2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2012年の私の合奏シーズン開幕:自由演奏会in本郷台

 いつか知人のジャズセッションに参加したいと思って、トランペットを練習している。上達するためには急がば回れの基礎作り(きちんとしたアンブシュア、唇周り・顔の筋肉、音色、舌の移動)、様々なメロディ・リズムの蓄積、人前での演奏経験、合奏経験を積み重ねることが必要だと考えている。

 一昨年、知人に旧豊島公会堂での自由演奏会(自由演奏会 in TMF)に誘われて、即座に参加することを決めたのは、そんな背景からだ。はまってしまった。合奏、吹奏楽がこんなに楽しいなんて、自由演奏会に参加するまで知らなかった。指揮の杉山淳さんの話に声を出して笑い、ラテン、J-POP、クラシックからの曲など様々な種類の曲に触れ、参加し続けていると少しずつ見知った顔が増えていく。珍しい楽器を持ってくる人がいる。他の楽器に触らせて貰ったりもする。見知った顔と少しずつ色々な会話が出来るようになる。楽しい。結局、去年は、本郷台、桜木町駅前の東日本大震災復興応援、会津若松での復興応援、鎌倉大仏前での復興応援、桜木町駅前でのみなとみらいクリスマス自由演奏会と5回も参加した。自由演奏会と同様のコンセプトのブラスジャンボリーにも参加した。

 で、2012年最初の自由演奏会が昨日(2012年1月8日)に神奈川県の本郷台で開かれ、参加してきた。演奏した曲は、東日本大震災復興支援のために書かれたThe Sun Will Rise Again、アルヴァマー序曲、Don't Say That Again、宝島、翼をください、序曲「1812年」、76本のトロンボーン。僕にとっての初見は、アルヴァーマ序曲とチャイコフスキー作曲の序曲「1812年」。10時半から2時くらいまで掛かった練習の中でこの2曲、特に後者の練習がきつかった。練習が終わったら腹筋が軽く張っていた。本番が終わったらくたくたになっていたが、よく笑い、色々なことを学び、お喋りが出来て、充実の一日だった。去年、うまく吹けなかったThe Sun Will Rise Againの2nd Trumpetが吹けるようになったのも嬉しい。さあ、今年の僕の合奏シーズン開幕だ。

 昨日の自由演奏会の参加者の最年少は8歳。最年長は80歳のトロンボーン吹き!
最年少の8歳は、中1の姉とサファリパークDuoというユニットを組んでジャズを演奏しているという。練習と本番で、A列車と聖者の行進を披露してくれた。楽しくて素晴らしかった。
サファリパークDuoのサイト
http://ameblo.jp/perc-nomura/

 
[PR]
by YTR3320 | 2012-01-09 08:50 | 40代半ばからのトランペット