2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Tp8年目:トランペットを習って良かったこと

 40代半ばにトランペットをゼロからやり直す決意をして今年で8年目。亀の歩みの遅さに練習していて辛かったこともあったし、発表会の練習で他の人に苛々されて情けなく思ったこともあった。けれども、今年のふくしま応援自由演奏会@喜多方に参加して改めてトランペットを習い続けてきて良かったと思う。

 トランペットを習い続けてきて良かったことは、
・楽器の演奏ができるようになった。
・最初は上手くなるための勉強が目的だったが、音楽を聴くようになった。
・特に好きだったけれどそれほど聴いていなかったジャズを少し深く広く聴くようになった。
・クラシックも聴くようになった。
・レッスンを通じて曲の仕組みや表現を教わり、音楽の聴き方が少し深くなり、音楽の楽しみ方が拡がった。
・クラスメート、他のクラスの生徒・先生と知り合って、知人の輪が拡がった。自由演奏会でも顔見知りが出来た。
・自由演奏会に参加しだして吹奏楽に興味を持った。
・自由演奏会やレッスンという楽しいことが自分の生活サイクルに出来た。
・人生を楽しもうという気持ちが生まれた。
・笑うことが増えた。
・上手くなるために身体の緊張や動きをスタジオの鏡でチェックし、身体の歪みや服装に気を付けるようになった。
・健康に以前より注意するようになった(これからもずっとトランペットを吹いていたいから)。
・合奏(ジャズのアドリブも含む)=会話であることを教わり、普段もお喋り・会話を楽しむことが増えた。


楽器がトランペットで良かったなと思う理由は、
・小さく軽いので持ち運びが楽。
・保管にさほどの気を遣わない。木管楽器やバイオリンなどは湿度と温度管理が大変。
・楽器自体が他の楽器に比べれば安い。
・消耗品が非常に少ない。つまり維持費が安い。
・目立ちがり屋には打って付けの楽器だ。

 トランペットは練習場所の確保で悩んだり、綺麗な音を出すには時間がかかったりというハードルや難しさがある。課題は山盛りだ。でも、トランペットを習い続けてきて本当に良かったと思う。
[PR]
by YTR3320 | 2014-05-02 22:42 | 40代半ばからのトランペット