2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Tp9年目:良い音のイメージは年数を掛けて作られる

湯船につかって歌うと何だか歌が上手くなったような気がして気持ち良い。適度に反響のあるスタジオで1人で練習していると随分自分の音色が良くなったなと感じる。でも、狭いレッスン室で先生と一対一になって先生の音と自分の音を比べるとその違いの大きさにびっくりし、自分の音色はまだまだと思う。

トランペットをマイナスからやり直し始めた時、良い音のイメージが分からなかった。何か良い音なのか分からなかった。先生の音が良いなぁと思ったが、先生の個性の部分と誰にでも共通の部分なのか、区別できず、どうしたら先生のような音が出せるか分からなかった。

先生の指導を受けて少しずつ自分の抱える問題点を直し、自分でも考えながら練習をするつづける内にようやく自分二本松市とっての良い音のイメージは出来てきた。先生の音色の要素の内、練習を重ねれば自分にも出来るようになる要素と道筋が見えてきた。

最初から良い音のイメージが持てるわけでは無く、先生の音を含め色々な人の音を聴いて、正しい吹き方を指導して貰って自分で試行錯誤してそれを少しずつ身につけていくことで良い音のイメージは出来てくるように思う。
[PR]
by YTR3320 | 2015-11-08 15:19 | 40代半ばからのトランペット