2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

泉谷しげるのライブに行った

大学生の時から気になって気になっていながら、行きそびれていた泉谷しげるのライブに、ついに行った。日本橋三井ホールでの宇崎竜童プロデュースの「シブイおとなのコンサート」の2日目が泉谷しげるで「何で泉谷が『シブイおとな』なんだ?何で日本橋三井ホールなんだ?」とおもいつつ、山野楽器のプレゼントに応募したら当たったのだ。

泉谷しげる63歳。いきなり激しい曲を4曲、殆どノンストップで演奏し、歌う。客席の男達の拍手と太いどよめきが沸く。一気に演奏した後、客席に投げつける泉谷の言葉に対し、男性客から「金返せ」と言うお約束の声がタイミング良く飛ぶ。徐々にホールがライブハウスに変わって行く。

途中、1時間か1時間半過ぎた当たりで宇崎竜童を呼び入れてブルース。そして二人の雑談で短く息をつく。そして、そのまま走る。歌うことが好きで好きで仕方が無い。目と口元に優しい笑みが瞬間光る。

「声を出しても出さなくてもいいから、自分の今日に向かって歌え。」。開演から2時間近く、これでアンコールに雪崩れこむのかと思いきや。「これからは、ウルサイ曲をやるぞ。帰りたいヤツは帰っていいぞ。立ちたいヤツは勝手に立て。さぁ、これからは自由時間だ。写真も撮ってね。」女性客もいる客席が涌く。僕もステージ近くまで駆けよった。

夕方5時から始まったライブが終わったのは、7時45分。途中休憩無し。本人でずっぱり。最後の曲では後方の席の人達の為にマイクを持って歌いながらステージから飛び降りて一周。

本当に歌うことが好きで、客と一緒になることが好きで、客への愛情が溢れていて、パワーがあって。そんな泉谷しげるのライブに行けて幸せだった。
[PR]
by YTR3320 | 2012-01-08 09:11 | 音楽・舞台・映画