要がある。いずれも日常生活ではさほど使わない筋肉なので、普通の筋力トレーニングと同じく適度な負荷を継続的に掛けて行く必要がある。決して短期間では発達しない。少しずつ負荷の上限を上げつつ、筋肉の疲れがたまって何日も持ち越さないように適当なところで休憩したり、その日の練習を止めなければならない。急がば回れだ。仕事の後の限られた練習時間中は休まずに吹きたいと、つい思ってしまうが、何年か前に無理な練習を続けて唇を支える筋肉がこわばってしまい、結局1ヶ月位、練習できなくなったことがある。今の先生には、一日に一回は自分の出せる音の上限に挑戦することは大事だが、一方で無理をしないこと、休憩を入れること、疲れを翌日以降に持ち越さないようにと繰り返し言われている。

面白いことに、先生のアドバイスを守って休み休み練習を続けてきたら、いつの間にか以前は出なかった音やフレーズが吹けるようになっていた。最初の頃はは10分練習すると唇が疲れてしまったが、今は30分か一時間続けて練習しても唇が疲れなくなった。唇の顔の筋肉もいつの間にか付いていた。その為か、顎関節症がいつの間にか治まっていた。どうしても取れなかった顎の下のたるみも随分とすっきりしてきた。

ピストンを早く正確に押すための筋肉はまだ充分できていない。このため、余分なところに力が入ったりもする。焦らず、休み休み筋肉を鍛えていくこととしよう。
[PR]
by YTR3320 | 2009-04-29 21:18 | 40代半ばからのトランペット
次回5月初めのジャズトランペットのレッスンまでの宿題が出された。

宿題は2つだ。1つは、ブルースのアドリブを作曲して書いてくること。キーもテンポもコーラス数も自由。ビバップのブルースコード進行でなくても構わない。条件は2つだけ。ブルースであること、Swingしていること。もう1つは、Cherokeeのアドリブを練習してくること。テンポは220乃至225。聞いている人が慌ただしいと感じないように「外側のリズム」を感じ大きな流れ、ゆったりとした流れを感じてアドリブを考えてくること。ゆったりとした流れを感じると言っても、二分音符、全音符を多用すると言う事ではなく、八分音符や3連符などを使いながら、ゆったりとした「外側のリズム」を感じて吹くようにとのこと。僕にはまだ、この条件が何を意味するのか、頭でも体でも理解出来ていない。レッスンの録音を繰り返し聞いてみるかな。

自分の中の音楽の引き出しの数の少なさと持っている引き出しの中身の乏しさをレッスンの度に痛感する。別のところでの音楽の基礎学習と共にJEFF HARRINGTONという人が書いた「BLUES IMPROVISATION COMPLETE」を書かれている学習方法通りに地道にさらっていき、引き出しの中を充実させていこうと思う。時間を作って、名盤と呼ばれる音源も聞いてみよう。沢山のインプットと沢山のアウトプットが必要だ。

それにしてもCherokeeのように小節数が多いと、途中で自分がどこを吹いているのか、判らなくなってしまう。いくつかの小節に区切ってフレーズを作るという練習を繰り返していくことで、曲の長さ、コードの流れを体に覚えさせるしかないのかな。
[PR]
by YTR3320 | 2009-04-25 09:04 | 40代半ばからのトランペット

一時出国にビザの要る国

僕が1989年の初め頃までプラントの建設の為に2年4ヶ月を過ごした国では外国人が、一定期間以上の滞在する為には居住者ビザが必要だった。そして居住者ビザを取って滞在すると、一時的な出国にも出国ビザの取得が必要だった。

