2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2014年 07月 07日 ( 1 )

昨日、2014年7月6日に横浜のみなとみらい小ホールで行われたMMCJ(ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン)2014受講生による室内楽コンサートを聴いた。

様々な国からの若者が12日間、朝から晩まで顔を付き合わせて創り上げた厚みを感じるアンサンブルだった。

指揮者でMMCJ主催団体の代表理事でもある指揮者の大友直人氏による挨拶がとても印象に残った。MMCJの目的、今年のプログラム、参加者数と出身国の説明の中でクラシック音楽の演奏を創るとはどういうことか語られた。

大友氏の説明はこんな内容だった。
・音楽は世界で共通だから言葉は必要無いと言われるが、そんなことは無い。出身国が違えば文化も違う。だから演奏も違う。言葉で徹底的に議論して行く必要がある。
・受講生達は皆、初対面で「こんにちは」と会っていきなり一緒に演奏してもそれなりの演奏出来る力は持っている。しかしその先に行くにはお互いに議論を重ねる必要がある。
・クラシック音楽の演奏とはそのような議論によって創り上げられる。そして、若い時に違う文化の人達とそのような経験をすることが大事だ。

 音楽を創るプロセスについての大友氏の説明とその成果である受講生達の演奏を楽しむことができた日曜日の午後だった。
[PR]
by YTR3320 | 2014-07-07 23:01 | 音楽・舞台・映画