2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Tp7年目:2ヶ月ぶりに立ったまま1時間練習

 手術後初めて立ったまま1時間トランペット練習を行った。立ったままの練習の方が座ったままの練習よりも頭頂部から仙骨までを通した姿勢の確認・意識の維持が容易だし、首や肩の力を抜いてお腹に意識を向けることも容易であることを再確認した。

 その後、座って更に1時間練習。まだ、調子を戻している段階なので、唇を中心に寄せること、『金管楽器奏法革命』(村松匡、ヤマハミュージックメディア、2010年の言う「引き閉め」を意識したロングトーンとリップスラー、そしてブルーススケールが練習の中心。個人レッスンでの再開後最初の課題曲、アーバンデュエット曲No.48 CAVATINA FROM "SOMNAMBULA"は舌を使わず空気の強弱、速さでの音程のコントロールが求められるので動きが鈍くなった呼吸関連の筋肉を元に戻すのに最適。時間が余ったらDonna Leeのテーマや先週のジャズトランペットレッスンの課題曲RECORADA MEのテーマを少し。

 焦らず、ぼちぼちと回復、そして前進へ。
 
[PR]
by YTR3320 | 2013-06-15 23:42 | 40代半ばからのトランペット