ある時、現場の同年代の日本人エンジニア達と国外で休暇を過ごすことになった。飛行機のチェックインを終わらせて出国審査を通過しようとした。僕だけ出国審査を通して貰えなかった。理由を聞いた。パスポートに押されている一時出国・再入国ビザの発行日付が未来の日付なので無効だと言う。「現にビザがパスポートに捺印されていて、ビザが発行されているのは明らかだから、出国させて欲しい。」「いや、未来の日付だからまだ有効では無い。出国は認められない。」飛行機の出発の時刻が迫ってくる。市内にある勤め先のプロジェクト事務所に公衆電話で連絡を取って相談したり、係官に行くように指示された空港外のビザ関係の事務所に行って掛け合ったりした。最終的には、出国審査官から条件付きで出国を認めて貰い、休暇に出掛けることが出来た。

同じ頃、他の中東の国の中には、やはり出国にはビザの取得が必要で、かつ契約先の国営企業からの許可を取らないと出国ビザの申請ができないという国もあった。

パスポートは無条件に国と国の移動を保証してくれるものでは無い。入国だけではなく、出国することにもビザという形でのその国の許可を取らなければならない国があり、そして、それは不思議でも何でもなかった。
[PR]
by YTR3320 | 2009-04-24 22:57 | 外国
劇団昴が2009/4/19まで再演した「親の顔が見たい」がNHK教育テレビで4月23日23時55分から放映される。都立のカトリック系私立中学校で自殺した女性の死の真相を巡る室内劇だ。この芝居で描かれていることがどの程度現実を反映しているのかは、僕には分からない。

生で見たこの劇は、小さな差異を無理にでも見付け、それを口実に排除を図ったり、多数派にいることと多数派の論理を正当化しようとしたり、目の前の人にきちんと向き合わなかったりという人間模様が描かれたものだった。終始、緊張感のある良い舞台だった。
[PR]
by YTR3320 | 2009-04-23 22:56
f0200336_12322546.jpg

一昨年の初め、トランペットをやり直して2ヶ月目の頃、先生に「トランペットを吹くには顔の筋肉をほぐして良く動かすと良い」とアドバイスされた。そこで、任天堂の大人の顔トレーニングを買ってみた。けれど、建設現場にいた時を懐かしんで同時に買ったドラゴンクエストにDSは占拠され、顔トレーニングはまだ試していない。

その代わり、朝起きたら鏡を見てニッコリ、練習する前にニッコリしたり赤ちゃんを笑わせるつもりで色々な表情を作ってみている。これが、僕のウォーミングアップだ。2年間続けてきたら、固くなっていた表情もほぐれて来て気持ちも明るくなってきた。顎の下の余分な脂肪が大きく減ったことと共にトランペットをやり直して良かったと思う。
[PR]
by YTR3320 | 2009-04-23 12:32 | 40代半ばからのトランペット
東京で一番ギネスビールを美味しく飲める店、僕がそうが思っているのが大崎ゲートシティにあるシャノンズだ。オーナーの小松さんが、アイルランドが好きで始めたアイリッシュパブだけにアイルランドへの愛情が溢れている。私は、9年前に友人に教えて貰ってから、上手いギネスビールを飲みたくなるとシャノンズに行く。シャノンズに置いてあったチラシからアイルランド音楽に興味を持ち、以来毎年一度はアイルランド音楽のライブを都内で聞いている。遂には数年前にタブリンに行ってパブ巡りをしてしまった。

料理も美味しい。

姉妹店ラウンドストーンが天王洲アイルにある。

店のサイト
http://www.avalon-intl.co.jp/shannons/

オーナーの小松さんのインタビュー。日時は不明。
http://sabrd.alc.co.jp/ir/feature/intw/02.html
[PR]
by YTR3320 | 2009-04-20 21:05 | 外国

寝る前に聴いているCD

去年の秋ぐらいから寝る前にベッドでCDを聴くようになった。聴いているのはHANS GANSCHEのTROMPETENKONZERTE、HANS GANSCHEが参加しているブラスグループPro Brassのいくつかのアルバム、特にWith Loveだ。

トランペットでは「自分の吹きたい音色のイメージを持つこと」が大事だと言われる。しかし、自分の実感としては、五線譜の中の音すら満足に出せない状態では、自分がどんな音色を出しているのか、自分がどんな音色を出したいのかなんて判らない。アレクサンダーテクニークにトランペットレッスンと並行して数ヶ月通ったり、いくつかのことを試しながらレッスンで習ったことの地道な練習を一年半続けてきて、ようやく去年の夏ぐらいから五線譜の中の音がまずまず出せるようになってきて、ようやく次のステップとして音色のことを考えられるようになってきた。

