2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Tp9年目:メジャースケールを覚える方法

コードについての解説本やジャズの理論の解説書を何度読んでも頭に入らない。コードも覚えられない。そこで、基礎の基礎から覚えようと、メジャースケールを覚えた。

最初にCメジャーのドレミファソラシドの上下行を何度も吹いた。次に半音上げてD♭メジャーを楽譜を見ないで頭の中でドレミファソラシドと捉えて繰り返し吹いた。

すぐにD♭メジャーのドレミファソラシドが吹けたわけでは無い。Cの半音上はD♭でその指使いはこうで、Dの半音上はE♭で…と言うように頭の中で考えたりピアノの鍵盤をイメージして思い出しながらゆっくり吹くところから始めた。

楽譜を見ないで繰り返し記憶を必死で探ることが記憶を定着させる。答え合わせ以外の目的では楽譜を見ない。楽譜を見ながら何度スケールを吹いても覚えられない。楽譜を見ないで吹くことが大事だ。覚えることと音程に集中するため、メトロノームは使わなかった。

記憶を定着させるためには日を空けずに繰り返し記憶を呼び起こすことが必要だ。だから、ある時期に練習時間の半分位を使って集中的にメジャースケールを覚える作業をした。曲の練習は後回し。

覚えたつもりでも、間を空けてスケールを吹いてみるとうろ覚えだったりする。そのつど記憶を呼び起こす。そんな作業をことあるごとに繰り返している内にメジャースケールを覚えることができた。

最近は、メジャーセブン、ドミナントセブン、マイナーセブンを12キー全て覚える為の練習を楽譜の見ないで続けている。
[PR]
by YTR3320 | 2015-11-29 22:44 | 40代半ばからのトランペット