2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Tp7年目:少しできるようになってきたこと・まだできないこと

 ジャズトランペットのレッスンを毎回ICレコーダーで録音している。自分の演奏を聴くためではなく、講師の演奏と解説を聴き直すためだ。今月のレッスンの録音を聴いてみたら、ブルースのアドリブの時の自分の音がはっきりした真っ直ぐな音だったので、半分びっくり、半分嬉しかった。音程を迷うことも少なくなっていた。以前は、音程にもメロディーにも自信が無くて、揺れたり、息が弱々しかったり、とても聴き直す気になれない音だった。ジャズトランペットとは別に通っている個人レッスンでCメジャーの音階を吹いたら、先生から「以前は下がっていく時に音が上ずっていたけれど、上ずらなくなりましたね。」と言われた。一人で練習する時のロングトーン、半音階でチューナーに合わせようと意識しなくてもチューナーの許容範囲に音程が収まることが多くなってきた。6年半かかったけれど、試行錯誤しつつも焦らずに丁寧な練習を心がけ、先生のアドバイスに素直に耳を傾けてきた成果が音に出てきたのかなと思う。

 リズムとタイム(拍子)については、音、音程ほどには丁寧に練習をしてこなかったので、いまだ苦しんでいる。8分音符が続くフレーズでは一定のタイムを維持できず速くなってしまう。裏拍もきちんと取れない。アーバン金管教本のデュエット曲No.50"FREISCHUTZ"を個人レッスンの先生と一緒に吹いたときには、「長くなったり短くなったりしている」と指摘された。それでもレッスン中に矯正して、"FREISCHUTZ"は苦手だった8分の6拍子の曲だったけれど、一回で上のパートをクリアして次のレッスンでは下のパートを吹くことになった。

 メトロノームを鳴らしながら丁寧にリズムとタイムをトレーニングしていこう。
[PR]
by YTR3320 | 2013-07-21 18:29 | 40代半ばからのトランペット