そこで今はアンサンブルの基本を教えて貰っている先生に、自分の目指す音色を決めるのに参考になりそうなトランペッターを何人か挙げて貰い、CDを買って聴いてみた。ジャズトランペッターのCDはこれまで何枚も買って聴いてみたが、クラシック系のトランペット奏者のCDをきちんと聴くのは、これが初めてだった。何人かのCDを聴いてみた内で、HANS GANSCHEの深く柔らかく、軽やかな音色にはびっくりした。トランペットはこういう音が出る楽器なのかと。

HANS GANSCHEのTROMPETENKONZERTEやPro BrassのWith Loveに収められている深く、ゆったりとした演奏を寝る前に聴くと心が落ち着いてくる。最初は中東の建設現場での暇つぶし、やがてジャズを演奏したいという気持ちから始めたトランペットだが、HANS GANSCHEとPro Brassに触れて自分の音楽の興味の幅が拡がった。
[PR]
by YTR3320 | 2009-04-19 07:13 | 40代半ばからのトランペット

8小節の作曲

2003年10月から通っているジャズ・トランペットのレッスンは今年から毎月作曲の宿題が出されている。講師は原朋直さん。先月提出したのはConfirmation。二分音符や休符を使ってせわしくないアドリブを書くことが課題だった。明後日、提出する宿題は原さんが作った8小節の曲。ドミナント・モーションが2ヶ所、モーダルインターチェンジが1ヶ所、IIm‐Vが1ヶ所入っている。ドミナント・モーションとモーダルインターチェンジを感じることが作曲の目的と。

別のところで、2年前から文字通りマウスピースを持つところからトランペットを教え直してくれている先生のお陰で、少しずつリズムや音のつながりが分かってきたので、四苦八苦しながらも8小節を埋めることは出来た。勿論、自分でも稚拙だなあとは思うが、白紙提出は避けられた。ほっ。基礎の地道な積み上げは大事だ。

でも、ドミナント・モーションとモーダルインターチェンジを感じているのか自信は無い。うーん。
[PR]
by YTR3320 | 2009-04-17 23:13 | 40代半ばからのトランペット

空気が熱い!

肺に吸い込んだ空気が熱い! 初めて訪れたアラビア半島の国クウェートで1985年7月のことだった。

出張に行く前に勤め先の先輩達から「あそこは気温が高いけれど、湿度が低いから日陰に入れば、日本の夏より楽だよ」と言われていた。違った。日差しを避けようと入った駐車場の日陰で息を吸ったら、胸の中に熱い空気が入って来た。気温は40度かそれを少し上回っていた。
[PR]
by YTR3320 | 2009-04-16 17:50 | 外国

ファーム・エイド銀座

昨年手伝ったファーム・エイド銀座が今年も行われる。一回目の5月4日は新潟特集だそうです。

2009年5月4日ファーム・エイド銀座2009

あなたの「おいしい!」が日本の食と地域を元気にします!

場所:銀座紙パルプ会館
東京都中央区銀座3-9-11
時間:朝10時から夕方6時まで
目的:
銀座から地域を発信することで地域を元気にし、
   銀座に地域を取り込むことで、銀座をさらに発信力のある街する。
   そして、銀座から農業を通して「人と自然の共生」について
   世界にメッセージを発信することを目的にします。

開催内容:
1 屋外での都市農村交流イベント (佐渡の鬼太鼓、かど付け)
2 ミツバチ見学会
3 ファーム・エイドフォーラム
4 Ginzaメッセ 「トキサロン」
5 Ginzaプチ・マルシェ

詳細:
http://farmaid-ginza.com/main/
http://www.enjoyeco.com/
[PR]
by YTR3320 | 2009-04-14 18:16