2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Tp8年目:音色の改善と息の量

 音色を改善するため、先生の音、響きを頭に浮かべながら基礎練習をした。音程の正確さよりもイメージした先生の音色に近付けることを優先した。普段の練習時の何割か増の息の量が必要だった。いくら息の量を増やしても追い付かないのではないかと思ったぐらい。一人で練習しているとついつい音量や息の量を抑えたり、音程が合っているからこのくらいで良いかなと加減していたようだ。

 ICレコーダーで録音してみると、息をたっぷりつかった方が音色はまとまっているようだし、息の量を増やし音量が増してもうるさくはなっていなかった。唇の疲れが増すこともなかった。

 息をたっぷりつかい、たっぷりの息と音を頭や上半身全体に響かせるイメージで練習を続けてみようと思う。何ヶ月か経ったときに音色が改善していると良いな。
[PR]
by YTR3320 | 2014-04-25 06:32 | 40代半ばからのトランペット