2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Tp6年目:移動ドを練習する

 今月のヤマハのジャズトランペットクラスで、移動ドで考えることを勧められた。
 
 移動ドとは、どのキー(調)でもI度の音を「ド」、II度を「レ」、III度を「ミ」・・・と考えることだ。例えば、Cメジャーの音階もド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドであり、Gメジャーの音階もソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ♯・ソでは無くド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ドと考える。トランペットの楽譜では、B♭メジャーの曲であるDonna Leeのテーマの冒頭を固定ドで歌えば、「ラ・シ♭・ラ・ソ・ソ♭・ファ・ミ♭・レ・ド・シ・レ・ファ・ソ」だが、移動ドで歌えばB♭の音がドなので「シ・ド・シ・ラ・ラ♭・ソ・ファ・ミ・レ・レ♭・ミ・ソ・ラ」となる。

 音楽的な難しさの前にキーに調号が沢山付いていたりして運指が難しいとか、慣れていないと言って敬遠していた曲が、移動ドで考えるとそれほど複雑では無いことが判り取り組み易くなると言った効果があるそうだ。確かに、『ナチュラルアンブシュア52週間』のLesson 16を楽譜を見ないで移動ドで考えながら吹いたら、固定ドで考えながら吹くより、運指を思い出したりや音をイメージするのが少し楽なように感じた。

 一方、転調のある曲を移動ドで考えるのは、大変そうだ。

 まずは、『ナチュラルアンブシュア52週間』と『アーバン金管教本』を移動ドで考えながら練習してみよう。調子に乗ってきたら転調の無い(あるいは少ない)ジャズのスタンダード曲やメジャー以外のスケールを移動ドで学んでみよう。
[PR]
by YTR3320 | 2012-02-13 21:22 | 40代半ばからのトランペット