2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Tp5年目:練習出来ない日は口笛を吹いてみる

仕事や体調の問題でトランペットの練習が出来ない日には短い時間でも口笛を吹いてみると良いと先生に勧められた。

 口笛を吹く時の口の形とトランペットを吹く時の口の形は同じでは無い。けれども口笛を吹くこととトランペットを吹くことには3つの共通点が有るのだと先生は言う。唇をつぼめる(『金管奏法革命』では「引き締める」と表現)こと、息を揺らさずに真っ直ぐに出すこと、その為にリラックスしてお腹から空気を出すことだ。

緊張したり、疲れていたりすると口笛もトランペットも鳴らない。息が出ても量が安定せず揺れたり途切れたりすると口笛もトランペットも音が途切れたり鳴らない。口の中を広くしてリラックスしてお腹から空気を出す。

トランペットを吹いていて調子が悪い時に口笛を吹いて息を整えると調子をリセットすることが出来るそうだ。

とは言え、口笛とトランペットは違うので、長く口笛を吹き過ぎるのも良くないそうだ。
[PR]
by YTR3320 | 2011-12-28 19:02 | 40代半ばからのトランペット