2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Tp8年目:練習にICレコーダーを使うことにした

 録音された自分の声を聞くのは気恥ずかしいようで抵抗がある。録音された自分の音や演奏を聞くのは、下手な自分を突きつけられるのて、自分の越えの録音を聞くよりも抵抗を感じていた。聞きたくなかった。、録音、再生を繰り返しながら練習すると時間がかかることも練習時に余り録音しなかった理由の一つだ。

 少しは音色を良くなってきたのではと期待し、確かめるために最近基礎練習を録音し、ついでにレッスンの宿題であるアーバンのデュエット曲を吹いて録音してみた。期待に反して音色はさほど良くなっておらず、アーバンでは自分では出来ていると思っていた事が実際には出来ていないと分かった。例えば、息が漏れていた。4分音符を充分に延ばさず8分音符で切ってしまっていた。息の量が足りていなかった。曲の中のメリハリが足りなかった。現実をICレコーダーが教えてくれた。

 このまま、出来た気になって次々と新しい課題に取り組んでも実際には時間の無駄使いになる気がしてきた。そこで、練習でこなせる課題を減らしてICレコーダーで基礎練習とアーバンの練習を録音することにした。録音し、すぐに再生し、出来た事と出来ない事を確認し、どうしたら出来ない事が出来るようになるのかを考えて調整してもう一度吹く。録音をまた聞いて考えながらまた吹く。ビジネスで言う課題の見える化だ。自分の音や演奏の録音を聞くのは嫌なものだけれど、自分を客観視する事が上達への近道なのでは無いかと思って覚悟を決めた。課題とレッスンの宿題が沢山あり、練習時間が足りなくなるが仕方ない。山は一歩一歩上がって行くしかない。歩めば一歩前に進むことはできる。
[PR]
by YTR3320 | 2014-04-30 22:04 | 40代半ばからのトランペット