2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Tp6年目:トランペットのベルを上げて吹く

土曜日の発表会の写真を見たら、ビッグバンドのトランペットパートの中で私のトランペットの先、ベルだけが極端に下を向いていた。演奏中に時々上に引き上げていた積もりだったが、写真では45度かもっと下を向いていて格好悪い。これでは音が遠くに響かせられないのではないか。

そこで今日は、鏡を見なかったトランペットのベルを思い切り上げ、せいぜい15度くらいしか下がらないように気を付けて練習してみた。息の向き・速さ、立って吹く時と椅子に座って吹く時それぞれで楽譜を見るにはどうしたら良いかなど、スタジオの鏡を使ってチェックしながら最適な吹きかたを探ってみた。

 ベルをほとんど下げないとマウスピースに向けて息を吹き下ろすようなイメージでないと音がスムーズに出ないことが分かった。マウスピースを変えた方が良いかどうかは分からない。椅子に座って楽譜を見ながら、かつベルを下げないように吹こうとする頭が少し後ろにそる癖があることを見つけたので、対策を検討中。又、目はトランペットのベルより高い位置にあるから当たり前なのだけれど、ベルを下げない状態は自分の目の先のベルがはね上がっているように見えるものだと知った。

何年もかかって漸く高音がスムーズに出るようになったと思っていたのに、フォームの改造。水前寺清子さんの「1日一歩。みぃかで三歩。さぁんぽ進んで、二歩下がる。」みたいだけれど、仕方がない。続けていれば何とかなるよ、と言う呑気な楽観主義がトランペット上達のお供だから。
[PR]
by YTR3320 | 2012-10-08 18:53 | 40代半ばからのトランペット