2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Tp10年目:「吸ったら吐く」だけの練習

トランペットの音色と息のコントロールを改善する為に「吸ったら吐く」だけの練習を始めた。

唇を閉じたまま息を吸う。唇を微かに緩める。息を吸うことによって高まった口の中の圧力によって押出さなくても生き方マウスピースに入り、音が出る。

吸ってから唇を緩めるまで息を止めないことを体得するのにちょっと時間が掛かっている。滑らかな止まらない一連の動作として、息を吸う・唇を緩める・息が自然に出る。吸う量が拍数に対し多過ぎないか、少な過ぎないか、唇の振動に偏りや無理は無いか、音程は合っているか、マウスピースを唇に押し付けていないか、離し過ぎていないか。神経を張り巡らせながらの練習。

先生の音色に近づく為にこの練習を地道に続ける。
[PR]
by YTR3320 | 2016-03-02 23:08 | 40代半ばからのトランペット