2007年1月、40代半ばにゼロからトランペットと音楽をやり直し


by YTR3320
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Tp5年目:演奏中に下唇が開いてしまう。何故だろう?

 アーバンのデュエット曲、ドナ・リーを通しでさらったり、iRealbookのマイナスワンを聞きながらBye Bxe Blackbirdのアドリブの練習をしていると、途中で唇が振動しなくなり、音が出なくなることがある。

 音が出なくなっている時は、大概マウスピースの上にずれて下唇がマウスピースからはみ出しそうになっていたり、下唇が開いて粘膜がマウスピースに当たっていたりする。

 原因はまだ見つけられていない。単に意識か唇周りの筋力が原因で唇が開いているのか、空気の吐き出し方が足りずに息を充分に吸えていないからアンブシュアを維持出来ないのか、マウスピースを唇に当てる力が強すぎるのか。それともマウスピースを下唇からセットせずに上唇の上端をマウスピースに当ててからセットするのが良くないのだろうか。

 トランペット奏者の福島正紀さんのサイトを読むと、下唇でマウスピースを支えることで上唇へのマウスピースの圧力を低減し、上唇が振動しやすいようにすると書いてある。下唇でマウスピースを支えると言う感覚を理解していないから、下唇がずれて開くのだろうか。下顎を上下の前歯の先が合わさる位置までし突き出すと下唇でマウスピースを支えることが出来るのかな。マウスピースをセットする手順も関係ありそうな気がする。

 スタジオで、仮説→演奏→観察・検証を繰り返してみよう。
[PR]
by YTR3320 | 2011-11-14 21:02 | 40代半ばからのトランペット | Comments(0)