2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今日の都響プレーヤー・ミュージック・トークは、トランペットの岡崎耕二さんだった

 今日の都響プレーヤー・ミュージック・トークは、首席トランペット奏者の岡崎耕二さんだった。伴奏は岡崎さんの大学の同級生で、何度も伴奏をお願いしているという柴田啓子さん。

 最初にピッコロトランペットで3人の作曲家の作品を演奏。、シャルパンティエ作曲「テ・デウム」より”プレリュード”とヘンデル作曲「水上の音楽」より”序曲”、”ジーグ”、”メヌエット”、”ブーレ”、”マーチ”、テレマン作曲「英雄的音楽」より”威厳”、”恩恵”、”勇敢”、”平穏”、”武装”。次にバッハ作曲カンタータ第140番のテノールの歌の部分をB♭管のピストンバルブのトランペット(「縦ラッパ」)とロータリーバルブのトランペット(「横ラッパ」)で2回演奏。縦ラッパと横ラッパの音色の違いを聞かせてくれた。その次にはフリードマン作曲「ファンファーレ」という無伴奏の現代音楽を演奏。この曲は2番バルブの横についている管を外して演奏するという奇妙な響きの曲。2番管を外すとどう音が変わるのかをデモンストレーションしてくれた。トークから帰ってきて、自分でも2番管を外して、音階を吹いてみたら、とても奇妙だった。

 その次には、アメージンググレースを、一般的なB♭の縦ラッパ、C管のコルネット、フリューゲルホーン、B♭のスライドトランペットで1回ずつ演奏し、再度B♭の縦ラッパで演奏した。コルネットの響きは案外良いなあとか、縦ラッパは明るくそれでいて朗々と歌い上げることができるのだなあとか、音色の違いを堪能することができた。プログラムの最後は、ミュージカル「キャッツ」から”メモリー”。アンコールは、天空の城ラピュタのテーマと虹の彼方への2曲。元々は1時間の予定だったが、1時間20分位に延びた。近い距離でプロのトランペット演奏を目と耳と身体で聞くことができたのは、とても勉強にもなった。何より、楽しかった。

 僕は、所用のためその後の懇親会には参加できなかったのが残念。

 都響倶楽部は、楽団員との距離を縮めてくれ、肩の力を抜いて音楽を楽しむ機会を与えてくれる。
 都響倶楽部のサイトはこちら。イベントに関する更新頻度が低いのが残念だが、会員申込方法などが載っている。会員になると都響のコンサート情報や都響倶楽部主催のイベントなどの案内が年に何度も送られてくる。
http://hiroshi.cside.com/tmsoclub/

 

 
[PR]
by YTR3320 | 2012-04-21 23:35 | 音楽・舞台・映画