2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Tp9年目:ため息のように吹く練習

吸った息を「ぽっ」と放すだけでトランペットの音を出す練習を2週間くらい前から続けている。オーケストラを学んだ人も一線で活躍しているジャズトランペッターも「ため息をつくように」とか「寒い日にほおっと両手を暖めるように息を出すように」と言う。それくらいでもトランペットは鳴るのだと言う。

息を吸って唇を閉じて、ぽっと唇を開ける。空気を押し出すのでは無く、唇の内側の圧力を解放することで空気をマウスピースの中に送り出す。低い音も高い音も同じ唇の形で同じように息を放つ。

歩いている時にも時々、唇を閉じて、圧力を高め、唇を開けて、ぽっと空気を放つことをしている。

こんな練習を続けていたら、先生に音がまとまってきた、音程が安定してきたと言われた。
[PR]
by YTR3320 | 2015-11-25 18:18 | 40代半ばからのトランペット