2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Tp8年目:息継ぎの改善

私の先生は本当によく見て聴いてアドバイスをくれる。自分でも唇の振動が粗く音が濁っていると思ったけれど原因が分からないままレッスンを受けに行ったら、じっと私の基礎練習を見て音を聴いて「息を吸った時にも口をリセットしようとして下顎にチカラが入っている。息継ぎのの時は何も考えずにも下顎を緩め、空気が入ったら口を閉じるだけで良い。」と言われた。

アンブシュアを維持しようと思って下顎に力が入っているようだ。余り考えなくてもアンブシュアを維持できるようになったのだから、先生に言われた通り、下顎を緩める→自然に空気がお腹に向かって入る→アンブシュアをリセットしようと考えずにただ唇を閉じると言うサイクルを身につけてみよう。トランペットは無駄に力が入っているところを見つけ、そこを緩めることにより小さな力で音が出せるようになるのだと思う。目指すはユルユル。
[PR]
by YTR3320 | 2014-02-23 20:28 | 40代半ばからのトランペット