2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Tp8年目:今月の課題

トランペットのマイナスからのやり直し8年目も三ヶ月が経過した。今月の課題は次の三つ。課題の数が多いとこなせないので、3つに絞って普段の練習で重点的に取り組む。

1.息をたっぷり使って跳躍する、高音を出す。
1オクターブの跳躍が出来るようになったと練習では思っていた。けれども、レッスンで普段の練習通りの息の量とそれよりずっと多い息の量とで吹かされて、勘違いであることに気が付いた。普段の練習の息の量では音が詰まっていた。何度も息の量を変えて吹くと、ある量のところで音がスッと抜けて唇や顔全体に負担が掛からずに楽に音が出せるということを知った。この息の量、音がスッと抜けて楽に吹ける感覚を身体に覚えさせたい。時間を掛けて丁寧に反復練習。

2.メジャーのダイアトニックコードを覚える
『アメイジング・フレイジング トランペット』(ATN Inc,)のアイディア5のパターンを使い楽譜を見ないで吹く。ようやくGとDを覚えたところ。残りの10キーを覚え終わるのは6月かな。

3.演奏中にベルを下げない
発表会やクラス会で吹いている写真を見るとベルが不自然に下がっている。練習で出せる音が本番では出せなかったり、音が詰まってしまうのはベルが下がっている事も一因のようだ。楽に息を出せるベルの角度を練習で身体に覚えさせれば良いのかな。
[PR]
by YTR3320 | 2014-04-05 23:21 | 40代半ばからのトランペット