2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Tp7年目:音が以前より真っ直ぐ出るようになってきたと思う

 音がだいぶ真っ直ぐ出るようになってきたと思う。リップスラー、半音階、ブルーノートスケールの練習に限ってだけれど、一息の中で音が途中でお辞儀しない(息の速度が落ちない)で一本の直線のイメージで出るようになってきた。練習で使っているスタジオの部屋の対角線の先めがけて息を吹く、音を出す。お腹の支えがしっかりしてきたからだと思う、

 先生によると音が固いらしい。口の中、例えば舌に力が入っているのではないだろうかとのこと。また、高い音の時に唇を中央に寄せるイメージが弱いようだ。唇を中央に寄せるために力を入れたら、音は固くなるが、一方で高い音=速い息に唇が負けないようにしっかり唇を支える必要がある。唇が速い息に負けると音が濁ったり、まとまらないようだ。気持ちでコントロールするしかないような微妙な筋肉の動きがトランペットの音には大きな影響を与えるようだ。奥は深い。
[PR]
by YTR3320 | 2013-07-06 23:08 | 40代半ばからのトランペット