2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Tp6年目:6年目にできたこと・7年目にできるようになりたいこと

 昨日で練習を終了。今日はXOの修理が終わるまで久し振りに使ったYTR3320と修理から戻ってきたXOを丁寧に洗ってケースにしまった。

 今年も去年と同じく吹奏楽、ビッグバンドでのジャズ、金管アンサンブルの3種類の演奏に参加した。吹奏楽は本郷台、みなとみらい、喜多方での自由演奏会と横浜の大桟橋ホールでのブラスジャンボリー。ビッグバンドでのジャズは発表会、金管アンサンブルも発表会での演奏だった。サックスクラスの忘年会や他のトランペットクラスのクラス会でマイナスワンを聞きながらのアドリブにも挑戦した。自由演奏会とブラスジャンボリーは、非常に楽しかったが今年の2つの発表会での演奏はきつかった。又、ジャズのアドリブの道は果てしなく遠い。3番のスライド管を動かせるようになってきたこと、High Cを出せるようになったきたのは進歩。

 コードの暗記、Blues Improvisationは又しても中断。トランペットの基礎力の不足を今年の発表会で感じた。

 来年こそは発表会でアドリブソロを吹きたいと思っている。又、自由演奏会と発表会での演奏をもっと楽しみたいと思う。そのためにも基礎となる楽譜読みの力を身につけ、タイムとリズムを間違えないように実力を付けたい。、音程と響きの向上も来年の課題だ。

 個人レッスンでアーバンのデュエット曲や金管アンサンブルを学ぶと共に来年もめげずにヤマハのレッスンに通い続ける。個人練習では『 ナチュラルアンブシュア52週間』のLesson Fourty-Two以降、『ザ ジャズ道 アドリブの扉』などの模範演奏の真似、ドナ・リーやブルースのマイナスワンを聞きながらのシミュレーションを来年も継続する。

 トランペットを習い発表会や自由演奏会に参加することで色々な人とお喋りしたり笑ったり出来るのは、楽しい。大変だけれど、続けてきた良かったと思う。
[PR]
by YTR3320 | 2012-12-31 19:53 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)