2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Tp8年目:唇は動かさず口の中を変えて息の速さを変える

 個人レッスンで、3拍吹いて4拍目で息を吸うという方法で中音域のCメジャーの音階を下から一音ずつ一オクターブ分吹いた。先生から途中で唇を動かしてしまっているとの指摘を受けた。その結果、その後の音から上ずっていると。先生と一緒に吹いてみると自分の音が途中から上ずっているのが良く分かる。息を吸うときに唇が動いているようだ。それでも以前よりは唇を動かさなくなったとも言われた。

 今年は平日に練習ができず、週末の練習ではスケールを憶えることに注力していた。自分では、唇の動きには注意しているつもりだったが、スケールを憶えることに重点が偏って速いテンポだったり拍数が短かったりしたため充分な注意が払えていなかったのかもしれない。自分の癖は、一人の練習ではなかなか分からないものだなと改めて思った。

 唇を動かさないようにと思って力んでしまったら逆効果だ。軽く閉じて「オ」の形に寄せる。口の中を変えるといってもごくささやかな変化だ。頭の中に音程をイメージすると自然に舌の位置が変わる。息の量は少し意識して変えた方が良さそうだ。

 長い拍数での音階練習とリップスラーを基礎練習のメニューに入れて、丁寧に吹いてみよう。その内に悪い癖が無くなり良い癖が身につくはずだ。
[PR]
by YTR3320 | 2014-01-19 08:58 | 40代半ばからのトランペット