2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Tp8年目:アドリブの練習と自分の言葉で喋ること

 自分の音楽の引き出しを増やそう、ひょっとしたら近道になるかも知れない、と思ってアドリブが書かれている楽譜を何度か吹いてみたことがある。何だか他人の言葉を無理に喋っているような違和感があって、消化し切れなかった。喩えて言えば、幼児がいきなり大人のように話したり、東京に生まれ育った人がちょっと大阪弁を聞いただけで大阪の人と同じように喋ろうとしているような違和感だった。

 今は自分の言葉を喋ること、つまり誰かが書いたアドリブフレーズを覚えて吹くのでは無く自分の頭に浮かんだフレーズを音にすることが練習の中心だ。そのために、まずは宿題の曲を好きになる、テーマを見ないで吹けるように憶える、コードを憶える努力をしている。そして、暇さえあればテーマや思いついたブレーズを頭の中で、時には声に出して歌っている。
[PR]
by YTR3320 | 2014-03-29 22:39 | 40代半ばからのトランペット