2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Tp8年目:クリアしたいことを絞り込んで練習をすることにした

 今まで、基礎練習、アーバン、ジャズの基礎トレーニング、ジャズトランペットクラスの宿題曲の4つを毎回の練習に盛り込んでいた。先週から、これを止めて、基礎練習以外にはその日にクリアしたいことを二つか三つ決めてそれだけを練習することにした。

 例えば、アーバンのデュエット曲であれば今日はここのフレーズを吹けるようになろう、明日はこのリズムをマスターしようという感じだ。課題を30分とか一時間の練習でクリアできそうな課題に分解し、取り組む。だからある日は、基礎練習とアーバンしかできなかったり、基礎練習とアーバンとジャズの基礎トレーニングだけだったり、あるいは基礎練習とジャズの基礎トレーニングとジャズの宿題曲だけだったりということになる。それでも構わない。日によって、基礎練習との組み合わせを変えて、一週間なり、一ヶ月なりの中ではジャズの基礎トレーニング、アーバン、ジャズの宿題曲(アドリブ)を必ずこなしていれば良い。

 昨日の練習でできなかったことが今日はできる、今日練習を始めた時にできなかったことが出来るようになった、などと感じられるからだ。

 昨日は、アーバン金管教本のデュエット曲No.64"SIEGE OF ROCHELLE"の上のパートの17小節目から22小節目あたりが吹けるようになった。10日前にはまるで音が取れなかった部分だ。今日の練習では、一昨日まで吹けなかった『ザ ジャズ道 アドリブの扉』(池田篤、ヤマハミュージックメディア)のC Jam Bluesが譜面通り吹けるようになった。嬉しい。

 課題を小さく分解し、集中して取り組むことでクリアした実感を持てる。それを積み重ねていけば、いつかは大きな課題をクリアしたことになるはずだ。そう言えば、ハンス・ガンシュ氏も以前、雑誌のインタビューで最初から大きな目標に取り組んだ訳ではなく、小さな目標を一つ一つクリアしていったらウイーンフィルの首席奏者になっていたと言っていた。

 さて、次の練習では何をクリアしようかな。
[PR]
by YTR3320 | 2014-11-11 21:49 | 40代半ばからのトランペット