2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Tp7年目:バズィング

私は普段の練習ではバズィングをやらない。ッスンをしばらく受けられなかったり、どこかに不要な力が入って調子が良くないと先生が判断した時くらいしかレッスンでもバズィングは求められない。バズィングの時の抵抗感とマウスピースをトランペットにつけて吹くときの抵抗感が大きく異なることがその大きな理由だ。方法が正しくないのだろうが、唇に力をいれてバズィングを続けて唇が腫れたり硬くなってしまった知人もいた。
 
 最近、『金管楽器奏法革命』(村松 匡 著、上原規照 監修、ヤマハミュージックメディア、2010年)を読み返した。「3 空気を音に変える?」に書かれていることが自分にできているか、唇の振動が細かな持続的なものになっているか(唇の振動がブルブル、ブツブツという大きな断続的なものになってしまったいないか)を確認するためには、バズィングは有効かなと思った。唇を中央に寄せて軽く閉じるときに力が入っておらず、口腔内の圧力がきちんと高まって他に余分な力が入っていないときには、結果的にきれいなバズィングになっているようだ。ウォーミングアップの時に自分の調子を確認する手段としてバズィングを時々やってみようかなと思う。
[PR]
by YTR3320 | 2013-11-05 06:28 | 40代半ばからのトランペット