2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2015年 09月 28日 ( 1 )

Tp9年目:duタンギング

発表会での自分の演奏録音を聴いたら、音が重く詰まったように聴こえた。

先生に相談したところジャズを演奏する時はdu、du、du、duのタンギングにしたらジャズでは時の音が軽くなるのではないかとのアドバイスを貰った。個人レッスンではトランペットの基礎と音楽の基礎を学ぶため、アーバン金管教本を習っている。アーバンでのタンギングはtu、tu、tu、tuだ。だから、ジャズの教本を読めばジャズではduタンギングと書いてあるけれど、タンギングと言えばtuと言う意識が強く、tuとduの違いを意識したことは無かった。

先生によるとオーケストラ・クラシック・金管アンサンブルとジャズでは音をどこまで届かせるのか、マイクを使うか否か、他の楽器との位置関係は?などが異なるのでタンギングと息の使い方が違うのだそうだ。

duタンギングを連絡してジャズの時にはduタンギングに切り替えて吹けるようになろうと思う。
[PR]
by YTR3320 | 2015-09-28 23:11