2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Tp7年目:アンブシュアの改善

 最近練習、特に基礎練習では、音程を変える時に唇を動かしてしまないように気をつけている。低い音を出すには空気を遅くする必要がある。唇を緩めて開けば空気圧が下がり空気が遅くなる。気が付くとついつい唇を緩めたり緊張させて音程を変えようとしている。けれども、音程を変えるたびに唇を動かしたら、唇が疲れて長い時間トランペットを吹くことは出来ない。マウスピースの位置もずれる。唇を動かさずに空気圧を変えるには、舌の位置を動かして口腔の空間を変えるしか無い。

 基礎トレーニングを続け、一昨年の10月からは『ナチュラルアンブシュア52週間』に取り組んできたおかげで顔の筋肉が出来上がり、首、腕、胸、唇の力みも取れてきたので、以前よりも唇の形、アンブシュアを一定に保ち易くなってきた。

 アンブシュアを変えずに音程を変える、演奏中にアンブシュアが変わらないようにすることに注意して練習を続けよう。目指すのは岡崎好朗さんのような吹き方だ。
[PR]
by YTR3320 | 2013-02-13 22:18 | 40代半ばからのトランペット